緊急入院?

昨夜、孫からの一報に、えっ!と驚く
なんと“おかあさんが救急車で市民病院に運ばれた”と言うではないか
七転八倒で苦しんで、救急車の中でそれが一旦治まって、尿管結石だろうと言う仮診断
帰宅しようとしたら再び痛みが、
結局そのまま入院して、翌朝、つまり今朝検査を受けたと云う事
だが尿管にも膀胱にも石は発見されなかった
出ちゃったのかな?
右足の腰回りや筋の痛みが残っているという

午前10時頃我ら夫婦は病院へ、本人は至って元気そう
先ずは安心、私んちの命のポタージュ、早朝つくったものを渡して病院を退散した
今後の診察にも寄るが、先ずは一安心
ふーむ、こりゃ総合診療(ドクターG)でないと分からないかもしれないなどと勝手に想像

命ある限り、病気有るのは宿命
如何にそれを減らすかは、食事と運動の兼ね合い、つまり生き方の問題






[PR]

by tomiot3 | 2017-07-22 18:36 | 健康 | Trackback | Comments(0)

胆管癌定期観察終了

2011年6月15日に下部胆管癌の切除手術をして以来、初期の抗がん剤投与、
そして6ヶ月毎の定期観察、通常は5年なのだが、一年延長の丸6年間、
今日がその最後の定期観察のための検診となった

8時20分受付仁摩に合うように、余裕をもって7時45分に家を出た
ところが通勤の車で進まない、少々あせり、
自分もその道路を走っていながら、他車を見るとほとんど一人乗車、
この状況にはいろんな疑問が湧いてくる
公共交通機関の未発達がこのような事を招いている
石油資源枯渇云々も今ではほとんど語られなくなった
いずれ、電動車或いは燃料電池車で解決と思っているかもしれない
また安全上は自動運転で解決と思う向きもあるだろう
おっとどっこい、そううまく行くことは無いと踏んでいる
交通事故はなんと言っても車が一番だ 結果は悲惨
高齢者や未成年など、いわゆる交通弱者への解決はもっと複雑多岐な問題をはらんでいる
いわゆる車に乗れない人びとのことだ
ノロノロ運転のハンドルを握って頭を駆けめぐった

CTスキャン、血液採血は9時には済んだ
ところが診療までに2時間ほどかかってしまった
どうやら担当医の患者が多かったようだ
ようやく順番が来たのは11時頃、血液検査の結果を先ず説明される
胆管癌は完治です
血液検査は若干基準値をはずれているが、問題ないと言われた
例えば血糖値120、基準は70~109など
血糖値は生活対応で改善する自信が有るし、先生が大丈夫とおっしゃるならば素直に受け止めたい
CT画像は肺から下腹部まで輪切りで見せて貰う
全く再発の兆候無し
定期観察はこれでお終いにしましょう
市の年一回の定期検診は必ず受けて下さい
その上でもしも異常があれば、病院に来て下さい
大きな手術だったので、何があるか判らない、何か有れば連絡してください、対応します
と告げられた
本当にありがとうございました
妻や家族への安心もさることながら、心配して下さった多くの方々のお陰です

少しの不安が有ったので、ホッとした面と、これで病院に来られないという妙な寂しさ
検診の度に、自分の健康に自信を持ってきたので、確かめる確かな手段を失った気分だ
血液検査だって、通常はこの様に多項目ではない
e0166734_20490399.jpg
e0166734_20500060.jpg
br>




[PR]

by tomiot3 | 2017-06-15 20:39 | 健康 | Trackback | Comments(0)

6年目に突入

ちょうど4年前のブログ。http://echomusik.exblog.jp/23275874/
今日は5年が満ちた日、妻はお祝いしなきゃ、ビフテキでも食べる?と言ってますが、まだ具体的に何も無し。
お祝いは健康で居られることをお互いに確認できることだね。
フェイスブックには次の様に書きました。

