カテゴリ:自然・環境・緑・災害( 1650 )

一日の晴れた日

たった一日の晴れのプレゼント
明るい青空、寒い野連発、寒いですねの挨拶不要の一日だった
有り難や!
午前中は妻病院行きが控えているから、ちょいとウオーキング、
はるかなる白い大山の輪郭クッキリ、思わずキレイと発する
e0166734_20315784.jpg
e0166734_20321978.jpg
午後はしっかりウオーキング
おまけに鍬、ノコギリ、木槌携行のいかめしい姿
自転車道側溝にびっしりの落ち葉上げと桜の木の雪保護の爲の竹杙打ち
おまけに気分満点に乗って福部砂丘まで足を伸ばした
何だろう?ビニールタコが木にひかかったんだ
e0166734_20441092.jpg
途中自転車道で外人さんが何気ない砂丘をカメラにお納めている
やがて砂丘にやってきたので、手まねで砂丘の撮影ポイントに誘導してあげた
今日の砂丘も美しいぞ
外人さんはよく歩くし、自転車も利用する
本当の砂丘の良さは、一時イベントでは解らない
むしろじっくりと楽しむ術は東洋人以外の外人さんが知っている
e0166734_20470587.jpg
e0166734_20473100.jpg
追後スリバチ
e0166734_20521350.jpg
e0166734_20523710.jpg

やがて三人のメートヒェンに遭う、“撮ってあげましょうか”と申し入れ
砂丘バックにして小さなデジカメに三枚納めてあげた
大阪からだって
明るいお嬢さん方だった
彼女等に追後スリバチを教えてあげたがどうしたか
“余り人は行かないけど、見る価値あるよ”

いつものことだが土産物屋のスピーカーが気にかかる
以前に比べると音量は下がったようだが
国立公園にバックグラウンドミュージックは必要ない
品格を下げる効果あるのみ
分からないのかなー 情けない
それにこの一体の修景、誰も疑問に思わないのだろうか
星取県とか申して、イルミネーション非該当の訳の分からない条例を作ったが、
それよりも騒音音響条例を作って貰いたい
e0166734_20494230.jpg
夕暮れが近づいた
そろそろ今日の晴天も終わりのようだ
e0166734_20512726.jpg








[PR]

by tomiot3 | 2017-12-15 21:04 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

風雪の一日

典型的な冬型で風雪は一丁前、だが雪の量はしれたもの
動きが制約されると困ると案じたがほぼ支障なし
朝先ず確認 たいしたことないさ
e0166734_19291487.jpg
降りっぱなしでは無い、時折のやみ間も結構長い
10時過ぎいつものように、先ずは歩くに限る
山間部は降りっぱなしのようだ
e0166734_19312370.jpg
それでも午前便はちゃんと入ってきた
かなり揺れているだろうな
e0166734_19324296.jpg
一日中降ったり止んだり
昨日故障修理に出した複合機の修理完了の連絡が入った
午後のかかりに受け取りに
津ノ井のエプソンまで
ここは修理専門のつまりサービス部門だけだという
それが鳥取に有ることが有りがたい
1万円以上を覚悟していたが、今回は不良個所の調整だけなので無料だった
これまた有り難や
コピー機やパソコンに至るまで、エプソン製品の直販もするそうだ
それと割引つきだ
故障サービスのことを思えば直販有りかな
わが複合機、ほぼ一ヶ月近く故障の儘だったので、仕事が溜まりまくった

帰宅すれば、また歩きだ
午後の方が風雪が強まったようだ
それでも2,3人の人と出遭った 頑張っているなー
バス停の時刻表が更新されていた 壊れてから随分かかった
e0166734_19425473.jpg
帰途、砂丘に入ってみた
北西の風が厳しい
風雪の様子を撮ろうと傘を松の木に立てかけた
間髪を入れず傘は倒れ、開いて風に運ばれてしまった
瞬間の出来事だった
慌てて追いかけた
追いつけそうにも無い
合わせ谷スリバチの方向へどんどん遠ざかる
数十メートルのところで傘が逆さまになって雪に突き刺さった
やっとこせ回収
とんだおっかけっこになった
まだ走られるぞ
e0166734_19471538.jpg
砂丘の背後の山は厳しい風雪にさらされているようだ
e0166734_19483013.jpg
真っ白けの砂丘、怒濤が聞こえる
どうやら午後のANA便はお休みのようだ
e0166734_19484849.jpg
こんな荒れ模様の中でも中央病院の新たな鉄骨が積み上げられている
11階分が立ち始めた
e0166734_19502738.jpg



