人心は後退した

国内外の嫌なニュース二題

千葉・我孫子のレェ・ティ・ニャット・リンさん殺害犯人が、まさか保護者会の会長とは
とても理解しがたいことだ。
きっと土地勘があって、こども好きの異常者ではないかと想像はしていたが、
腹立たしいやら悲しいやら、どの様に怒りをぶつけたら良いものか。
なぜこの様な人格の持ち主が、今の世相の反映なのだろうか。
本当にやるせないことだ。

明日は北朝鮮は記念日、金日成(キク・イルソン)主席の誕生記念日で盛大な祝賀行事となるようだ。
これに併せてミサイル発射或いは原爆実験が実行される可能性について、敏感というか過敏な反応が色々取りざたされている。
これを敢えて重大花することで、対抗処置を執るきっかけにしようとする輩が居ることも事実。
キム・ジョンウンになってからの北朝鮮は各段に内にも外にも政策が過激かつ無謀になった。
幾ら原爆やミサイルで脅そうとしたって、北朝鮮が他国の信頼を得て発展するなど到底考えが及びつかない。
脅威であることには間違いないが、過剰な反応は相手を利する効果にもなる。

あー嫌だ!どうして人間は思想的、哲学的に人道至高にならないのだろう。
ジョンウンの顔があらわれる度に軽蔑の念が深まるばかりだ。


[PR]

by tomiot3 | 2017-04-15 20:11 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25698838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。