ひふみんも佐藤天彦名人もクラシック音楽

ひょうとした《ひふみん》
その《ひふみん》のドキュメンタリーを見て、なにかしらほっこりしたものを感じた
《ひふみん》はカトリックの洗礼を受け、クラシック音楽が好きだという
バッハのことを語っていた
その《ひふみん》が公式戦最後、対佐藤天彦名人との対戦
負けで最終を飾ったのだが、その語りが何とも人びとをほっこりさせる物だった
対戦相手の話ぶりもさすが名人ともなれば、云う事が違うと唸る
クラシック音楽が好きだという
そしてメンデルスゾーンの交響曲第3番の第一楽章アンダンテコンモートから第2楽章ヴィヴァーチェノントロッポへのゆったり~快活に変わる ところが好きだと語った
ふーむそうか、その様な聴き方をしたことが有ったっけ、
《ひふみん》にしろ佐藤名人にしても、クラシック音楽により精神統一しているところが嬉しいでは無いか
メンデルスゾーン/Sym Nr3「スコットランド」、オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管に久しぶりに針を落とした
ゆったりの楽章から快活な楽章に変わるところ、そうなんだ
たしかに気分を落ち着かせ、精神統一するにはピッタリだ
将棋の勝負って分からないが、きっと一手を打つにも何事かならざらんと言うところがあるんだろうな
そうしたことにクラシック音楽が役に立つとは嬉しいではありませんか
藤井四段による将棋人気上昇もあるだろうが、《ひふみん》などの古いひとは尚すごい
将棋にしろ囲碁にしろ、別世界ではあるが、奥が深くて広い世界なんだ
e0166734_21315012.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2017-09-18 22:08 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

18号台風顛末 19日大宮池の件補筆

台風18号で気掛かりの三カ所を矢継ぎ早に検分
その1 
樗谿公園の大宮池
これは先日、ホタル関連でこの大宮池の放流を続け、空っぽに成り、
池を守る会というのが元に返すよう署名活動をしている

日本海新聞

樗谿公園の大宮池 干からび景観台無し
日本海新聞

樗谿公園の大宮池 干からび景観台無し

 樗谿(おうちだに)公園(鳥取市)の上流にある大宮池が干からび、住民から「散策スポットの風情が台無しだ」と不満の声が上がっている。池の水門が5月中旬から開けっ放しになっているためで、本来の姿を取り戻そうと、

水面に紅葉した木々が映える大宮池=2015年11月、鳥取市上町干からびてヘドロがあらわになった大宮池=




池が空っぽ状態が、果たして台風18号でどうなっているやら
早速今朝出かけた
太閤ヶ平まで幾度か歩いたところ
今朝もまだ9時にならないというのに、帰りの集団や人びとにいくつか出合った
池の周りの渓流からも幾筋か清い水が流れ込んでいる
池はそこそこの水(満水)が溜まっていた
本流流入は濁った水、だから池も濁水
本流は土砂も一緒に運んでくる
池の周りを一周し、色々検分
ふーむ、これはここだけの話では無いが、普段の管理に性根が座っていない
水が有るか無いかも大問題だが、そもそも基本的に手入れが悪い
e0166734_20180339.jpg

