暗雲たれこめて

なんとこの世はままならない
無理が通れば道理が引っ込む
つまり屁理屈がまかり通り、正義などはしっぽを巻いてしまう
内には国有地をめぐる森友問題 外には米国の正義、民主主義の危うさ、
そして近くは北朝鮮の人道がまかり通らない何ともやりきれない非道
それを取り巻く近くの国の不可解さ
このやり切れない気持ちを表す一つの熟語がある
漱石枕流(そうせきちんりゅう)
自分の非、失敗を認めず、屁理屈を並べて言い訳するとある
これだけで一連の出来事を言い表すことはできないが、一面の真理でもある
この国のトップである国会や政府は、果たしてどうで有ろうか、
ごく近い存在では無かろうか
あーやりきれない

ひるさがり、砂丘へ向かっていると、出かけはひがさしていたのに
途端に天気模様が怪しくなった
暗雲低迷 天気まで調子を合わさなくても良いものを
e0166734_19231702.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2017-03-09 19:23 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25559341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。