病院とのお付き合い

終日病院とのお付き合いだった。
午前中は妻の町医から病院への紹介で診断。
食道と胃のつなぎ目辺りに疑いがかかっている。
説明を受け明後日、更に綿密に胃カメラで見て戴き、組織を採取するとのこと。
どうか悪性でありませんように。

午前中かかってしまったが、中病の外来棟は吹き抜けで天井が高くて他の病院に較べて圧迫感が無い。
それだけでも病める人にとっては、とても大事なことだ。
実はこの外来棟の構想設計に係わったので、内心誇りに思っている。
医師看護師達のスッタフと共に聖路加病院などの最先端を見て回った。
積極的なアートなど取り入れたプランも検討したが、これは夢だけの話に終わった。
吹き抜けにしたり、在来棟のつなぎの天井を高くしたのは、音楽なども出来はしまいかとの願望があった。
聖路加は完全にアートが取り入れられ、広々としたロビーにはグランドピアノが置かれていた。
中病は20年、30年もすれば、在来棟の建て替え話も出てくるだろうという予測もした。
将にその通りになった。2018年目標で建て替えが行われるようだ。
今の外来棟は療育園などに利用されると聞いている。
病院病院したので無く、病院らしくない、癒やしの空間を重視した病院であって欲しい。
月曜の午前中は患者が大勢、どなたを見てもお年を召している。
すたすたと歩く人はほとんど居ない。
病院だから仕方ないか。
せめて自分と妻だけはウオーキングに精を出して姿勢だけでも凜々しくいたい。
この頃は妻の猫背気味をしょっちゅう注意するようになった。

午後は妻の姉の大腸内視鏡手術に立ち会う。
妻が午前中にも病院に来たことは姉に内緒の話。
14時前から2~3時間の予定で始まる。
途中医師の説明では、予想外に患部が大きく時間がかかりそうだと。
しかし摘出そのものは、ほぼ予定通りに終わった。
患部が大きいので縫合するのに一時間くらいを要した。
病棟に復ったのは、既に17時を回っていた。
無事に済んであー良かった。
難しい手術だったと医師が言った。
取り出した患部を見せてもらったが、それは十分納得出来るものだった。
どうもありがとうございました。

今日の気温は10度を上回って、青空の下さわやかな一日だった。
昨日は自身が日赤に行ったばかり、主治医が転院されたので診療予約日を変更するためだった。
なるべく病院と仲良くならないようにしなければ。





[PR]

by tomiot3 | 2015-03-02 18:54 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/22847604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by やっちゃ庵 at 2015-03-03 11:40 x
何気なく立ち寄らせていただきました。
2013,8,5付けの記事「駅南広場の破壊が進む」を成程ごもっとも、と拝見しました。
そこで、おせっかいながら気の付いた事を二、三。
記事中写真終わりから17行目ーまさに「抗したー」は、「こうした」ではないでしょうか。
19行目ー広場の「工事上橋ー」は、「工事状況ー」ではないでしょうか。
21行目「今ノエ危難ー」は、「今の駅南ー」ではないでしょうか。また28行目は文脈修正の必要があるかとー。

立派なご意見にもかかわらず多少ながらの引っ掛かりが残念に思われます。いらぬお世話ーと、どうぞお気を悪くなさらないで下さい。では、どうぞ健康にお気をつけて。
Commented by tomiot3 at 2015-04-05 09:30
やあーまことお恥ずかしい。ご指摘ありがとうございました。漢字変換確認、校正が出来ていないことを反省します。大変失礼しました。