2017年 04月 20日 ( 1 )

夏野菜準備の季節

二十四節気の耕雨 農耕最適
今日20日はJA千代水の夏野菜苗の発売日
春のこの時、夏の藷苗、秋の冬野菜発売日は毎度混雑する
9時をまわったらもう遅いくらい
先ず車の駐め場に困る、そして苗置き場の人と擦れ合う混雑、レジ並び
これで大方の時間を費やしてしまった
今回は控え目な本数だけ入手 トマト、なす、ピーマンとうがらし、ズッキー各種
畑到着が11時半をまわってしまった
遠くから鳴り渡ってくる昼のチャイムも聴いたふり
耕運、畝立て、植え付け、全てなので、やりきるためには少々の空腹は我慢
今回は第一次植え付け、日にちをずらして植える予定
e0166734_19413816.jpg
ズッキーニはたった3本だけ、場所も決定では無く、後日少なくとも倍増してやらねば
e0166734_19414849.jpg
次なるは田んぼ畑へ移動してキャベツを補植、豆類の養生、ジャガイモ、玉ねぎの手入れ
ジャガイモはメークインの芽出しが遅れているが、北あかりなどはもう芽かきするほど元気が良い
今日は目立つものだけの芽欠きで済ませる
e0166734_19563900.jpg
芽かき前
e0166734_19483374.jpg
芽かき後
e0166734_19484576.jpg
野菜作りについて妻が時々問いかけてくる
“そんなに沢山つくってどうするの 必要分だけつくればいいじゃない
えらいだろうに”
それに対して余り明確には答えていない。
自分でも分からないところがあるから、しかし格好良く言えば収穫の喜び、
それに食べるときのおいしさ、かな?
根っこには、少年時代の食糧難への思い、百姓は大事だと思っていることがある。



[PR]

by tomiot3 | 2017-04-20 19:57 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)