今年は雪の当たり年か

e0166734_18130979.jpg
雪!今も波状的に激しく降っている
長期予報で今季の雪は多目とあった
どうやら当たったようだ
今年に入って二度目の大雪になりそうだ
我が庭木も緑と白のまだら模様が美しい

さーて、先般の雪に懲りてか、空、道、鉄路とも早々と警戒を強めている
智頭線、因美線など軒並みに部分運休から始まった
除雪体制は大丈夫?二の舞はないだろう
国と県殿相互連絡体制のまずさが指摘されていた
だが鉄道の早期警戒は、如何なものだろう、もうちょっと頑張って欲しい
鉄道が1番しっかりした公共交通機関なんだから

先般地方紙の読者投稿欄「散歩道」に
「大雪から日本人を考える」と題しての一文が載った
e0166734_18124116.jpg
前半は日本人の美徳をあげ、その上諦めをも日本人のメンタリティーを褒めそやしている
中盤に先般の雪害の折の苦情が寄せられたことについて、懸命に行われたにも拘わらずの不可抗力とし、
苦情を申したことについて諫め、さらにクレーム社会の危うさを感じると申される
締めなども説き、日本人の我が儘を許してはならじとお嘆きだ

私自身は、幾度繰り返したら相互連絡体制、指揮命令傾倒、そして現地の体制が徹底できないのだろうかと疑問を感じていた 
万全の体制はもっともっと取れたと思うから
タイヤやチェーンの問題は大きい、しかし途中での臨検など徹底すればある程度は阻止できる
こうした雪害の度に同じ事を繰り返すのだと、半ば呆れていた

苦情を申すことは悪などではない、むしろそうした意見こそ反省材料として貴重なのである
投稿主が言われるように、我慢したり、云う事も言えない社会はずーっと以前の時代のものだ
ましてや諦めなどもってのほかである
この様な社会には進歩が望めなくなる
言うことも言えず、我慢を強いられた時代を過ごした強烈な経験から、
このご意見にはすごく違和感を感じた

最新鋭の情報システムと最新の除雪設備を供えている今、これらを最大限に発揮すれば
難問解決は先が見えている
もっときめの細かい対策をするために整備拡充こそ求められている


[PR]

by tomiot3 | 2017-02-10 18:35 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25322202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。