やれやれ法要

義母の13回忌
天祐寺は郡家奥谷に在る古刹
親類縁者14名が集散した法要に14名
遠くは東京、大分、滋賀、この様な全国版の形はいずこも同じだと思う
寺のあとは墓、仏壇へと順を重ねる
e0166734_20280207.jpg
法事会食は鳥取砂丘のニュー砂丘荘
三階からの砂丘一望に一同おーっと歓声
料理を囲んで2時間ほど歓談
こうした機会は、滅多に遭うことの無い親戚縁者との交流に欠かせないと、あらためて実感する
記念撮影など賑やかに撮り終えて、ほぼ我が務め終了
東京からは妻の弟の長男一家だったが、かって何度か会っている
また東京で高熱を出したときは随分お世話になった家だ
その妻の甥のこどもが男の子二人、長男が今度中学、次男が小学二年生
少々華奢ながら野球をやっているという
中学は公立だという
ほぼ半分は私立を受験したそうだ
義弟曰く、私立にやったからと言って、どれほどのことは無いからと言う
私はその気概は理解できた そうだと思う
本人も高校まで公立で通し、私の影響?で合唱をやり、早稲田グリーをやっていた
NHKの夕方ニュースの高瀬アナは二年後輩だという
柿沼アナはずーっと昔の先輩、創立?周年では彼が司会をしたそうな

数多くカメラに納めたが、パソコン取込失敗、今日は写真なし
どうやらパソコンもいよいよ終わりの気配濃厚






[PR]

by tomiot3 | 2017-03-19 20:31 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25622620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。