[PR]

by tomiot3 | 2017-12-13 19:59 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

そろそろ師走仕舞い

今日は風雪が強まる予報を信じて、あれこれと画策した
先ずは田舎畑へ、白菜などコピッと収穫、水分過多の畑はつつきようが無いが
これでほぼ来春まで持ち越しになる
そのうち雪を被って、しっかりと甘味を増した春野菜を期待しよう
e0166734_19151173.jpg
午後は自転車道の落ち葉の始末を
大きなモミ袋を用意したが、とてもとてもそれで処理しきれない落ち葉の量
2袋だけぎゅうぎゅう詰め込んだだけで終わった
河津桜の4株にはたっぷりすぎるくらいの半熟落ち葉を盛ってやった
来年は最初の河津桜を植えて10年以上経過したので、今一度見直してキチッとしたいと想っている
e0166734_19180930.jpg
落ち葉はクヌギが多くて、押ししそうな葉っぱ達、きっと良い堆肥になる
e0166734_19202700.jpg

e0166734_19205455.jpg
年末までにはきっと元の木阿弥になるだろうけれど
やることはやっておこう
北風が強くなってきた
雪よりも風が先行、今ピュウピュウと吹いている
               これは午前中の様子 山間部だけ煙っている
e0166734_19242469.jpg



[PR]

by tomiot3 | 2017-12-11 19:27 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

風雪の前日

ハッキリしない冬景色
風は南、だから手袋の手が温かすぎる、素手で十分だった
中国山地は何かが降っているようだ、多分雪では無いだろう
南風を使ってトビがホバリング、地上の獲物でも探しているのかな
ヘビなどちゃんと始末してくれる友だちだ
e0166734_20151313.jpg
e0166734_20152747.jpg
砂丘もちょっと暖かいと馬の背に人びとが乗っかる
e0166734_20172057.jpg
まずまずの天気はこれまで、明日は風雪が強まると脅かされている


[PR]

by tomiot3 | 2017-12-10 20:19 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

穏やか冬型

ある程度の雪は覚悟していた
ところが案に相違して、時として青空の望める穏やかな一日だった
中国山地の雪化粧も本当にうっすら
道々、冬タイヤ交換をしている人を目撃したが、用心に超したことは無いだろう
落ち葉の山など地熱遮断されたところだけの雪のトッピングだった
e0166734_19594312.jpg
e0166734_19595950.jpg
思いがけない青空、風は冷たくても陽が少しでも射せば暖かい
栴檀の白い実、今年はまだヒヨドリの数が目立たない
いつもなら栴檀の実にヒヨドリがピーピーと鋭く啼いて群れているものだが・・・
全く静かだ
e0166734_20031663.jpg
ANA機定刻どおり、いつもながらの定時制、頭が下がる
e0166734_20021190.jpg
夕方、雲間からのサンシャワー
神々しいこと
e0166734_20005352.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2017-12-09 20:08 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

しばらく冬型が続く

ぐずぐずした空模様
冬型には違いなく、寒さが身にしみる
だが雪になりきらない
決然としない空模様
e0166734_20253089.jpg
自転車道脇はイノシシの掘削作業の後が歴然と
断続的ながらおよそ100メートルは掘っている
その掘り具合から大人のイノシシだろう
鼻スコップの威力はすごい、
バラス混じりの土って、スコップで掘ろうとしても並大抵では無い
桜植え用に向かってみたが、あきらめた位だ
数年前までは檻わなを仕掛けるなど、それなりの成果が上がっていた
ところが近年の捕獲行為を目にしなくなった
鳥取市は熱心に対応しなくなったのか
イノシシの出没と頭数の自然増が心配だ
e0166734_20235998.jpg
e0166734_20240918.jpg
午前は海の荒れ具合は比較的穏やかで潮騒も控え目だった
e0166734_20183105.jpg
しかし午後になると雨、やがて荒れ模様の霙に変った
雪なれば風雪と行ったところ
夕方には豹変、潮騒の音も轟々と連続音が騒がしい
逆巻く怒濤の様が伝わってくる
瞬く間に砂丘が白く化粧した
e0166734_20250225.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2017-12-08 20:27 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

期待の雪?未だ降らず

昨日の予報で今日は雪かなと
だから雪の来る前に色々片付けておこうと身構えていた
ところが終日その気配は一丁前の寒さだけでなんとなく拍子抜けだった
寒さと雪、歳と共に避けたい気持ちが強まったが、
雪の降る様や雪景色には依然として好ましく思う気持ちが強い矛盾が渦巻いている
e0166734_20393053.jpg
降雪予報には、どうやら脅かされただけ
しかしながら午前中の風は東寄りながらとても冷たく強めの風
e0166734_20330927.jpg
砂丘の向こうの海は白い波頭が波状的に押しよせている
e0166734_20380703.jpg

