北ミサイル飛来 防空訓練するの? 

北朝鮮の核やミサイル
Jアラートなど本当に大丈夫?
鳥取県はこうしたことでは先進県のようだ
はるか上空を通過するを予想して、避難訓練を実施した自治体があった
バカなトランプとキムジョンウンの二人に載せられて、わが国の安倍首相もバカなトランプを信じて、
或いは軍事専門家で固められた米政権に好機とばかりに超高価な対ミサイル装備まで約束する始末
米国にとっては願ったり叶ったり
こうした時こそ、この様なエスカレート状態は国民として冷静かつ客観的に物事を観察し判断する能力が求められる
ことにわが国の場合、北朝鮮に対して、拉致問題ですら解決できない外交力は、
ひたすら米国頼みというのが大いなる不安材料

琴浦町の訓練模様を見て、思わず笑っちゃった 失礼
皆さん真剣にやっているようだが、いざとなればこんなことでは駄目
戦中のバケツリレーや、防空ずきんを被った防空訓練を思い出す
防空ずきんは今ではヘルメットだろうが、
両手を首に回して丸まって居る姿、本当にこんな事で?
誰が考えたのだろう
こうした事は多分、脅威を植え付けるためのひとつの行為だろう
理性の国ニッポンであれば、もっとマシな対処方法があるだろうに
私だったら、この様なばかげた訓練にはよう付き合わん

北朝鮮は本当にミサイルを発射するかもしれない
しかし、北朝鮮こそ戦々恐々なのだ
B-1爆撃機や空母、それに断首作戦にジョンオンはおびえている
だから秘密裏に明日からの米韓合同演習にB-1は北朝鮮のレーダーに写る範囲に来るな
空母もよこすな、と交渉しているという
軍事専門家で固められた米政権中枢は、若しグアム近海にミサイルを打ち込めば、
即、大反撃をする可能性が残っている
例えば、B-1は1千キロ近く離れた場所で、ピンポイントの攻撃が出来ると言う
おそらく攻撃目標は設定されているだろうから、命令が下れば即だ
北朝鮮空域にいなくても攻撃できると云う事だからそりゃー怖いだろう
ジョンオンの所在だって絶えず追っていると思う
それに実際に北朝鮮の制空権はほとんど米軍に握られているとも言われている
米軍機が上空を通過してもスクランブルしてこないとも言われている
最近成功しているミサイルのロケットエンジンはウクライナ製でロシア経由で入手したと言われている
何基分入手しているか不明だが、膨大な量とは考えにくい
それにしてもウクライナ、加えてロシアというのは分からない国だ











[PR]

by tomiot3 | 2017-08-20 21:09 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/25993589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。