日中ウオークは避けたい

夕刻をかなりすぎた頃、棚橋恭子さんからの電話
なんだか疲れが出たのではないか、声がしわがれている
昨日の一寸法師の館のリサイタル
お客さんとの一体感のあるコンサートになって、とても良い雰囲気だったようだ
150名も入れば一杯の空間、
やっぱり室内楽は小さい空間、それなりの空間であることが必要条件だ
一昨日の文化ホールの場合、お客との共感が得にくい
響きが乾いている分、どうしても一体感を醸すことに難点がある
演奏はすこぶるつきで有ったにも拘わらず、お客さんの反応が今一つだったのは、
お客さんの慣れやなども大いに関わることだが、やはり響きが充満しないホール特性に寄るとことが大きい
ステージと客席の一体感を醸すことが難しいホールだ
今回に限らず、他のコンサートを聴いていても多くは淡々とした物になる
この辺りの論議になれば、ハコモノの大切さがよく分かる
「また皆さんシャイなのでは?感情表現つまり思うが儘に自分を表すことが苦手?つまりある面良くも悪くも田舎の人と言う面もあるのか?
アンケートでは感動を沢山書いて下さったと言うから、やっぱりね。」(書き足し)

29日の録音処理に今回は少々てこづったが、ようやく出演者分の2枚組が完成した
CD面にダイレクト印刷しようとすると、普段使われて居ないプリンターとなる
すると様zな不具合が出てくる
先ず一番はインクの出具合、それと残量の問題
たまに使うからその分余計に都合が悪い
結果的にはテクニックを駆使して、なんとか出来た
e0166734_21423772.jpg
今夜も熱帯夜か、このブログを打ちかけで妻と夜道を歩いてきた
半月のもとそよと時たま吹く風が美味しい
それで少々生暖かい風は、昔なら幽霊の出ごろの風だ
e0166734_21560544.jpg




[PR]

by tomiot3 | 2017-07-31 22:02 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

ウオークと庭仕事

同じパターンの人生って ステキでしょうか
朝畑、朝食、そして朝ウオーク
汗びっしょりになってシャワー

今朝はウオーキングの帰りは気になっていた一本のサクラの蔓の絡まり
10メートルほど草をかき分け、持参のノコで蔓をさばいた
ところが半袖という服装がいけなかった
右腕の力こぶの辺り、チカッと痛みが走った
瞬間、アシナガバチが去るのを見た
アシナガで良かった チカチカとした痛みがしばらく続いたが、大したことなかった
この桜の木に巣が有ったかもしれない
ちん入者を懲らしめたんだろう
e0166734_20005564.jpg
帰宅するとその勢いで、長袖を着用して、わが家の課題となっている裏庭の整理に着手した
裏はアパートなのだが、この部分だけ境界の塀が無く、
昭和42年暮れに転居して何円籠に、隣同士で塀を作ろうということになったが
当時借家だったが、その家主が境界塀の設置に同意せず、勝手にやってつかんせー だった
要は話が成立しなかった
以来、うん十年、わが家が設置した鉄製のガーデンフェンスで通してきた
そのうち鉄だから錆びる、朽ちるなど、そのうちアパートになっても境界は手つかず
草が生え放題、どうしようもなく管理しにくい
とうとう堪忍袋の緒が切れた 決めた
鉄柵を撤去して、境界線を掘り起こし、自前で出来る境界柵を作ろう
軽井沢のように塀が不要というところに住みたいもんだ
そう言えば、S42年暮れに引っ越して来てしばらくは、なーんにもなく
子どもたちが自由に遊び、通路にしていた

鉄柵の撤去と、境界にスコップ入れるだけで汗が噴き出すは、へたばるは
今日はここまで、狭いわが家の庭もあと一週間以上はかかるかな
e0166734_20020528.jpg
e0166734_20030866.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2017-07-31 21:21 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

今日もきゅうり 明日もキュウリ

今朝は頑張って早朝畑
早め早めという意識ばかりで、結局は5時ちょっと前の出発
1日プラスになると案の定、デカきゅうりになっていた
収穫を終えて、田んぼ畑へ、こりゃーすごい!
雑草に生命力に驚く
間もなく小豆のタネを植えるので、取り敢えずこの雑草たちを処理しなければ
只この雑草たち、肥料に化けさせようと考えた
一旦被忌服なり刈り込むなりするが、しばらく乾かして土にすき込んでやろう
本当は堆肥化するのがベストなんだが、これは次段階にしよう
土がまだ水っぽいのでもうちょっとさらっとしてから
キュウリばかりが目立つ、そんなに一度に食べられるものでも無いし、
漬物にしたり、炒め物にちょろっと加えたり
漬物が一番手っ取り早いが、これと手食べる限界がある
先程、漬物用と新にピクルスする事で保存の幅を広げようと下ごしらえを済ませた
今日もキュウリ 明日もキュウリ
むかし昔こんな歌が流行った
子供ながら一番くらいは覚えてしまった
「コロッケの歌」
なんでも浅草三文オペラのトリに歌われて人気を博し流行ったという
2010年が最初という昔話、
1 ワイフ貰って、嬉しかったが、いつも出てくるおかずはコロッケー
  
