カテゴリ:農耕・自産自消・園芸( 481 )

今年最後の農作業

昨日は冬のはじめの貴重な好天
今年最後の耕耘をいぇってしまうには最後のチャンスと受け止めた
おにぎりを持ち込んでやりきってしまう覚悟
二カ所の畑の収穫跡全てを耕耘、ねっとりした土ながら今年最後のチャンスだっただろう
耕耘機の刃にべっとりまとわりついた土のしつこいこと
このまま来春までお休みの耕耘機、“ありがとう”
空は抜けるようなブルー
妻が問うた“飛行機雲はどこからきたん”
首を精一杯後ろにそらすと真一文字のジェット機雲
これはね。日本海の空路、峰山のビーコンを通過して北北東方向から
“中国地方か四国の空港行きだよ
まだ剥いたままだとバランス感覚を失ってふらふらっとくる
先般のポケモンでは何千何万の人びとがスマフォばかりに気を取られて
しらを剥いたままだった
これは肩こりにもなるし、体には余り良くないそうだ
一億総なんとか病になるかも知れない
むしろ独善ながら体よりも精神形成上良くないと思うんだが
これに反して上を向くことはとても心と体の為になり必要だという
上を見て歩こう 願ったり叶ったり
体はともかくとして、気分は実に爽快
e0166734_20002316.jpg
e0166734_20081888.jpg
刈り払い機にも今年最後の働きをして貰った
綺麗に紅葉したブルーベリー2本も来年に期待して剪定完了
玉ネギ、春野菜の成長が楽しみとして残っている
e0166734_20084754.jpg
e0166734_20090028.jpg
気分爽快、ストレスゼロの農作業に感謝





[PR]

by tomiot3 | 2017-12-04 20:15 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

特産 花御所柿だよー

花御所柿の収穫期がやってきた
霜月の下旬から師走の上旬にかけての短い間だけ
今柿の特徴は、葉っぱが全て散り、実った柿が花の如く咲きほこる
今日は生憎の曇天ながら、八頭町郡家を通り抜ける国道29号が通り谷を越えて大御門地区に入る
すると若桜谷をまっしぐらに進む国道の両脇に見事な花御所柿の柿畑が続く
中にはすでに収穫を終えた一群、まだ多くは橙色の花を溢れんばかりに咲きほこっている
その花盛りを満喫しながら、ほぼ10分も走ると左前方にぽっこり橙色の花御所柿のシンボルが現れる
直売所だ
e0166734_19473274.jpg
e0166734_19481166.jpg
周りを見渡せば、ヤマモミジと花御所が色を競い合っている 見事!
e0166734_19491895.jpg
e0166734_19505237.jpg
私んちの食用に購入したもの
規格外、と言っても味・食味はぜーんぜん変わらない
だからもっぱらわが家の自家用はいつもこれ
今年はこの柿にとっての天候不順、全くキズや斑点が無く、おまけにサイズが大きく高級品が少なかったそうだ
だから一番の上物は赤秀3Lとか4Lなのだが、この等級はごく僅かしか無かった
柔らかな果肉、つるんとした上品な甘味がとろける

e0166734_19575103.jpg
多分、この特産柿も果樹農業者の後継に喘いでいるのでは無かろうか
有り難く戴こう

この直売所には、京阪神の方もよくいらっしゃるようだ
これからは赤ちゃんの頭ほどもある瑞々しい愛宕梨の時機到来だ
そのハシリが出ていた
新鮮野菜類もある小さな直売所、一度お立ち寄りを


[PR]

by tomiot3 | 2017-11-29 20:09 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

11日ぶりの畑

今月17日以来の畑、11日目ということか
特に感が狂うと云う事は無いにしても、ちょっと空きすぎた
この時期は好天が続かないので畑がしたくても出来ない状況が続いた
今日は戻り秋のように天高く青空が四季通って、気温も20℃の手前まで上がった
里芋掘りと小豆の残りを全て収穫
土の乾きがよければ耕耘したかったが、もう一日空けることにした
今日の程度の作業では疲れようが無かった
明日もう一日天候さんよ持ってくれ
大きく崩れるまでに耕耘してしまいたいのだ
e0166734_20120634.jpg
e0166734_20122978.jpg




