また玉虫色 もんじゅ

高速増殖炉もんじゅは廃炉に向買うことは打ち出されたが、高速増殖炉の研究は続ける。
なんとも訳の分からない玉虫色の結論に失望した。
どうやら、もんじゅ存続を希望(熱望)している福井県知事と敦賀市長への飴か。
研究を続ける価値、そもそも原子力自体、人類いや地球上の生物の敵になるシロモノである。
これがせいぜいの政府の「文殊の知恵」なんだ。

高速増殖炉はいまだに夢の原子力などと言っている者が居る。
夢はゆめでも悪夢の原子力なのだ。
この様な将来の無いものに巨額研究費を使わないで、
そっくり再生エネルギーへの研究開発費に回せ。

朝日新聞デジタル報道 要クリック


[PR]

by tomiot3 | 2016-09-21 21:58 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/24672713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。