ある地方民放がんばる

地方民放の独自性
戦後70年、いまマスメディアは危機状態に陥っている。
公共放送という看板のNHK、民放各社、新聞各社などその殆どは、
国民のための報道を控えるか、していない。
むしろ政府側(権力)に立っていることが露骨に伺える。
そうした中で、東海テレビの奮闘が伝えられた。
これを伝えたのもlibedoorニュース リテラだった。

公共放送のNHK、民放各社、新聞報道各社は完全に政府のコントロール下にある。
福島はコントロール下にある。などと国際社会でうそぶいた安倍首相、
報道は完全にコントロール下にある、と言うべきだった。

落語家笑福亭鶴甁はこのテレビ・ドキュメンタリーに出演し、彼の信条を述べた。
NHKの家族に乾杯では、全国的に圧倒的人気を得ている。
その彼の弁には、強い想いが込められていることが、
一地方テレビ局[東海テレビ]の番組で明らかになった.
阿武野という東海テレビディレクターのジャーナリスティックに讃辞を贈る。

以下はその一部。
今、開催されている特集上映「東海テレビドキュメンタリーの世界」にも、このシリーズから同局制作の『村と戦争』(第4回)と『いくさのかけら』(第5回/2005)が組み込まれているが、第1回であった『父の国 母の国』(関西テレビ制作/2009)では、ゲストに笑福亭鶴瓶が登場し、政治についてきちっとした主張をした。
当時、国会での強行成立が間近に迫っていた新安全保障関連法、そして安倍政権による憲法9条の空文化に対して、こう強い言葉で批判した。「いま、法律を変えようとしているあの法律もそうでしょうけど、それも含めて、いまの政府がああいう方向に行ってしまうっていうね、これ、止めないと絶対いけないでしょうね」
「こんだけね、憲法をね、変えようとしていることに、違憲や言うてる人がこんなに多いのにもかかわらず、お前なにをしとんねん!っていう」

 この鶴瓶の痛烈な安保・安倍批判は、スポーツ紙などにも取り上げられ、大きな反響を呼んだ。テレビ地上波で、それも人気商売の芸能人がここまで踏み込んだ政治的発言をするのは、昨今、異例中の異例と言っていい。
プロデューサーとして同シリーズを統括した阿武野は、反響は織り込み済みだったのかという質問に対し、静かに頷く。だが実は、その編集には細心の注意が払われていた。

「放送前に、鶴瓶さんのプロダクションの社長と話をしました。
そのままでいいですというのが姿勢でした。ここまで大きく育ててくれたのは落語であり、テレビの世界でしっかり根を張ることもできた。社会にお返ししなくちゃという根底を鶴瓶さんは持っていらっしゃる。その上での発言だったんです。しかし、個人を激しく批判しているようなところは割愛したんです。
ダマってやってしまえばそれは芸能人の、命をとる可能性がある。だから取材対象はしっかり守るという原則は堅持したんです。収録の場で鶴瓶さんは"全部使ってくれええで"って言って帰りましたけど、全部託してくれたという信頼感に、私たちがどうお返えしするか、丸めるだけでもなく、そのままが最高という単純なものでもなく、つまり、大胆であり、なおかつ繊細でないといけないんです、この仕事は」


[PR]

by tomiot3 | 2016-11-04 12:43 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/24820601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。