今日もコロッケー、明日もコロッケー、是ぢゃ年から年中(ゲープ)コロッケー

2 亭主貰って、嬉しかったが、いつもチョイト出りゃめったに帰らない
  今日も帰らない、明日も帰らない 是ぢゃ年がら年中(マ随分だワ)留守居番

3 夜店ひやかし、おはち買ったが たった二十銭ぢや滅法界に安い
  家へ帰って、フタをとったら 安いはづだよ(アッしまった)底が無い

4 ちょいと紳士に、成ってみたいと 無理にさんだんして自動車借りて
  乗るにゃ乗ったが、ぢきに止まって 仕方なくなく(皆さんすみませんが手を貸して下さいな)エンサカホイ

5 晦日近くに、財布ひろって 開けてみたらば金貨がザクザク
  株を買うか、地所を買うか 思案最中に(ハクショーイ)目がさめた

6 英語習って、訳も知らずに チョイト西洋人にアイラブユーと言ったら
  急に抱きつき、顔をなめられ つけた白粉が(オーきたない)むらだらけ

7 私しや洋食が好きと云ったら 直ぐに呼ばれて、出されたものは
  牛の脳みそ足に尻っぽ 肝になめくじ(モウ結構です)豚の腸







[PR]

by tomiot3 | 2017-07-31 20:27 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

今日もきゅうり 明日もキュウリ

今朝は頑張って早朝畑
早め早めという意識ばかりで、結局は5時ちょっと前の出発
1日プラスになると案の定、デカきゅうりになっていた
収穫を終えて、田んぼ畑へ、こりゃーすごい!
雑草に生命力に驚く
間もなく小豆のタネを植えるので、取り敢えずこの雑草たちを処理しなければ
只この雑草たち、肥料に化けさせようと考えた
一旦被忌服なり刈り込むなりするが、しばらく乾かして土にすき込んでやろう
本当は堆肥化するのがベストなんだが、これは次段階にしよう
土がまだ水っぽいのでもうちょっとさらっとしてから
キュウリばかりが目立つ、そんなに一度に食べられるものでも無いし、
漬物にしたり、炒め物にちょろっと加えたり
漬物が一番手っ取り早いが、これと手食べる限界がある
先程、漬物用と新にピクルスする事で保存の幅を広げようと下ごしらえを済ませた
今日もキュウリ 明日もキュウリ
むかし昔こんな歌が流行った
子供ながら一番くらいは覚えてしまった
「コロッケの歌」
なんでも浅草三文オペラのトリに歌われて人気を博し流行ったという
2010年が最初という昔話、
1 ワイフ貰って、嬉しかったが、いつも出てくるおかずはコロッケー
  
今日もコロッケー、明日もコロッケー、是ぢゃ年から年中(ゲープ)コロッケー

2 亭主貰って、嬉しかったが、いつもチョイト出りゃめったに帰らない
  今日も帰らない、明日も帰らない 是ぢゃ年がら年中(マ随分だワ)留守居番

3 夜店ひやかし、おはち買ったが たった二十銭ぢや滅法界に安い
  家へ帰って、フタをとったら 安いはづだよ(アッしまった)底が無い

4 ちょいと紳士に、成ってみたいと 無理にさんだんして自動車借りて
  乗るにゃ乗ったが、ぢきに止まって 仕方なくなく(皆さんすみませんが手を貸して下さいな)エンサカホイ

5 晦日近くに、財布ひろって 開けてみたらば金貨がザクザク
  株を買うか、地所を買うか 思案最中に(ハクショーイ)目がさめた

6 英語習って、訳も知らずに チョイト西洋人にアイラブユーと言ったら
  急に抱きつき、顔をなめられ つけた白粉が(オーきたない)むらだらけ

7 私しや洋食が好きと云ったら 直ぐに呼ばれて、出されたものは
  牛の脳みそ足に尻っぽ 肝になめくじ(モウ結構です)豚の腸







[PR]

by tomiot3 | 2017-07-31 20:27 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)