内閣支持率急落

フランスでは、マクロン大統領の新党が過半数を獲得したという報道に接し、
ルペン率いる極右政党の伸長が押さえられたことに胸をなで下ろすと同時に
既成政党も厳しい審判を受けた
わが国もこの様な変革が起こせるような国民意識の高揚の時代が来ないものか
しかし、それは一人ひとりの自覚が有れば為せること、小選挙区制の弊害を排し
既成政党に縛られることなく、地元意識よりも最も原点的な個個の幸福の追求や平和への希求が意識されれば、為せることだ
憲法の言う主権在民が意識され、公務員は全体の奉仕者であるという自覚に立脚し、
三権分立がこの目で見えたときを意識すれば、真っ当な国に近づくことが出来る
その目が、今回の内閣支持率急落の数字であり、国民を侮ってはいけないという
政府、政治家への警告である
前後関係はともかくとして、首相の今夕の記者会見はこの警告が誘引したのではなかろうか
だが、反省という言葉はあるが、その反省の中身を語っただろうか
独裁者というレッテル、内閣府の横暴というレッテル、
こうしたことへの国民の怒りが理解できるだろうか
昔々のドイツの総裁の顔に似てきたのが印象的だった

         指示する       支持しない      
NHK       48 ↓3      36 ↑6
読売       49 ↓12     41 ↑13
朝日       41 ↓6      37
毎日       36 ↓10     44 ↑9
共同通信    44.9↓10.5  43.1↑8.8

毎日新聞では支持と不支持が逆転、読売が支持の数字が一番、調査方法は同じなのだが、
やはり社の普段の報道姿勢などの特長が顕れている
共同通信のアンケートでの
不支持の理由で最も多かったのは 「首相が信頼できない」41.9
特長として女性の不支持が46.8に達し、支持の39.7と逆転
二十代以下の若年層では不支持が52.0、支持の40.3を上回った

加計学園関連
政府の説明で真相が明らかになったと思う 9.3 思わない84.9
加計学園問題や、森友学園国有地払い下げで、
安倍政権に問題がある思う 57.1 思わない33.2

共謀罪法の賛否
賛成42.1 反対44.0
政府の国民に対する監視が 強まると思う 50.7
政府が十分説明して居るかどうか 思わない81.3 思う12.5

皇族減少対策として
女性宮家について 創設する63.8必要ない24.7

政党支持率
自民党34.3 ↓8.5 民進党10.4↑4.3
公明党5.0 共産党5.0 日本維新3.0 自由党0.5 社民党0.6 日本のこころ0.3
支持政党無し 40.1 

[PR]

by tomiot3 | 2017-06-19 22:40 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25858946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。