 
渓流
e0166734_20171627.jpg
大宮池
e0166734_20204695.jpg


本流
e0166734_20185750.jpg
e0166734_20214382.jpg
放流門扉
e0166734_20221567.jpg
放流門扉のこと以外に、越流堤はどうなっているかが気になっていた
この池は基本的に石積混合の土堰堤のようだ。
つまりため池、と言うことは今年各地であったため池崩壊の危険性は?
絶対無いとは言えない、つまり未曾有の雨が降るのが近年の状況、これからは益々激しくなることが予測される
だから絶対大丈夫とは言い切れない
それぐらいのことは予測するに超したことは無い
                   越流部
網画家kって居るがこれは危険では、通常時は問題ないが、想定外の雨の場合
どっと押しよせる塵埃がこの網にかかって、水位を上げてしまうことが考えられる
少なくとも網の位置プラスまでは水位が上がる
近年流木による被害はご存じだろう
堤防は県管理か?ちょっと非常識 
e0166734_20233472.jpg
放流水は、今日は問題なく、多すぎるくらい
e0166734_20300364.jpg
e0166734_20305830.jpg
蛍の看板
以前鳥取県立博物館の学芸員が、生態系に叶わぬと意見されたことがあった
正直、何故無理矢理蛍の郷にしなければならないか、
典型的につくられた自然がかなっているか
そもそもカワニナが住めるような清流では無い、だから蛍云々には反対だった
ゲンジボタルが本来住んでいたところを一生懸命保護する運動こそ大切では無いか
だからkこ看板を見て感慨が湧かない
カワニナの生育のために、池を空っぽにしたとも聞いた
本当にそれはまともなことだろうかと首をひねる
e0166734_20323020.jpg
e0166734_20334406.jpg
鳥取市あるいは県はもっとまともな判断が出来ないかと、ある意味腹立たしくもある
力点の狂うことが多すぎる
すごい鳥取市!何がすごいかわからない

その2
千代川はどうなっている
中病から千代川堤防に出るのに誠不便
いつもここでは理不尽を思う
何故、自動車優先で、自転車歩行者にはすこぶる便利が悪い
千代川堤防に出ようとしても、ぐるーっと大回りした
秋里横断橋しかないのだ
千歩以上大回り、お陰で歩数は稼げる
e0166734_20424040.jpg
横断橋から眺める景色はまんざらでも無い
                下は自動車専用県道
e0166734_20433417.jpg

市街地方面
e0166734_20441283.jpg

八千代橋 まだ危険高水位まで1メートル以上はあるようだ河川敷の因幡自転車道は水没
e0166734_20444701.jpg
下流方向、鳥取大橋
e0166734_20450132.jpg
その3
ウオーキングコースは?
台風一過
e0166734_21051968.jpg
側溝は事前掃除が功を奏して、塩梅すこぶる良し
礎テ程度織り路面には葉っぱと枝が無数無限に落下
目立つ物を拾って回った
一カ所案じていた枯れ松の大枝が落下していた
これは片付ける
幹が危うい
人身事故だって起こりかねない
まだ要注意カ所が何カ所かある
鍬持参だったので、スクリーにかかった塵埃は、またすっかりキレイにしておいた
通りがけの自転車、“ご苦労様です”
e0166734_20542475.jpg
e0166734_20544087.jpg
e0166734_20551524.jpg
e0166734_20564085.jpg



[PR]

by tomiot3 | 2017-09-18 21:08 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

台風18号わが家も微少被害

台風18号 久しぶりに台風の猛威を実感させてくれた
ドーンバターン 19時頃だろうか、ヒューヒュー、ザーザー野音に混じって激しい音
何だろうと勝手口からうかがうと、どうやらキッチンダストボックスの扉らしい
マグネットでの閉まりが緩くて風でフォタンバタンだった
ものの数秒でずぶ濡れになった すごい風雨
久しぶりの体験だ
e0166734_19520457.jpg
やがて一大事発生
二階屋根のブルーシートが吹っ飛び派すまいか
妻が大変大変!と叫ぶ
なんとリスニングルームの天井の一部からぽたぽた
量は大したこと無さそう
応急処置でタオルを画鋲でとめて雫の下がるのを防ぐ
想像するに、きっと二階と平屋の接合部或いはその二階壁のモルタル壁亀裂からしみ込んだ物だ
横殴りの風雨に負けたようだ
各地に被害をもたらしながら、鳥取とその近辺にも避難勧告やら準備情報が出たようだ
零時過ぎには去ってくれてやれやれ
翌日の今日早速調査
ブルーシート、よく絶えてくれた
e0166734_19541572.jpg
壁と平屋屋根との接合部は?
判断として接合部よりも壁の亀裂からの吹き込みによる浸水と判断した
何十年も以前にコーキングしたままで、すっかり劣化してボロボロ、
恰好ばかりで役に立っていなかった
知恵を絞って新工法で直さねばと構想中
e0166734_19551598.jpg
e0166734_19564053.jpg
e0166734_19560485.jpg
e0166734_19562638.jpg








[PR]

by tomiot3 | 2017-09-18 20:02 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)