2017年 09月 14日 ( 2 )

掃除は心が清まる?

夕刻、毛虫害の桜たちを気にとどめながら、角スコ担いでウオーク
途中、先日の雨で、市道脇の側溝グレーチングにかかった枝類を含むゴミ、
通る度に気になっていた どなたもとろうとする人は無し
ぎっしる詰まっているので、18号が近付けばまた大雨の可能性が有る
私の守備範囲では無いとぶつぶつ思いながら、グレーチングが割と容易にはぐれたので
どっさりだなーと思いつつ、やっさもっさとほじくり出した

側溝ゴミはよく乾いたので、割と簡単
桜が近くに有ればそこまで、なければ近くにまとめて盛り上げた
エッチラおっちら
18号が雨を降らせれば、元の木阿弥になることは承知の助
作業中、ウオーキングの人が、“いつも綺麗にして頂いてごありがとうございます”
さらに、ゴミ作業を終えてすぐ近くの毛虫にやられの桜を観察していると、
別のご婦人が、“桜が楽しみですねー”
しばし、桜談義が続いた
         この石崖の突き当たり直ぐ右に山桜がすっくと立っている
         毛虫やられの桜だ
e0166734_20253136.jpg
e0166734_20254362.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2017-09-14 20:36 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

桜と毛虫

初秋 穏やかそのもの
ほんのりと滲む汗はむしろ心地よし
ややっ!ゴルフ場入り口近くの桜一本が裸になっている
よーく見ると、どうやら毛虫だ
7匹ほど見つけて退治したが、時既に遅し、ショック
この山桜は近くの松林で森林組合に伐られてしまいそうなのを移植した7本のうちの1本、
爾来10年近く、よくここまで育ってくれた
来年春新芽を出してくれるよう祈るのみ
e0166734_20072038.jpg
帰途は他の桜はどうかと念入りに観察
有った!
この山桜は移植に熱中し始めたときの初期の桜、10年は悠に超えて見事な樹形になっている
ところが既に丸裸になった枝が3本、
これから食い荒らそうとしている枝に太った毛虫野郎がたかっていた
e0166734_20080447.jpg
毛虫野郎達
e0166734_20081523.jpg
十年以上の桜との関わりで、こんなに明確に毛虫にやられたのは初めて、
気象変動の影響か、毛虫発生に条件が揃ったのだろうか
今後要警戒だ




[PR]

by tomiot3 | 2017-09-14 20:14 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)