爽やか!朝の古楽

今週の「古楽の楽しみ」は注目だ
磯山雅氏による「聖母マリアの音楽」
ユダヤの女マリアが基督の聖母となり、マリア信仰が確立されていく様が明快な解説で進められる
「賛歌「祝福された汚れなき処女よ」
グレゴリオ聖歌以前、如何にも今で言う中東の土俗的とすら思える素朴な節回し
グレゴリオ聖歌も初期のものは、やはりキリスト教の変化につれて進化して行くようだ
朝の音楽として、なぜか爽やかな1日の始まりを約束されたようだった

今日の曲目
「賛歌「祝福された汚れなき処女よ」」
(声楽)マリー・キーロウズ、(合奏)アンサンブル・ド・ラ・パ
(4分34秒)

「グレゴリオ聖歌「恵み深き救い主のみ母」」
(合唱)シャンティクリア
(2分03秒)

「グレゴリオ聖歌「めでたし天の女王」」
(合唱)シャンティクリア
(1分35秒)

「グレゴリオ聖歌「天の女王」」
(合唱)シャンティクリア
(1分37秒)

「グレゴリオ聖歌「サルヴェ・レジナ」」
(合唱)シャンティクリア
(3分03秒)

「オルガヌム大曲集から アレルヤ唱」
(合唱)オルランド・コンソート
(8分02秒)

「「カルミナ・ブラーナ」から 「めでたし、高貴なマリアよ」」
(合唱、合奏)ニュー・ロンドン・コンソート、(指揮)フィリップ・ピケット
(4分33秒)

「「聖母マリアのカンティーガ集」から 「乙女にして栄光の母」」
(ソプラノ、ゴシック・ハープ)ハナ・ブラジコヴァー、(ドゥルセ・メロス)マルギット・ユーベルラッカー
(4分49秒)

「「ラス・ウェルガス写本」から 「おおマリア、海の星」」
(合唱、合奏)ウエルガス・アンサンブル、(指揮)パウル・ファン・ネーヴェル
(4分14秒)

「「モンセラートの朱い本」から 「ともに歌おう、アヴェ・マリアと」」
(合唱)ナミュール室内合唱団、(合唱)プサレンテス、(合唱)レ・パストゥロー、(合奏)アンサンブル・ミレナリウム、(指揮)クリストフ・デリーニュ
(4分44秒)

「モテット「めでたしみ母、おおマリアよ」」
(合唱、合奏)アンサンブル・アルタ・ムジカ、(指揮)ライナー・ベーム
(3分50秒)

[PR]

by tomiot3 | 2017-04-17 19:32 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25703878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。