[PR]

by tomiot3 | 2017-11-28 20:15 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

いつの間にか冬バージョン

妻の胃検査、7イレブン初見参の後、農作業
既にお昼だ
車中で7イレブン仕込みのおにぎりを頬ばる
朝抜きの妻用にはサンドとスムージーを持参していた
“やさしいねー”と言われてテレと嬉しさ
農作業は一人で
その間、妻は郡家駅までウオーキング
駅舎を見てきた感想“中途半端でダメだった”

先ずは野焼き、今日は炎をうれしい
e0166734_20134828.jpg
先日植えたキャベツに2種を5本ずつ植え足す
それにブロッコリー3本
収穫は来年春、4~5月頃
スペースに余裕有り
e0166734_20140477.jpg
小豆の収穫、もう一度やらねばならないだろう
別畑でブロッコリー収穫
今日はこれまでよ
冷たい空気、すっかり冬バージョンだ
今日の作業程度では寒いくらい

[PR]

by tomiot3 | 2017-11-17 20:19 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

お手軽グラタン

今日のあさいちのレシピ拝借
サツマイモとシメジのグラタン
ホワイトソースはバターレス、オリーブオイルで作る
わが家にある材料でOKなので夕食はこれにした
簡単、手軽、美味しい
サツマイモに加えてカボチャも使った
次は改良を加えて、もっと美味しく
e0166734_21153157.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2017-11-15 21:17 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

楽しい秋の農作業 

週間天気予報では合うからまた雨、ならば今日中に畑仕事をせにゃならぬ
春キャベツやエンドウなどの苗植え、既にもう来春の収穫を当てにしている
天気模様もすっかり秋色濃く、冬の気配もだんだん濃くなってきた
空を眺めていると、秋の憂愁が滲みてくる
秋空の下の田園もすっかり収穫を終え、人影など見当たらない
農夫は我々二人だけ
e0166734_19554480.jpg
e0166734_19555689.jpg
収穫期の違う春キャベツ3本づつ、来週4,5月の収穫予定
えんどう豆は実エンドウサヤエンドウ、スナップエンドウ各5本、
空豆も収穫期の違うものを5本づつ
畑スペースは余りが多く、近々植え足すか、或いは来春に植え足すか、思案のしどころ
販売目的があれば、こんな生っちょろいことではね
秋の畑仕事は時に膚を刺す寒風に助けられて、むしろ快適そのもの
でも熟れた小豆の収穫はちと事情が違う
しゃがんでも時間が経てば、腰が痛くなる
妻はしゃがむのが苦手のようで、腰を折ってのスタイル、
これはキツイ

春キャベツ植え

妻は小豆の収穫、小豆はあと一回くらいは収穫出来る
e0166734_20042751.jpg
空豆とエンドウ
e0166734_20045358.jpg
昼のチャイムも聞こえぬふりで農作業を続ける
さあ、昼ご飯食べよう、と言ったのは14時05分だった
まだやることはあるが、今日はこれまでよ

帰途の踏切でキンコンカンコン
因美線下り智頭行きが通過
そう言えば、畑をしながら八頭高のへりを通過する上り下りの列車通過音を幾度聞いたかな
パー、ピー、ゴトンゴトンゴー
いいねー!

e0166734_20104352.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2017-11-13 20:21 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

