米はやっぱり大切

ここ何日間かは、灼熱の暑さではないものの、ちょっと動けば汗だらり
今日など三階もシャワーの世話になった
と言うことは下着類の洗濯量は当然のように多くなる
いわゆるとっかえひっかえ状態なんだ
明るく晴れた空にわが家のサルスベリが見事
e0166734_20571738.jpg
e0166734_20572959.jpg
砂丘もキレイだった
e0166734_20563923.jpg
午前のウオーキングを終えると
ご無沙汰の近所のカフェに、ランチを予約した
ワンコインランチだが、心のこもった品揃えと調理、ご飯も美味しい
妻は鶏のフライ、私はサワラのフライ
e0166734_21012160.jpg
e0166734_21010822.jpg
ご飯と言えば、先日のカンブリア宮殿で「金芽米」と言うのを知った
「金芽米」とは米の表面を覆う亜糊粉層という0.1ミリの旨味と健康成分を残す精米法により精米された米
通常我々が食べている白米は糠線分と共に亜粉粉層を除去している
つまり糠にはその成分が含まれている
なるほどと思ったのは、糠はこめへんに健康の康、粕はこめへんに白、
つまり白米とは粕にも繋がる訳で、我々はかすを食っているということになる
金芽米を食べ続けるとアレルギーとか肥満対策にも成るそうだ
特に興味を持ったのは、かの有名なタニタ食堂が、八頭郡若桜町産米の金芽米を使っているという
若桜町の米生産量が減少の一途を辿っていたのがV字回復をしていることに嬉しさいっぱい
これらの米を開発した東洋ライスの社長さんが出演、その発想と信念に脱帽
日本のコメづくりの救世主になる数々の発想
さっそくタニタの金芽米を取り寄せ、食べたいと思っている
(金芽米と東洋ライスについて知りたい方は、ブルー文字をクリック)

[PR]

by tomiot3 | 2017-08-19 21:30 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25991511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。