カテゴリ:健康・ウオーキング( 45 )

荒れても歩く

朝から荒れ模様、しかも冬のかたちだ
10時頃、配線器具を求めてホームセンターへ
途中フロントガラスに霙交じりの雨が打ち付けた
いよいよ本格的冬の到来だ

この荒れ模様の中、ウオーキング敢行
14時頃出発して砂丘目指す
昨日の二度も箏だったが、今日も出会う人皆無
そりゃーそうだ、こんな荒れ模様に好きこのんで歩く方が可笑しい
とつぶやきながら
やがて霰が顔面を打つ、ぴちぴちと霰玉に責められる
路の曲がりで後ろ向きになれば、耳たぶにぴちぴち
きび悪しい北西の風、遠く煙突の煙も一斉に同調している
e0166734_19104897.jpg
e0166734_19111396.jpg
e0166734_19113001.jpg
ヒョウかと見まがう霰がバリバリときた
たちまち景色が変わる
e0166734_19453950.jpg
e0166734_19461344.jpg

14:32 砂丘方向から爆音が迫ってきた
この悪天でも飛んできたか
北西の風に争うように向かって侵入だ
きっと揺れているだろうな
e0166734_19202494.jpg
とうとう砂丘まで行ってしまった
流石馬の背まで入っている人は居ない
それでもまばらながら観光客の姿
春に是非またおいでください
e0166734_19164077.jpg
e0166734_19165464.jpg
e0166734_19171254.jpg
帰途は少しでも風を避けようと、砂丘トンネルをくぐることにした
トンネル内は良かった
だが結果的にこれは選択の誤りだった
むしろ風が乱れて、傘がオチョコになってしまった
もうたまらなく体が冷えてきた
2時間近く歩いて、1万3千歩余り
温かい珈琲が旨かった


[PR]

by tomiot3 | 2017-11-19 19:48 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

夕闇迫る頃

今日も一気1万歩を歩かねば
農作業などで6千歩をキープして居たがやっぱり少々気が重たい
16時を回って1時間半、かなりのスピードで足を通わす
それに空気が冷たい
今日もバス停に並ぶ観光客、
砂浜に入ろうとすると三人の方とすれ違う
日本語だ なぜかホッとする
すっかり落ち着きの砂丘
e0166734_20292974.jpg
今日の砂丘は陽の力が借りられず重たい
どんより砂丘
e0166734_20304410.jpg
17時を過ぎれば、すっかり夜の帳を下ろす頃となる
夕食は温かいおでん 帰宅は間もなく、歩みが早まる
                   17:23
e0166734_20323563.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2017-11-17 20:34 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

砂嵐の砂丘地を歩く

今日も一気歩き
14時半から16時50分
ずーっとシャッターを切る以外は歩きっぱなし
ほぼ青天ながら北寄りの風が冷たく強い
砂嵐の砂丘、それでも観光客が来てくれる
バス待ちの人びと、どの様な感慨を持ってお帰りだろう
e0166734_20552785.jpg

砂丘は砂嵐
目が開けていられないくらいだ
砂が乾いて風が強いときは風紋が出来る
私にとってはこうした砂丘も魅力だ
e0166734_20370611.jpg
e0166734_20373290.jpg
e0166734_20385426.jpg
砂丘から岩戸方面に走る海岸道路をしばらく歩を進めた
新しく整備された自転車・歩道を行く
e0166734_20533572.jpg
くじら島(海士島)と海岸に打ち寄せる波頭のすさまじさ
逆巻く怒濤がゴゴーっと打ち寄せる
飽きない風景だ
e0166734_20442565.jpg
向こうに駟酏山が近付いた
そろそろ右に折れて、ラッキョウ畑を経由する
e0166734_20445572.jpg
ラッキョウ畑の紫の花はもう終わっていた
その花柄を摘み取る作業だろうか
ポツンポツンと腰を下ろして農作業
根気の要る、そして膨大な数の花柄、いつ終わるのだろう
e0166734_20481685.jpg
e0166734_20472736.jpg
e0166734_20474594.jpg
e0166734_20480564.jpg
ラッキョウ畑の中を突き抜ける県道では氏の水道局が水道管埋設工事を行っていた
福部地区の給水目的だろうか
水道管は250ミリは有ろうか
この地の埋設工事は他への支障を考えれば合理的
e0166734_20580385.jpg
e0166734_20582830.jpg
再び砂丘地を経由して帰宅を急ぐ、そろそろ夕暮れ時だ
e0166734_21004078.jpg
e0166734_20590118.jpg

