家の維持管理も大変だ。

今日もなぜか忙しく、一日が過ぎ去った。
午前中お決まりのウオーク、遠方から(大阪ナンバー)スクーターで一人旅の年輩男性に出合う。
決して珍しくはないのだが、そのバイタリティーにはまい度敬服の至りだ。
暗雲低迷、ハッキリしないお天気、右寄りの煉瓦色の建物は県立中央病院。
2011年6月15日、ここで生存率の余り高くない総胆管癌の手術をして
命拾いをした有り難い病院。
その病院の建て替え起工式が今日行われた。
11階建て総床面積は現在の2倍くらいになるという。
完成開院は2年後とのこと、短い工期でよくできるものだ。
総工費?調べておこう。
e0166734_20003774.jpg
ウオークから帰って、家周りの植木剪定をしていると、或る建築業者がやってきた。
“お宅の寄せ棟のてっぺん瓦が飛んでいますよ”
えっ?遠く離れてみるとどうやら瓦の飛んだのが屋根にひかかっているようだ。
午後3時にもう一度現場を診てもらうことに。
屋根に登って状態を調べてもらう。
寄せ棟の4本の軒瓦を含めて修繕が必要だという、その総延長22メートル。
現地見積もりで、およそ100万近く。
検討するとは言ったが、そりゃー無理だ。
とにかく雨漏りだけは避けねばならない、明日自分でもう一度屋根に登って、
自分なりに出来る方策を考えようか。DIYの範疇かどうか。
二階部分の建築が昭和48年(1973年)、
当時としてはキチッと出来ていると今日の業者は言っていたが、
そりゃー、43年も経ちゃねー。
わが家としては大ショック。

ショックを受けても息をしている以上は、植木の剪定は続けた。
今日はカエデとツバキを完了。これで大方は済ませたぞ。
デモ大物が残っている。枯れた唐檜巨木の始末だ。





[PR]

by tomiot3 | 2016-10-18 20:08 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/24728906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。