2017年 08月 05日 ( 3 )

らららで田園が甦る

らららクラシック「田園」 わが心に田園が甦った
若かりし頃から「田園」が大好きだったことを甦らせてくれた
新婚当時、田園に針を落とす、妻は膝枕で聞いている
今あの頃が甦る田園だった
宮川彬良氏の解説がユニークではあるが当を得ていて、なかなか面白い
クラシックをこよなく愛し、特にベートーヴェンに真通していた宮澤賢治
かの有名な賢治が田舎の風景の中で後ろ手に組んでややうなだれた姿
実はこれ、ベートーヴェンのこれまた有名な後ろでに組んで森を散策する姿を真似た物だということを知らなかった
賢治は7回も撮り直したそうだ それほど執着した訳だ
e0166734_20230493.jpg
午前中の畑仕事の疲れも癒さなきゃいけないし、猛暑を避けて、
わが家で唯一エアコンの効くリスニングルームへ逃避
カールベームとウイーンフィル、1971年5月録音のレコード盤を聴いた
三楽章から五楽章を始めに聴いて、一楽章と二楽章を後に聴く変則
改めてベートーヴェンのすごさというか、よくここまで緻密に理路整然と数学的とまで言える
構成力で自然描写できた物だと、聴けば聴くほどにのめり込む
ワルター/コロンビア響の第五楽章が大体において好きだった
e0166734_20461843.jpg




[PR]

by tomiot3 | 2017-08-05 20:42 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

熱帯夜 猛暑日

何でこんなに暑い地球になってしまったんだ
少年の頃30度を超したらそれは大変なことだった

14時過ぎ車でちょいと買い物へ、
車の外気温測定は36℃だった
街中に出ている間は、37,そして38℃、場所に寄りけり
38を示したと云う事はオーバーしたと云う事
(気象台発表は37.8)
わが浜坂に帰着すれば36℃、2℃も違うんだ
しかし、熱波の息苦しさは軽くない
昨日は湿度のせいで苦しかったが、今日はその点少々改善

ひと休みして砂丘までウオーク
16時をかなり回っていたかな
背中ジリジリ、4リッターボトルで桜の給水も
普通の速さで歩くんだが、汗あせ、額、背中、手の甲、いや体中だ
キャンプ場も何張りかのテント、熱帯夜をテントでとはお気の毒
寝苦しいだろうな
明日も猛暑日予想、勘弁して欲しい
e0166734_19524350.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2017-08-05 19:56 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

熱波来襲

起きた時点の気温27℃、夜中の熱波はすごかった
暑さ対策 早朝農作業
5時出発 妻帯同 先ずズッキーニを見る、なり子二つに受粉、
それ分業だ、妻は私が起こした雑草の土を打ちを払い、集める
e0166734_19103795.jpg
e0166734_19123544.jpg
私は田んぼ畑で草地だった部分を耕耘、クズ小豆を植える。
クズ小豆は去年仕分けした虫食いや小粒の小豆、それでも過去の経験から結構収穫が期待できる
いずれこの部分はお花畑にしたい
e0166734_19070019.jpg
サツマイモ畝周りや、既に耕耘済のところも草押さえのために全て耕耘
我ながらよく働く?
e0166734_19133397.jpg
e0166734_19133397.jpg
e0166734_19140038.jpg
e0166734_19141936.jpg
今朝つくったサンドを途中頬ばる、これが朝食、泥だらけの手、多少はドロも
早く切り上げるつもり、7時頃には済まそう、積もりは積もりで8時を軽くオーバー
気温も35℃をゆうに突破、いつものように疲労困憊、汗だく、
ことに妻の疲れよう、ちょいと気にかかる
今日の予定に入っていた草の刈り払いは中止
台風が接近しつつあるし、明日には済ませたい

収穫物の歓び?処理も悩みの一つかな
ピクルスと漬物、乾燥野菜だらけになりそう 
e0166734_19353869.jpg




[PR]

by tomiot3 | 2017-08-05 19:39 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)