米子のプラネタリウムを残して!

e0166734_20193159.jpg
先日、この記事が目に留まった。
プラネタリウムが米子の児童文化センターに有ったとは知らなかった
東部には佐治天文台にあると聞いているが見たことがない。
《はやぶさ》が奇跡の感動的帰還をしたことに関連して、全国で上映会やプラネタリウムを使ったイベントが開かれた。
全国各地でイベントがあるのだが、我が県には博物館はあるが科学館は無い。
知事にスタバよりもずーっと言って欲しかった。
いつかのブログで書いたことがある。
プラネタリウムは全国的にあるが、東京を中心とした関東一円に集中している。
だから科学に対する子どもたちへの影響は実に大きいと。
しかるに、この度の米子のプラネタリウムは絶対に存続して欲しい。
むしろ1985年設置と云うから、今では性能が格段に進歩している。
だから、いずれは改良が有ってよいくらいだ。
大人は勿論だが、児童センターに設置されたという意義はでっかい。
是非是非! 存続を。
鳥取市にも有るべきと思っている。

[PR]

by tomiot3 | 2016-10-10 20:35 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/24711301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。