<
[PR]

by tomiot3 | 2017-11-15 21:05 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

ウオーキングがプレッシャー?

少し気温が高めだったようだ
午前中は田舎に出かけたのでウオーキングできず
ウオーキングに関しては、この様な日は一気歩きのプレッシャーがかかる
でも嫌という訳では無いよ

午後砂丘方面に続けさま二度歩いた
一度目はベストの着用が不要だった、熱いよ
どんより空も気温高め
e0166734_20594367.jpg
時計代わりのANA 14:27 こどもの国上空
e0166734_21002799.jpg
一度帰宅し、脱ぎ捨てる
それにトイレの我慢が限界だった

二度目はゴミ袋持参
建築屋廃墟敷地のセイタカ対策
もうすっかり時期遅れで、花が綿を点けだした
根っこから抜いても駄目
少しでも拡散を抑えるため、穂だけ刈ることにした
ところが剪定挟みでチョキチョキやっていても埒があかない
余りにも量が多すぎるのだ
これは鎌で刈り穫った方がベストだ
途中であきらめた
この敷地全体で、千本はありそう、うんざり

e0166734_21012809.jpg
200本は処理したが 焼け石に水の如く
e0166734_21013572.jpg
元ワイエス(建築屋)の使っていたところ、
春はオオキンケイギクが繁茂し、退治を二年にわたり要請していた
ところが引き抜かないで刈り穫っていたようだ
だから廃墟となった今年は、結局私が引き抜きに汗をした
だいたい会社というのはこんなもの、公道の二カ所の出入り口やその周辺、
全くお構いなしだった
美に関する意識や義務感はまるでなかったのかな
道路を介して向こうは国立公園
この様な意識でもまかり通る訳だ
砂丘信号入り口の運送屋もそうだった






[PR]

by tomiot3 | 2017-11-14 21:07 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

寒さに負けず一気歩き

午前中は妻病院行きのお付き合い
今日は一回きりで目標達成のウオーキングをする羽目に
まったくピリッとしない空模様
東寄りの風ながら、厚手シャツ何のその織り目を突き抜けて肌に突き刺すような冷気
いくら強歩しても寒さから開放されなかった
この寒空の下、砂丘県道脇の除草、こぶし並木の剪定をやっていた
除草のやり方は絶対に改善する要ありと確信する。
たまに行い、その間隔が長いので、綺麗な期間はごく僅か
こう申せば予算の問題を言われるだろうが
e0166734_20293137.jpg
e0166734_20295839.jpg
多鯰ヶ池の東をめぐる覚寺旧道を抜ける
以前は再々歩いたが、昨今は滅多に立ち入らない
しかし、このコースは実に絶景だ。
この良き眺めの道を誰一人として会うことは無かった
観光客にアピールすることも無く、贅沢にも私の独占ビューポイント