強風下に3便が進入してきた
“飛行機は降りるだろうか”と妻が心配げにいう
“この位の風なら大丈夫”悠然たるものだ
e0166734_20360717.jpg

夕方は真反対の北の風に変わった
手袋を外した指先がかじかむ
e0166734_20393053.jpg
美しい
e0166734_20401101.jpg
今夜から明日にかけてひょっとしたら雪が降るかな
やっぱり夏のほうがいいや


[PR]

by tomiot3 | 2017-12-05 20:50 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

初冬の雨に日

天気予報は芳しくないのだが、ひょっとしたらと朝の気配を測る
やっぱり雨だった
午前のウオーキングはやみ間を狙ってはみたが、結局は傘のお世話になった
この時期雨さんには冷たいようだが余り望んでいない
今はぼ片思いの状態だがお陽さんが恋しくて
それでもわが桜の小枝の雫はなぜか愁いを帯びている
e0166734_19193350.jpg
桜たちの花芽、雫よりも小さくて、一つ一つ確認するのが今の楽しみだ
来春が既に待ち遠しくてたまらない

タラノキがニョキニョキと突っ立って林立する様は、何となくひょうきんに思える
e0166734_19233010.jpg
今日の砂丘は人っ子の姿がほとんど見えない
コンディションが悪いと、パラグラ連中もさっぱりだから
砂丘は至って静寂の世界になる
こうした砂丘も魅力のひとつだ
e0166734_19255002.jpg
午後5時前、もう夕暮れの頃だが天候が優れない割りに明るく感じる今夕 なぜ?
e0166734_19260803.jpg





[PR]

by tomiot3 | 2017-11-30 19:31 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

静かな砂丘の魅力を探る

好天もたたの二日で終わった、今朝はもう雨、畑仕事もおじゃん
取り敢えず対昼飯を運び込むだけ、後は既述の花御所柿直売所へ、
帰宅すれば、やや有ってウオーキングあるのみ
曇天ながら気温もそこそこ、雨も無し、今日は砂丘まで行くぞ
先日のあの混乱気味には併行したが、巣かk里落ち着いた
むしろオフシーズンの様相に静か過ぎると不平気味
しかし、高校生やおじさん、外国人の一団など、顔ぶれはかなり多彩
e0166734_20194915.jpg
e0166734_20200306.jpg
e0166734_20203261.jpg
今砂丘施設の建設工事が行われている
私個人としては、今の砂丘ではいけない
だからこの建設工事はむしろ障害になると考えて居る
視点観点が近すぎる
だが権力者の皆さんのやることだから、あらがえようも無い
この辺りを含めて、極力砂丘のスケールアップ、配置のやり直しが必要だと思っている
砂丘事務所、トイレ、土産物屋、そして県道を全て再配置し直す必要があると考える
ひとつには砂丘のスケールアップ、自然回帰、先日のような混雑への対応、
これには砂丘西部の開発整備と大活用が必要
先日のポケモン騒動にはこの辺りへの視点が全く欠けていた
              ここらをなんとかしよう
e0166734_20260014.jpg
e0166734_20261065.jpg
e0166734_20262930.jpg
e0166734_20264436.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2017-11-29 20:30 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

静かな砂丘

寒さを覚えながらも汗が滲む変な日だった
ポケモンの毒気に当てられた鳥取だが
今日はすっかり元の静寂さを取り戻した
トイレの片付けも今日で終わるだろう
e0166734_20110227.jpg
                      市営駐車場
e0166734_20112317.jpg
                    仮設トイレ撤去
e0166734_20113602.jpg
ゴミも予想以上に少なかった
これ位なら、通り道分はレジ袋一枚で間に合いそうだ
ただ白い紙類は何となく気持ち悪い
火挟みが必要
e0166734_20144148.jpg
e0166734_20145133.jpg
凸凹砂丘はしばらくこのままかな
e0166734_20193833.jpg
一般の来客もごく普通
途中男女のハイカーとすれ違った
“コンニチハ”
姿形も清々しい
そう言えば、ポケモンさん達はほとんど挨拶しどころでは無かったな

e0166734_20181625.jpg
気になったのは午前10時頃、浜坂ローソン角の交差点
砂丘方面に抜けられませんと言う看板が撤収されていなかった
これはまずい
いずれ撤去されるだろうが、スピーディーでないね




[PR]

by tomiot3 | 2017-11-27 20:23 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)