暑くても砂丘へ 他県のお客様

連続4日の熱帯夜、少しお休みをくださいよ
その所為でも有るまいが、目覚めが5時オーバー、
歳を取ると睡眠時間が短くて、朝も早くから目が覚めてしまう人が多いと聞くが・・
ちなみに早朝田舎畑への道すがら、歩いている人のほとんどはご老人だ
わが家の二人はどうやら世間一般の方達と生活習慣が違うのか、朝に弱い
それでもさっさと身繕いして、5時半までにはスタートできた
しかし、この時間遅れは、太陽が待ってくれないので、暑さをプラスすることになる
ちらちらっと、コースを縮めようかなどと、悪だくみがもたげてくる
なんとか悪の誘いを押しのけた

いつもより遅めの朝食を摂っていた
7時半頃、突然激しい雨がわが家の周辺に叩きつけるような大音響
雷鳴も聞こえるようだ
30分も続いただろうか、さーっと引いていった

二度目は16時前に自転車道を歩いてみた
雨後の側溝スクリーン何カ所かを点検する目的もある
落ち葉時期ならば、凄まじいこともあるが、今回は大したことなかった
e0166734_20171899.jpg
e0166734_20432604.jpg
湿度もそう高くなく、海からの風も適当にある
浜坂財産区小屋《ももんじょ》東隣、今はパラグラの駐車場に使っている
そこは一般車もやってくる
その中の一台、入ってすぐ出ようとしていた
道の反対側を歩行中、“すいませーん すいませーん”と声をかけられた
“何でしょう”と近付く
広島ナンバー、三人のご婦人方が乗っている
“本当の皆さんが行く砂丘はどこですか”
本当の砂丘 に一瞬ひかかった分余分なことを言う“我々はここからも入りますけど”
指さしながら、もうすぐの信号を左に折れて、1キロ余り進むとまた信号があります、そこは常時左折になっていますから、左に折れて何百メートルか進めば、そこが砂丘入り口になりますよ
“ありがとうございました”“お気を付けてー”
1分位の対話なれど、人のお役に立てることは嬉しいこと
尋ねられたら、懇切丁寧、分かりやすく教えてあげるのがモットー
ちょこっと帰りの桜の手入れも丁寧に

[PR]

by tomiot3 | 2017-07-18 20:45 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25922310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。