傾聴二題

鳥取あちこち見聞日記より
そのⅠ
県美問題 木村県議の この提案が 最善だ! 博物館と美術館を交代に? 
   県美問題、これから候補地のアンケートをすると云うが、これは愚行だと思う。
   むしろ中部地震を受けて、これをチャンスと受け止め、一旦白紙に戻す。
   木村県議の意見が全てでは無い&思うが、耳を傾けるべきだ。
   時間をかければもっともっと様々な意見が出てくる。
   今まで侃々諤々とやった事ってあるだろうか。
   アンケートなんて形ばかりで中身が無い。   
   今までの方式は、県民の意見をどこまで聴取出来たかははなはだ疑問である。
   例えばフォーラムにおいても意見の言える時間は十数分である。
   何時間もかけてやる事柄ではないか。  

その2
若者に宇沢氏の思想を! 長女の まりさんが フォーラム!
   反骨の経済学者、宇沢弘文氏、そのお孫さんが高校生参加のフォーラムの講師を務めた。
   自然環境などにも目を向けたが、ひとつ賛同できないことがある。
   それは大気汚染を慮るばかりに、原子力発電を容認されていた。
   CO2だけに目を向ければそうなるが、原子力=放射能、これはCO2どころの騒ぎで
   は無くなる。
   CO2は化学物質だから、人間がなんとか処理できるが、放射能は如何様にもしがたい。
   宇沢氏は科学者で無いから、その様なことを言ったのだろうか。

    
[PR]

by tomiot3 | 2016-11-15 20:48 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/24928582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。