2017年 08月 22日 ( 2 )

猛暑に雨のお見舞い

堪らない猛暑、どの部屋も十分すぎる暖房が施されている
わが家では唯一の待避場所はリスニングルームだけ
疲れた体を休め、眠気に誘われままに16時近くまで過ごした
午後は予想どおりバシャバシャと激しい雨があった
かったるさにむち打って起きたときは、陽射しもある空模様、
外は雨のお陰で少し涼やかになったようだ
昨日除塵した側溝を確かめる必要もあった
おーお、ちゃんと役に立っている
e0166734_21263756.jpg
e0166734_21271596.jpg
e0166734_21272931.jpg
獣道、従来の物は2,3カ所認識しているが、獣の活動エリア拡大で新に2カ所あることを発見した
彼等はこの森の先の市道を横断して砂丘との間を往来している
e0166734_21292039.jpg

定常的ウンコ場所近く
e0166734_21293814.jpg
遠く中国山地、岡山県奈義町付近か?積乱雲がモクモク
e0166734_21325096.jpg
西の空には雨シャワーが迫ってくる
帰宅するやいなや風と共にばらばらっときた
よくぞ合わせてくれた
桜たちはこの雨でとても大助かり ありがとう
これらの大まかな情報はスマフォで見る「気象庁レーダー」から貰っている
e0166734_21351327.jpg

雨のお陰で少し気温を下げる効果があったようだ
それにしても温暖化の影響は計り知れないものが有る
おそらく想像を絶す事態だってあるだろう
トランプはよくもまあ、温暖化はでっち上げなどと言っていられるものだ
知性、理性、知識、何も無いんじゃ無いの
とんでもない者が大統領、しかも良きにつけ悪しきにつけ世界をリードしてきたアメリカの大統領
ハッキリ申せばわが国の首相、そして米国大統領には一刻も早く退いて欲しい
そうか近隣諸国にも嫌なのがいっぱい居る



[PR]

by tomiot3 | 2017-08-22 21:49 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

根栽を蒔いた

夜通し27~28℃、完全熱帯夜だった
朝の空気も熱せられたまま、部屋はモカモカ、快適さなど微塵もない
それでも今日は農作業日
妻は余り気乗りしないようだが、とにかく行動は共に
9時このところ収穫専門、わたしゃ耕耘機や刈り払い機を駆使する
きょうは根菜類を蒔く予定、大根、蕪、人参
“早いんじゃないの”と言う意見もあったが、ちょっと目論見があってのこと
畝立てして、冬どり聖護院、眺めの藤風大根、短めのかわいい大根、それに京千舞蕪
ニンジンは未遂、
この度は小さな種を丁寧に等間隔に4粒づつ蒔いた
予定していた小豆の土寄せなどは次回送り
毎度の野焼きはキチッと熟す
それにしても極めつき酷暑
へとへとになる
冷たい水、冷やしミルクティーのおいしさは格別だ
こんな日中に作業しているお百姓は見渡す限り誰も居な九鳴った
せいぜい10時頃までは刈り払い機の音がしていたが・・・。
そりゃーそうだ
皆さんは日の昇らない朝にやっちまうんだろう
とうとう昼のチャイムが聞こえてきた
2時間半みっちり
上は着替えるが、きっと汗臭い車になっているだろう
e0166734_21033779.jpg
          種まき完了 予定してたより時間を食ってしまって、人参などは蒔けなかった

e0166734_21041669.jpg
               聖護院大根、短い大根、長い大根、大蕪
e0166734_21053981.jpg
小豆土寄せは出来なかったが、耕耘機を動かす度に雑草地をついでに耕耘する、
雑草エリアを縮めながら、畑エリアを広げる作戦
ここを畑にしだした頃に較べ、倍以上になった
e0166734_21114456.jpg
午後には雨を予想したとおり、結果的に種まきに絶好だった







[PR]

by tomiot3 | 2017-08-22 21:18 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)