2017年 08月 06日 ( 2 )

台風さん 雨が欲しい

今日の農作業は草刈り主体だったので、歩数は2600歩ほど、ちょっと少なかった
みっちゅうは流石歩く気がしない
それに少々くたびれで、横井成人直ぐ眠ってしまう
奮起して16時半頃歩き始める 37℃近いぞ
サーてどこまで行こうか、
ただの暑さと言うよりは熱風だ
台風五号が送り込んでくる熱い空気、雲がボチボチ出だした
南風に流されている
e0166734_19572048.jpg
目標歩数をたたき出すには、砂丘信号近くまでか
それとも砂丘トンエルをくぐって大回りするか、
結局は左、つまり砂丘方面へ
半分は陰があるが、陽向は応える
e0166734_20014030.jpg
等々砂丘信号に近付いた
この標識看板群、実に賑やかー
これって管轄の違うところが出しているんだろうか、
そうならば横断的に検討して、スマートに出来ないの
不細工じゃ有りませんか
外国人もよく見かけるし、ちょっと問題ではないですか
ジオパークも嘆かわしや
e0166734_20043195.jpg
だんだん風が出てきたようだ
暑さを少しでも弱めてくれる風
おやっ、親子三人がバス停で待っている
こどもの国からの帰りのようだ
ほとんどの人は車だが、めずらしい、感心感心
e0166734_20163104.jpg
想い出す 我々の時代は車なんてほとんど頭になかった
五歳と三歳の娘を連れてよく歩いた
援護し経由久松山とか、若桜の茗荷谷入り口から氷ノ山までを往復とか、
よく歩いたが、娘二人も不平一切無しでよく付いてきたもんだ
その点は褒めてやりたい
一度だけトラブったことが有る
遠くではないのだが、十六本松がちゃんと有った時代
ここを経由して砂丘へ、そして大学演習林を抜けて砂丘へ、とにかく歩き回った
十六本松の時、娘が真っ赤な顔になってぐったりした
松の木陰でしばらく休ませたが、おんぶして返った
今で言う熱中症だったんだ
当時は日射病と要っていたが、余り知識を持ち合わせていなかった

帰りは心なしか雲の流れが速くなったようだ
中国山地には雲がわき出した
桜たちももう限界
20ミリでも30ミリでもいいから雨が欲しい
e0166734_20182530.jpg
もうたまらんと言っている
むしろ一番弱い桜は連日給水していたから、むしろ元気

e0166734_20193665.jpg
中病のタワークレーン以外のクレーン二基も風を警戒してか、地上に降ろした
e0166734_20220540.jpg
一気に9千歩


[PR]

by tomiot3 | 2017-08-06 20:26 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

広島の日の農作業

広原爆の日8時15分黙祷
今朝早くの農作業も、草刈り機などのエンジン音を早朝から響かせるのはどうかと、
時間をずらして出かけた 妻は休養日
広島、長崎の黙祷 わが家は余程のことのない限り欠かさない
カー等じをを聴いて走る 走行中ならば何処かに止めようかと、
到着が丁度平和の鐘が鳴る直前だった
間に合った 1分間黙祷

今日の主目的は草刈り
やり始めてみると、そのボリュウムに圧倒される
草丈も二尺以上になるとちょっとやりにくい
蔦類が絡まると振り払う動作が加わるから尚のことだ
まだ朝だというのに気温は既に35℃に到達
妻から電話、遅いから心配したようだ
丁度仕舞いかけたところだった
そんなことをしていたら10時をオーバーしていた
e0166734_19361563.jpg
After
e0166734_19372931.jpg
After 耕耘
e0166734_19390032.jpg
とうとうクマゼミが
この畑の柿の木、クマゼミが啼いていた
透明な羽のセミ、ツクツクボウシやミンミンは憧れだったが、クマゼミはどうかな
やかましすぎる
e0166734_19394157.jpg
もうちょっとやり残し感があるが、この暑さでは限界かな
猛暑の中での連日の農作業、妻は色黒の顔をちゃかす


[PR]

by tomiot3 | 2017-08-06 19:47 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)