どうですかこの景色
                多鯰ヶ池 神秘性もある
e0166734_20303303.jpg
ベルビューポイントと言っているが
知ってますか
ただこの覚寺道(市道)山側法面崩壊の手入れも儘ならず放置状態、もう何年になることか
池側法面は以前、酷い粗大ゴミ捨て場になっていた
未だにその名残が有り、ポイ捨てゴミは絶えないようだ
県や市にはここの素晴らしさ、大切さが認識されていない
イベントや砂像にうつつを抜かし
本来の自然美を損ない大切にしないで平気な公共に苛立ちを覚える
星取県、星空保護目的の条例
なぜかピントがずれていやしませんか
むしろ、危険防止のため、自転車道、砂丘周辺道に照明画の必要個所が幾つも在る
またゴミ棄て、不審者対策で必要と思うところが幾カ所もある
e0166734_20310151.jpg
e0166734_20484528.jpg
覚寺道の一部は常緑の大樹が密生して、昼なお暗き場所がある
何年も以前、夕方の覚寺道のこの辺りで右手の斜面からドドッとイノシシが出てきて
目前を横切り、左の急峻な斜面を転がった
斜度は70度くらい、大木に幾度もぶち当たったのだろう
ドーンドーンと音が鳴り響いた
その数分後、やや小型のイノシシがまたもや目前を横切り、今度はしばらく前方に走り
左の藪に消えた
イノシシも人間に出現に仰天したに違いない
           カメラでは結構明るく見えるが、実際は薄暗い道
e0166734_20434128.jpg
イノシシが転落した崖下
あのショックは忘れない

e0166734_20450752.jpg
やがて車と人の街に出た
丸山交差点の横断歩道上から
e0166734_20475047.jpg
中央病院建設現場に立ち寄る
デカイ病院ができる
国道9号線の東側から
e0166734_20500310.jpg
がたいが大きいと鉄骨サイズもでかい
e0166734_20521003.jpg
e0166734_20524955.jpg
e0166734_20531473.jpg
わが家はもうすぐ、袋川の川面からの風が尚きつい
e0166734_20542140.jpg
1万4千歩余、11キロ余、2時間05分
時速5.5キロ
お腹減りよりも寒さ堪えが勝った





[PR]

by tomiot3 | 2017-11-11 21:12 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

自然の恩恵と利用

昨日のことだが
与謝野碑のところの砂丘案内板を眺めている旅人らしき男性が居た
てくてく歩きのようだ
やり過ごしてしばらく、“すいませーん”と声がかかる
かの青年からだ
双方が近付くと“砂丘はどっちでしょうか”
看板では理解できなかったらしい
懇切丁寧に教える
“広い市道でもいいし、この自転車道どっちでもいいですよ”
結局、私等と砂丘の家付近まで行くことに
岐阜からやってきた好青年、はきはきしていて体格もがっちり
砂丘のあとは「コナン空港に行く」という
“砂丘以外にどこかいいとこないですか”
“山陰海岸がキレイだけど”
しかし、遠くていけなさそう
Tシャツの胸に日の丸が付いていたから、何かのスポーツをしてるのかな
ここらにお茶するところがあれば、ご馳走したかった
そして、もっと話を聞きたかったなー
キチンと丁寧なあいさつを貰って別れた

さて今日は正真正銘 日本晴れ
e0166734_19514072.jpg
午前中のウオークがつぶれると午後に負担がしわ寄せてくる
15時過ぎ、先ず落ち葉片付けに角スコ担いで、
出発して間もなく、遠くの消防車のサイレン、救急車のピーポピーポがけたたましい
やがてj東上空からドクターヘリが低空でやってきた
さも一刻を争う雰囲気
間もなくちゅうびょうへりぽーとに着陸するのが見えた
今は新中病建設中、ヘリポートは千代川河川敷に仮移設されている
何事だったんだろう
車事故だろうか
その10分後くらいにドクターヘリが帰還していった
軽快な爆音だ
e0166734_20131161.jpg
さらさら落ち葉、モッタイナイ、畑に運びたい
e0166734_19515907.jpg
                   ち葉富士
e0166734_19523378.jpg
角スコを一旦持ち帰り、再び本格ウオーク、
今日は午前中余り歩いていない
その穴埋めに最低1万は歩こう
それに歩数計の不調で3千歩フイになった
夕暮れ時の砂丘まで足を伸ばした
観光客だろう
大声で話している言葉は中国語のようだ
周囲を見渡すが、旧態然としたお土産物屋など、
こうした観光客を心からもてなしできるところが有るだろうか
政府は観光客を増やすことに力点を置いている
それはそれで良いこと
だが、数の論理が先行して、失望を与えているのでは無いだろうか、
真にお客さんが望むものを準備しているだろうか
私は否定的に考えて居る
我々自身も日本の文化を、もっと勉強しなければ
まづ基礎的、基本的なことの整備に力を入れて、その上での観光客誘致でありたい
ことに欧米とアジアなどでは嗜好の差も有り、遊び方も違うだろう
ひょっとしたら失望された方達も居るように思う
こうした人たちを大切にするおもてなしをしないとねー