満5年、去る2日の検査でお墨付き頂きました。
改めて、手術して頂いた先生はじめ中病スタッフ、そして途中転院した日赤の先生とスタッフに心からのお礼と感謝を申し上げます。
私の場合ほど、下部胆管癌で正常になった事例は本当に希有だそうです。ありがとうございました。
更に家族はじめ親しくしていただいている方々にもお礼と感謝を申し上げます。
毎日のウオーク、畑仕事、規則正しくバランス食事に心がけ、安らぎと勇気をくれる音楽に親しみ、一方世の中の在るべき姿を模索しつつ、絶対に戦争の起こらない平和な世界をめざして憎まれ口をついて行こうと思っております。
皆さま 今後ともよろしくお願い致します。

6年目の今朝もキチンと5時に目覚めて、いや目覚めたら妻が既にクラシック倶楽部にスイッチオンしてました。
キッチンしながら 古楽の楽しみ を聞いて、普通に豪華?な朝食を摂って、朝ドラを見て、
竹藪に出かけました。

e0166734_11324226.jpg
行きがけ、崖から垂れ下がったハマゴウの裾を一部刈って、ひらひらと舞うミスジチョウ(ほしみすじかな?)に出迎えてもらって、栗の花にちょっと気味悪がって、でもモ秋には柴栗が人々を喜ばす。
e0166734_11364942.jpg
e0166734_11400524.jpg
桃が大きな梅ほどの大きさになった。
でもこれは、いずれはだれかが採ってくれるから、はかなく消える。
e0166734_11555974.jpg

昨日か今早朝、枝ペンペンさんのお出ましだ。
私にとってはイノシシよりも天敵だ。
今回は桜は一枝だけだったが。
快感なんだろうか?
e0166734_11554302.jpg
e0166734_11553238.jpg
e0166734_11562680.jpg
今朝の竹藪はまだ誰も入った気配がなかった。
それでも先客はイノ君、誰よりも早い。
どうやらタケノコはまだま早いようだ。
最盛期ならばニョキニョキ、今はポツポツだ。
散らかした後だけが目立つ。人は本当にオギョウが悪い。
イノシシはどうかな。掘削にかけてはプロフェッショナルだ。
                      イノシシ
e0166734_11443567.jpg
                           
e0166734_11453758.jpg
この位のタケノコだと食べ心地が良い。デモちょっと育ちすぎのようだが、大丈夫。
このエリアは竹林拡大域、極力刈り穫るようにしている。
e0166734_11474346.jpg

帰りにもう一度、ハマゴウの裾刈り。まだ半分以上残っている。
帰宅と同時に、通りに面したサツキなどを刈り込む。
梅雨時にこざっぱりか。

                         まだ途中
e0166734_11524213.jpg






[PR]

by tomiot3 | 2016-06-15 12:12 | 健康 | Trackback | Comments(0)

身も心もさわやかに

<
e0166734_13373477.jpg
グッとさわやかな朝だった。
朝食抜きで、朝一番の病院行き、楽しくもないがこれで無罪放免になるのではとの思いが、ウキウキ気分にさせてくれる。
8:10頃日赤病院へ、血液検査予約を取って、外科外来へ、そしてCT室へ、血液採取して、内視鏡室へ、リズミカルにとんとん拍子で事が進む。
内視鏡、今日は胃カメラを吞むことに。
内視鏡室は新館の2階だった。
建物も新しく、装置もきっと最新鋭だろう。
男性医師が胃カメラを扱う。
事前のねばねばドロソロの潤滑剤、それに麻酔液、なんと気持ちの悪いもの。
鼻からだと思ったら、口からの挿入だったんだ。
口からだと、オエッとなると思っているから鼻からを希望したのだが。
ところが少しの抵抗感があったものの、オエッとはならなかった。
ここまで内視鏡技術が進んだんだ。
結果はOKだった。若い医師の画像を見ながらの丁寧な説明。
胃と小腸の接合部も旨くくっついていて問題なし、
胃の中も問題なし、ただし食道に逆流性の炎症があるので胃薬を出しましょう。
食後だとか、畑仕事で前屈みになったとき、逆流しているかなとは思っていた。
内視鏡室に来たとき、血圧を測った。168-73上が高い。
自分でもおそらくと思っていた。
最後外科外来へ、お客(患者)が多くて、ちょっとココでひまをくった。
線解除先生だったが、今回は男性の若い医師、・・・陽一郎先生。
血液検査、腫瘍マーカーもよし、他の数値も問題なし。
CTスキャン、肺から肝臓、胃、術部の下部胆管、膵臓、などなど転移、再発の兆候なく全く異常なし。
下部胆管癌は治癒率が低くて、再発のリスクが高い、死亡率も高い、5年経過してこの様なケースは本当に珍しい。
と言ってくださった。
胃カメラの結果をもう一度、やはり食道に炎症が多少起きている。
胃薬を吞みましょうか。となる。
ウオーキングと農作業など適度な運動と食への関心、規則正しい食習慣、いわゆる健康管理の賜物か。
喫煙はもとより、飲酒もほとんどしない。
感謝!感謝!
先回は5年で満了、以降は無罪放免と聞いていた。
ところが今日の医師は、5年以上経過して癌になれば、それは新規のもの、
念のため、CTスキャンイングをもう一度やリましょう。
以降は血液検査だけを続けましょうと言って下さった。
無罪放免は嬉しいが、定期的に検査して頂きたいのが本音だったので、渡りに船だった。
ありがとうございます。
胃薬と降圧剤を処方してもらって、晴れたみ空を仰ぎながら意気揚々だった。
日赤は新棟が建った後、旧館を壊している。次は国道に面している元本館を壊す。
平成30年が完成だという。

