小池知事に愕然

関東大震災は大正12年(1923年)9月1日11時58分32秒頃
東京在住だったわが父母は幼子しお子を抱え、被災した
我らの姉であった筈の乳飲み子(しお子)は、震災下の食糧不足など環境悪化で乳が出ず栄養失調で無くなったと聞いている
番線で後ろ手に縛られて、なぶり殺された朝鮮人を見たとも聞いた
昭和13年生まれの私は、しっかりと母親から震災の模様は聞かされてきた
なかでも強烈な印象を受け、記憶に残ったのが、朝鮮人虐殺だった
朝鮮人が襲ってくというデマが飛び交い、自警団が組織され、警察、軍隊が加わって
合わせて500名を超す人びとが殺された
これには間違って殺されたかなりの日本人、若干の中国人も含まれている

東京では在特会系ヘイトが集会を開き、「虐殺は正当防衛」と主張したそうな
それには一部区議も参加している
朝鮮人犠牲者追悼式典には、伝統的に都知事は追悼文を寄せていたが、小池都知事は拒絶した
やはりお前もか、都知事には期待する部分もあっただけに本性を見てしまった


[PR]

by tomiot3 | 2017-09-04 09:30 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://echomusik.exblog.jp/tb/26024504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。