ひふみん 引退記者会見に感動

ひふみん こと加藤一二三棋士 第40期名人の引退記者会見が先程終わった
20分の持ち時間中をほとんど独りで喋りきった
将棋を支えた各機関などへの感謝、奥様への感謝などほとんどの時間を感謝の言葉で埋め尽くした
記憶力がすごい。将棋戦歴を年月日時刻など事細かに記憶し、ポンポンと出てくる
カトリック教徒であり、バッハ、モーツァルトが大好き、
クラシック音楽は人類の文化遺産として何百年も生き続けるだろうと語ったことが
とても印象に残った
私は何百年ではなく、人類が果てるまでと思っているが
また連勝記録を29にした藤井四段については、欠点のない天才と評した
藤井四段がひふみんの引退について、“とても寂しいことです”の弁に
とても嬉しいとひふみんは相好を崩した
今月20日に引退表明、23日には白百合女子大学から客員教授の要請があったそうだ
人生論、芸術論などを語りたいともおっしゃっていた
カトリック教徒だからキリスト教系の学園からのお誘いだったのだろうか
きっと心に染みる講義をすることだろう

人生観、これは将棋のもたらす物だったのか、とにかく素晴らしい




[PR]

by tomiot3 | 2017-06-30 16:06 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25883071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。