寄せ棟てっぺん

昼下がりは、剪定枝などの運搬でゴミだらけの車内をスタンドで清掃。
次はマーケットで買い物、そして珈琲豆配達、図書館での借り直し、
今は水素の資料を研究中、つまりこのいたいけな地球を温暖化から救う救世主のひとつが水素、
さらに原発ゼロを絶対に果たす。これが人類の地球への恩返しと思い再生・循環エネルギーの知識を蓄積中。
e0166734_20134469.jpg
帰宅すると、今度は屋根登り、昨日撮影失敗の瓦屋根損傷の状況撮影。
e0166734_19444848.jpg
e0166734_19451410.jpg
元通り、シートを被せ、土嚢袋で押さえつける
e0166734_19452509.jpg
棟瓦の漆喰モルタルの剥離状況
e0166734_19481550.jpg
e0166734_19482922.jpg
修復方法は、頭の中で出来上がった。さて実行をどうするか。
予算は2~3万で、それ以上はかけない。
業者の言う98万なんてとんでもない。
この屋根はおよそ60㎡。
全体を新品瓦吹き直しで102万円
ガルバニュウム鋼板に吹き替えだと81万円と積算した。
もっとも鳥取の業者は一般的に高い。

近日中にこの唐檜をなんとか始末する。
てっぺんは強風で飛んでお隣に落下した。危ない危ない!
e0166734_19501451.jpg
次は、沢山の西條柿の吊しを吊す場所づくり。
竹で一段だけ作ったが、とても足りそうも無いので明日追加する。
写真は明日。

16時頃、一連の作業終了。
ちょっと禁断症状だったコクテール堂の珈琲が昨日入った。
今日はオールド5を淹れる、やっぱり違う。
いちばん妻が嬉しそう。




[PR]

by tomiot3 | 2016-10-20 20:11 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/24735316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。