               何処かの紛争地と似てませんか
e0166734_13350059.jpg
e0166734_13364821.jpg
           北隣は県民会館 ケヤキ並木の緑陰が高級な都市空間をかもす
e0166734_13385230.jpg









[PR]

by tomiot3 | 2016-06-02 13:49 | 健康 | Trackback | Comments(0)

ハチの逆襲

昨夕のこと、サザンカの剪定をしていたら、右手の甲にチカッと軽い痛みが走った。
アシナガバチが針を刺したまま羽ばたいている。
振り払ってようやく離脱した。
大きさは多分アシナガバチ、スズメバチでは無い。
多分彼等の住処を荒らし、逆襲されたのだ。
すぐさま針跡を中心に1センチ大の膨らみが出来た。
蜂に刺されたのはいつの頃だったかはまるで記憶が無い。
しかし、ミツバチやアシナガバチには何度も刺された経験が有る。
経験的に心配ないと思った。
一番でっかいハチは小学2年生の時かな、クマンバチ?に顔を刺され大変だった。
お陰で学校を休めて、親戚の医院でご馳走になって嬉しかった。
でも顔の腫れは容易に引かなかった憶えがある。

時間経過と共に手の甲がだんだん腫れ上がってきた。
深夜になると裏っかわの手のひらまで堪らなくかゆくなってきた。
朝方になると手のひらは治まったが、甲の腫れはむしろ範囲が広がって痛がゆくなった。

皮膚科医院って大抵混んでいる。今日は土曜日なので尚更だった。
10時前に受け付けて、診察終わりは12時前だった。
腫れは熱気を帯びているので、貼る湿布と飲み薬を処方してもらうだけだった。
食欲は落ちていないが、幾分超軽いむかつきだけは伴っているようだ。
ムカデだと腕の上まで腫れると医者先生はおっしゃった。

今現在すごく痒い!
スズメバチだったら、この程度では済まなかった。
そうでなくてもスマートでない手と指だのにみっともないとこ済みません。
e0166734_194363.jpg

マジックで腫れたエリアをマークして医院へ行った。
e0166734_1944667.jpg

湿布で冷やしている。
e0166734_1945358.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2015-07-04 19:19 | 健康 | Trackback | Comments(0)

6月15日

6月15日と言えば、4年前の2011年6月15日が、
胆管癌の手術日だった。
午前9時頃~スタートし、14時頃に終わった。
お腹の中の臓器は切り離され、つなぎ直された。
胃は小腸と直結されている。
その後の経過を振り返ると、医療関係者への感謝に加えて
家族、知人への感謝有るのみである。
今では世にはばかっている感無きにしも非ずであるが、
恩返しの一つとして、健康であることの有り難さ、大切さを皆さんにも伝えたい。