明日は晴れかな雨かな

今日は朝から好天
先ずは玉ネギ苗を仕入れに、先ずJA、9時過ぎに行けばもう完売
やむなく駅前の老舗苗店へ、やや苗の姿が見えない、あきらめかけていたら、
自車の前に止まっていた車が、苗やさんお車で、今入荷したところ、
早速100本購入、やれやれ。
一旦帰宅して直ちに妻を連れ立って、田舎畑に向かう
26本余り、新規応急畝を作って植え付け、これで玉ネギは全て完了にしよう
晩生玉ネギ500,赤タマネギ100,二年続きの不作を何とか克服したい
e0166734_19434971.jpg
余った苗は、可哀想だが離れた場所に、
里子になった玉ネギ
e0166734_19440654.jpg
小豆収穫途中で正午のチャイム、しばらく続けたが、半分ほど残して本日は終了を宣言
“明日にしよう”
熟れた鞘を選んで収穫する手しごと、能率悪し
e0166734_19453575.jpg
e0166734_19454671.jpg
しかし天気予報は「夜中に雨が降る」
降れば明日も中止だ
ソラマメ、エンドウ、春キャベツ苗の植え付けも行う予定なんだ
なかなかうまくいかんなー


[PR]

by tomiot3 | 2017-11-10 19:49 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

雨に勝てず

天候不順の後の畑行きはいつも迷いの中で実行する
所望の玉ネギ苗(貯蔵用)が得られない、
それでも取り敢えず畑へ、ゴーヤ、オクラ、ナスなどをすべて片付ける
唐辛子だけは執拗に収穫が出来る

畑土がある程度乾かないとダメだなー
キャベツ、白菜などは巻始めたのでもうすぐ収穫だ
次は冬用を植えなければ、だが土が乾いて欲しい
天候不順が足を引っ張るよ
やればやるでいくらでもやることだらけだが、1時間ほど作業して撤退



[PR]

by tomiot3 | 2017-11-08 19:36 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

こばってしまった

天気の続き具合を計りながら、畑行きを決める
小豆の収穫、耕耘、野焼き 今日なら大丈夫
小豆はさやが乾いていないとダメ、
収穫物には雨の降りすぎは有り難くない、中には土に落ち込んで腐って仕舞っているものも
鞘の乾いたのを手でぼじる(もぎること)
実に手間がかかる
雨や風で倒れているので、ダメになったのもある
e0166734_21143236.jpg
鞘が乾いていればOK
e0166734_21144291.jpg
耕耘、先日大根など収穫を終えた跡と、以前個ウンしたところも雨ですっかり土が硬化、
全て耕耘、気分爽快
e0166734_21185352.jpg
先日植えたタマネギ、あと200は植えられそう
種類を変えて植えようかな
e0166734_21192811.jpg
秋も深まれば、農作業は随分楽ちん
今日もこばった(やり残し沢山有り)のでまた来なきゃ
やることだらけ,キリが無い


[PR]

by tomiot3 | 2017-11-06 21:25 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

なぜ 畑がしたい?

秋が深まるにつれて田舎畑へ通うインターバルが長めになった
しばらく晴天が続いた今日は絶好の農業日和
なぜか心うきうき
先日のごごナマに工藤夕貴がゲスト
彼女は農業女子としても知られている
美保純が「食糧難になっても 自給自足出来るから安心」
いつ食糧難がやってくるかも知れないという警戒感は私の本気
農業を軽んじてきた我が国はいつかしっぺ返しをくらうか分からない
だから工藤夕貴と美保純のフレーズはとても良かった

行きがけに苗屋に立ち寄って,先回と同じく赤玉50、普通玉200を購入
植え付け完了、あと200は植えられそう
ダイコン類を全部収穫
義姉の畑を頼まれ施肥耕耘、玉ネギ用2本、イチゴ用1本を作る
耕耘で畑がスッキリする,これまた快感
今は柿シーズン、秋の典型景色だ
                 柿をもぐ女
e0166734_19334934.jpg
e0166734_19342730.jpg
とっくに零時を回ってしまった

あーお腹空いた
時間が無い,横着して浜坂ローソンでおにぎりをし込む
おにぎりも随分進化した
ふわーっと柔らかく握られ,形状も二等辺三角形
先日のサラメシはおにぎり機の会社だった
ユーザーは半年に一回はリニューアルしていると言うから驚きだ
機械はそんなに廉くないだろうに

明日は天候が崩れそうだが、早めに出かけて耕耘やら小豆の収穫をしたい
やることは山ほど有る




[PR]

by tomiot3 | 2017-11-03 19:46 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)