2017年 08月 29日 ( 2 )

本当の砂丘は?

農作業疲れで午後はゆっくりの時間を貰う
午後は徐々に明るさが落ちて気温が下がり始めた
ひょっとしたら雨が来るかもしれないぞ
それじゃー歩くか15時20分出発、午前の農作業で歩数が稼げなかった分、後を頑張ろう
多鯰ヶ池一周するか、それとも、
空模様が怪しいこともあって、滅多に行かない日交センターのある丘へ
途中、砂の美術館の裏を通過して、丘の上へ
e0166734_19432866.jpg
展望台から砂丘を眺めるが、余り眺望はピリットしない
眼下の林や周辺が余り美しくないことが気になるだけだ
e0166734_19390097.jpg
e0166734_19430457.jpg
上りがけに気になっていた砂の美術館の裏手の見栄え、帰りにもう一度確認
手入れのあとも見えず、ここでこの施設の値打ちが決まったような物
時分があちこちの観光地や施設を検分するときのひとつの指標は裏手や脇に有ると見ている
だからメインとする砂丘よりも周辺地帯、それは松林や雑木林で有り、多鯰ヶ池周辺である
そして砂の美術館では、裏手はほとんど放置状態、ひとたび裏手に回ればこのざまでは恥ずかしい限り
ここら辺りでそれらの資質がはかれる
このことはこどもの国、サイクリングターミナル、キャンプ場全てに共通している

ちょっと思い出す
都市の無電柱化の声や工事の気配が消えてしまった
今の政権には関心が薄いのかも
私には都市交通政策もその様に見える
ようやく東京オリンピックまでには会場周辺の無電柱化を進めるそうだ
東京もそうだが、一歩裏通りになれば、確実に電線と電柱のオンパレードだ
ましてやこの砂丘にも堂々と電柱電線が恥ずかしげも無く突っ立って、空に雲巣を張っている
こうしたインフラ投資、資本投下にはすごく遅れた国だ
この点もヨーロッパの街づくりと一線を画すか
しごく残念!
どの道、磨かれざる観光地だ
e0166734_19443031.jpg
e0166734_19444971.jpg
e0166734_19450470.jpg
e0166734_19453590.jpg
e0166734_19460437.jpg
e0166734_19462382.jpg
雨が来た 一時傘を差したが大したことは無い
中途半端ながら気温は下がりつつある
頑張って1万2千歩 
やっぱり汗だった





[PR]

by tomiot3 | 2017-08-29 20:10 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

背中の太陽

農業をする日 概ね一日おきにしているが、収穫物が落ち着けばインターバルを長くしたい
ガソリン代もバカにならないが、それよりも我ら夫婦のカラダを大事にしたいね
早めを心がけても朝食を済ませ、休息を取って、などと言っているとずれ込んでしまうのが常
今日も現着は9時20分 
いつものように妻に収穫をまかせ、やり残した小豆の草取りと土寄せの続き
今時分は一日の草の生長量はすごい
狭いエリアながら、11時近くまでかかってしまった
それでもまだ仕事を残してしまった
背中に赤外線をうけて汗が額からぽたぽたと落ち目にも入る
汚い話だが、汗は鼻からも出ると云う事が分かる
汗と共に水ばなが流れるのだ
時々近くの用水路で洗い流す
草引きで腰をかがめることが如何にきついかが分かる
小さなエリアにこんなに時間を費やしてしまうとは 
               Befor
e0166734_19203079.jpg
           After 今日もビッシャンコ 疲れた!
e0166734_19220361.jpg
この畑の大根など、順調な芽だし
e0166734_19233521.jpg
妻の仕事の成果
ナスはしばらくお休み、キュウリはほぼ終わり、秋なすの収穫に傾注する
e0166734_19250766.jpg





[PR]

by tomiot3 | 2017-08-29 19:27 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)