e0166734_20051951.jpg
e0166734_20055833.jpg
帰りがけ、昨日見つけた路傍の自生桜を養生
放っておくと道路保守の際に刈り穫られてしまう
この桜も幾度も刈り穫られた蘖(ひこばえ)らしい
取り敢えず応急処置
e0166734_20181172.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2017-11-10 20:37 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

雨の後は・・・

ひと雨毎に冬の気配が濃くなるのかなー
今日の日中、マイ観測では16度
明確では無いが、服装もだんだん冬型になってくる

午前中のウオーキングは鍬と竹箒を肩に担いでの、へんてこりんスタイル
3カ所の枡、流水の圧力でぎゅっと詰まった落ち葉を上げる
きついだけで無い、良い運動、体を動かす良い機会
そしてザッとながら、余程落ち葉の厚い路面だけ掃き払った
これも良い運動
おまけに守備範囲外としている自転車道の溜まり砂もとうとう竹箒で払った
気になっていたのだが公共も我関せず
しかし自転車のためには危ない場合もありうるから、
心地良い汗が滲んだ
e0166734_20045923.jpg
e0166734_20052507.jpg
悠然と砂丘こどもの国上空を通過 11:06
1分後までには、逆噴射音ゴーッと
e0166734_20201131.jpg

夕方ウオーキングはノコとハサミだけ携行
自生の桜を1本見つけた
養生と目印の竹を伐りだし、その現場に残すだけをした
明日槌で竹杙養生をする
懸案の危険枯れ松伐採、ようやく一部が実行された
キチンと片付けられていた
              おがくずが路上に証拠を残す                 
e0166734_20070025.jpg
ここの枯れ松は本当に危険だった
夕方ウオークの時、知人が丁度居合わせて、この松伐りましたね
これは枯れ枝などが落下して・・・私が要望して伐って貰ったんです
切り株を見ると30センチ径のうち10センチ程度の生松しか残っていなかった
この場所に櫻でも植えようか
以前からエドヒガンの植え場所を求めていたので、
ここがいいかな
e0166734_20070857.jpg
後3本はいつ実行されるか
e0166734_20073930.jpg
e0166734_20075031.jpg
一日スカッとしない天気、
それでも雨さえ降らねば明日か明後日に畑仕事が出来そうだ
中央病院建設も日ごとの変化が見られる
e0166734_20154196.jpg
夕雲、明日はまあまあの天気かな
e0166734_20164746.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2017-11-09 20:26 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

雨にも負けず??

昼下がり、電気店でプリンターインクなどの買い物を済ませ、
帰宅すれば、お決まりウオーク
今日も午前中は畑でつぶれたので、1万1千歩目標で出かける
出発後間もなく、空模様が怪しくなってきた
入道雲だ 西の山間部は既に降っているようだ
e0166734_19530994.jpg
妻は傘持参、だが持たずに出たことを後悔する羽目に
雷鳴が1発、やおらポツリポツリ、そして間髪を入れず、
大粒になってきた
妻は途中で引き返すが、そのまま突き進む
激しい雨、路面は川の如く、たちまち全身濡れ鼠
靴はグチュグチュと鳴り出す始末
流石にこの雨を突き進む勇気が失せた
やむなく引き返す
寒さが襲ってきた
                  雨に煙る砂丘
e0166734_19514166.jpg
e0166734_19515014.jpg
e0166734_19572479.jpg
帰宅するやいなや風呂場に飛び込んだ
温かいシャワーのおいしいこと

