スカイブルー 短い命

早朝からの青空 放射冷却で溶けかけた雪たちもガリガリだ
e0166734_19060920.jpg
e0166734_19063096.jpg
寒の晴れに誘われるように 砂丘方面へ出かけた
紺碧の空 見上げればいわゆる抜けるようなスカイブルー
吸い込まれるようだ
西方に目をやれば 市問冠の霊峰大山が神々しく浮き立つように眺められる
雪冠は三メートル以上の雪に覆われているだろう
e0166734_19093968.jpg
雪原と空のコントラスト
e0166734_19122141.jpg
1里松 有島武郎も何か一句詠みそうだ
かって雪の重みで大枝が折れた その後支柱を立てたが 手前の大枝は雪面に埋まっている
もう少しのところが徹底できないんだ
e0166734_19152509.jpg
今晩辺りから早くも下り坂 短い命の青空だった

[PR]

by tomiot3 | 2017-01-26 19:20 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25241692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。