さーて、今日から5年目に突入する。
先回の検査でも全く異常なし、血液検査の結果は優秀です。とまで言われた。
楽しい食事に心がけ、体を動かし、健康体を維持する事が、最大の勤めと思い、
世にはばかる分を少しでも穴埋めしていく所存であります。
[PR]

by tomiot3 | 2015-06-15 20:30 | 健康 | Trackback | Comments(0)

大腸ガン死亡率は上位

昨日、俳優の今井雅之氏が亡くなった。
大腸癌のステージ4、詰まり末期癌だった。
54歳、若いなー、惜しいなー、悔しいなー。

一昨日、妻が内視鏡による大腸検査を受けた。
ポリープを3個切除し、念のため細胞検査に回された。
先ずは大丈夫だと思うのだが。

昨年も便潜血検査にひかかって、精密検査を受けるように言われたが、受けなかった。
今年受けてみて、やっぱり受けとけば、無理矢理にでも受けさせるべきだったと反省した。
便潜血検査で100%大腸癌の兆候が発見できるわけでも無いから、
ひかかれば必ず内視鏡検査を受けなければならないと思った。
内視鏡ではポリープが見付かれば、その場で切除してもらえる。
ポリープは癌化する可能性も有るのだから、癌予防の最もな味方なんだ。

現在のわが国の大腸癌死亡率は女性で1位、男声で4位なんだって。
大腸癌は早期発見出来れば一番処置しやすく、完治もしやすいという。
女性の場合、大腸癌と子宮癌は早期発見で最も処置しやすいと言われている。
とにもかくにも早期発見!

今井さんたちの俳優業界では検診を受ける、半強制的に受けると云う事が無いんだろうか。
本人の自覚症状は末期に進行するまで余り無かったとも言われている。
ちょっとした体調不良ぐらいでは見過ごすかも知れない。
便秘、便の色、何かが有ったと思うのだが。

ご冥福を。
 
[PR]

by tomiot3 | 2015-05-29 09:19 | 健康 | Trackback | Comments(0)

半年ぶりの定期検診

胆管ガン手術から4年を経過して定期検診も今年から半年に一度になり、
あと3回で終わりとなる。
主治医が代わって、今度は女先生になった。

採血してからCTの段取りのところ、採血受付に遅れをとって順番が後ろになった。
8:32時点で採血の人が一杯ではないか、これはしまった。
もう少し早く出るべきだったなー。

血液検査、CTスキャンニングは首下胸から下腹部まで。
“血液検査 優秀です。全く問題なし。
CTスキャンも全く問題なし。”
と医師に告げられる。
やっぱり安堵とうれしさが同時に湧いてくる。
体重がちょっと増えたので、ただ今減らすよう取組中です。
と言うと“結構です”
フレーズの短い対話だった。

朝食抜きであったがそれほどの空腹感は無く、ダウラに寄って、
美味しいシフォンケーキと紅茶で胃袋を慣らす。
先日、あさいちだったかな、
女性で50歳ではじめたシフォンケーキ専門店の話、
いまや全国版、教室の生徒も多く、遠くは台湾にも生徒が居るとか。
てなことでシフォンケーキが恋しくなっていた。
型の持ち合わせが無いのでまだ作ったことがないが、
パウンドケーキ型でも良いから作ってみようと思っている。
メレンゲがポイントの一つだから、割と得意としているので大丈夫?
[PR]

by tomiot3 | 2015-05-21 19:13 | 健康 | Trackback | Comments(0)

これで開放

化学療法のコースが今日終了した。
これでやっとこせ開放される。
今後は三ヶ月に一度の検査で済む。
やれやれ!

今日は最後の苦しみを味わっている。

子どものいじめと自殺、大雨洪水、国民不在の政変などなど
気になることだらけだが、今日は休養日とさせて頂く。

小さくても明るい話題を積み重ねる努力をしよう。
[PR]

by tomiot3 | 2012-07-12 21:00 | 健康 | Trackback | Comments(0)

今日は明日のため

午今日は診療日、午後は徐々に副作用が出てきて
夕食はほとんど食べられなくて・・・
気力も少々減退、この苦しみもあともう少し、
明日への希望のための通過点。
[PR]

by tomiot3 | 2012-05-31 23:14 | 健康 | Trackback | Comments(0)