すっっきりした上で、再びウオーク開始
すっかり薄暮
5千歩は歩こう
西の空が明るくなった
e0166734_19595843.jpg
昨日浚えた自転車道側溝の3カ所、この雨ですっかり埋まってしまった
元の木阿弥
薄暗くなるとイノシシを意識する
溝浚えをするかもと鍬を担いで
もしもイノシシがお出ましなら鍬が武器になるかも知れない
すっかり陽が落ち夜景がキレイ
昼間よりも夜景に軍配が上がる
手ぶれで夜景が賑やかになった
e0166734_20030251.jpg
すっかりお腹ペコペコ
今夕食も根菜ポトフ、体が温まるぞ


[PR]

by tomiot3 | 2017-11-08 20:09 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

温暖な立冬

立冬って暖かい?20℃オーバー
午前中のウオーキング、自転車道途中の側溝浚え,
昨日一番の難所を残していたところを浚えた
汗かいちゃいました
今日は鍬と角スコ、けったいなウオーキング・スタイル
結果はスッキリで気分爽快

午後のウオーキングはやはり夕暮れの中オイチニオイチニ
今日の夕暮れは天気下り坂により、昨夕の綺麗さは失せた
e0166734_19524472.jpg
キャンプ場に着いたときにはすでに薄暮
今までも気になっていたこと
張り巡らされたロープ
不細工なことこの上なし、以前から批判がましく眺めていたが
今日は違った
これは危険をはらんでいると強く思った
暗くなるに従って、ロープが見えにくくなる
人がロープに気付かず引っかかって転倒などすると想像しないのだろうか
一段と警戒心の強い者だからそう思うのだろうか
これは余りにもお粗末な境界づくり
随分以前からこうなっている
大いなる反省を促したい
もっとスマートにして
         この写真ではさらにロープの有無が分からないでしょ
e0166734_19544555.jpg
e0166734_19545362.jpg
手前のブルーの鉄柱から向こうの自転車道車進入防止鉄杙右まで張られている
特にこれは行けない
子供だと首だって引っかかるかも知れない
e0166734_19550396.jpg
わが家に帰着する寸前、斜め前角の空き地上空にコウモリが2頭乱舞していた
コウモリは頭なのか匹なのか?
夕食捕虫で飛び回っているようだ
スマフォで捉えられるかどうか
何とかさまっていた
10センチにも満たない大きさで、素早い動き
一体どこに住んでいるんだろう
e0166734_20083857.jpg
e0166734_20085783.jpg
コウモリで困っている人びとも居るようだ
熱帯などではコウモリによる病原菌の移動が問題になっていた
国内でもコウモリには素手で触れないようにと注意喚起されている




[PR]

by tomiot3 | 2017-11-07 20:16 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

明日は立冬だって

畑仕事の日は,どうしてもウオーキングにしわ寄せが来る
今日も畑仕事で5千は歩いたが、最近平均の1万6千歩をキープするには1万歩は歩かなきゃ
ちょっぴり空気が冷たいが、コンディションは最高
畑仕事から帰るやいなや鍬をかついで出かける
けったいなウオーキングスタイル
3カ所の落ち葉溝ゴミをかき上げる
うちう1カ所は角スコが要るので上っ面だけの処理
歩数を稼ぐため、結局福部砂丘まで行ってしまった
これで往復1万1千500歩
このところの夕陽の美しさが堪らない
明日は速くも立冬、とうとう冬という文字が現れた
日の入り16:59
夕暮れ 17:26
まさに釣瓶落し
出発が16:08
砂丘着16:53 
                   16:55
e0166734_21435724.jpg
                      16:56
e0166734_21441010.jpg
                      17:05
e0166734_21442677.jpg
                      17:29
e0166734_21481137.jpg
            17:29 大山シルエットが右方に
e0166734_21483406.jpg
                    すこしズーミング
e0166734_21524033.jpg
                 17:34
             夜の帳が下りようと
             真ん中辺りの中病建設現場にはまだ作業灯がギラギラ
             手前のまぶしいのは小学校校庭の照明灯
e0166734_21551998.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2017-11-06 22:03 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)