こどもの国で弁当

4日連休の最中、明日のこどもの日を前にして、
鳥取砂丘こどもの国は大賑わいだった。
駐車場はどこもかしこも満杯で、少し離れた場所でもスペースが有れば県外車が埋めていた。

午後こどもの国で昼弁当を開こうと足を向けた。
午前中のpm2.5ハスは数値こそ、そう高くはなかったが不純物質が混じったような空の色だった。
雲のエッジが虹色ではないか、こんなの初めて見た。
e0166734_20344536.jpg

こどもの国お隣のキャンプ場もどうしようも無いくらいの混みようだ。
e0166734_2037039.jpg

記録的ではないかと思うくらいの人出だが、広大な園内のこと、弁当を開くスペースは十二分だった。
e0166734_20374271.jpg

園内乗り物も大盛況、汽車ぽっぽも踏んだりレールも子どもは無料だが大人は確か200円、かなりの収入?
他人の懐の皮算用。
e0166734_20391651.jpg

道々、自転車道沿道の林の中、柏の葉っぱの成長は?まだ若い、やっぱり月遅れでないと。
e0166734_2043022.jpg

先日、お役所が沿道側溝の清掃を実施してくれたというのに、
最近側溝枡のスクリーンの動き?に警戒していたが、とうとうやられた。
5個所のうち一番上手のスクリーンが無くなった。
昨日はこの様な具合を手直ししたばかりだったのに。
これが無くなった。
e0166734_20464275.jpg

他の場所はこの様にまだ健在。
e0166734_20515064.jpg

一体何に使おうというのだろう。種類こそ違え、これで三回目だ。
[PR]

by tomiot3 | 2014-05-04 20:53 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/21960222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2014-07-29 22:40
タイトル : 体験型アート展、夢中で楽しむ
壁や床に描かれた絵の中に入り込んだような立体的な写真が撮れる「3Dアートミュージアム」と、デジタル技術を使った体験型の現代アート展「光のミュージアム」が26日、鳥取、境港両市でそれぞれ開幕した。夏休み中の子どもたちが家族と一緒に来場し、好奇心を刺激する体験型アートを夢中になって楽しんだ。... more