<   2010年 01月 ( 64 )   > この月の画像一覧

ホルスト 惑星/木星

NHKの名曲探偵アマデウスを整理のためプレイバックしていると
ホルスト惑星/木星が出てきた。

ホルストが1914年~1916年にかけて作曲したごく親しみやすい名曲だ。
火星から海王星まで7つの惑星からなっている。
ことに木星の第四主題が超親しみやすいスコットランド民謡風が
この曲を世に知らしめ広めた大きな要素だろう。
近年、平原綾香がメロディーに歌詞をつけて一躍有名にした。
クラシックを知らない人まで知ることになった功績は大きい。
クラシックファンで無い人に聴かせて欲しいと言われ嬉して聴かせまくった。

この曲を非公開初演したサー・エードリアン・ボールトは
知る限りでは数回録音している。何番目の録音かは定かではないが
フィルハーモニアOと録音したLPは聴き馴染みが良くて今でもちょくちょく聴く。
LPは面倒ぐさがり屋には向かないが、奥行き感が有って好ましく思っている。

この曲を決定的に全世界に知らしめブームに火をつけたのはなんと言ってもカラヤンだ。
ほとんど無名で演奏される機会はほとんど無かった時代のことだから
カラヤンの先見性に脱帽だ。
カラヤン/ウイーンPO盤(1961年)がその一枚だ。
ロンドンレーベル独特の録音技術で聴感がよい。
e0166734_2213186.jpg


ただし演奏の出来は20年後のカラヤン/ベルリンPO(1981年)に譲るかも知れないが
暖かみのあるウイーンPOの演奏に惹かれる。
e0166734_2214869.jpg


惑星はカラヤン以降指揮者が好んで演奏し録音も多く残された。
手元にあるCDとLPだけでも
CD
サー・ゲオルク・ショルティ/ロンドンPO(1976年)2枚買っちゃった。
e0166734_2214347.jpg


ジョン・エリオット・ガーディナー/フィルハーモニアO(1995年)通常盤とSACD盤
e0166734_22145984.jpg


ジョン・ビクトリア・ユウ/フィルハーモニアO(1998年)
e0166734_2215279.jpg


LP
サー・エードリアン・ボールト/ニュー・フィルハーモニアO(録音年不明)
e0166734_22155937.jpg


小沢征爾/ボストンSO(1979年)
e0166734_2220593.jpg


ギョルグ・ショルティ/ロンドンPO(1976年)原盤はCDと同一
e0166734_22212125.jpg


珍しい盤としてアントニオ・デ・アルメイダ/モンテ・カルロ歌劇場O
e0166734_2223101.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2010-01-31 22:35 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

一転静かな砂丘

若さがいっぱいだった昨日の賑やかさがウソのような砂丘
そんな砂丘にも今日は今日の表情がある。
小さなさざ波のような風紋が控え目に、少し場所が変わると微妙に変化する。
e0166734_2055839.jpg

e0166734_2061624.jpg


やや!古いたき火痕 炭の一団が砂に埋もれかけている。
砂丘でたき火は禁じられている筈なのに。
まさか古代人が火を使った痕では?
e0166734_20135735.jpg


目を遠くに転ずると昨日のロケ現場は無限の足跡が模様をなしていた。
e0166734_2071985.jpg


穏やかな砂丘とたわたわとした海。
でも北風がフーッと吹けば無数の足跡もたちまち消えてしまうだろう。
e0166734_201250100.jpg


砂丘縁の松林には小鳥たちが囀っている。
チュルチュルチー チーチーと合奏
目を凝らして姿を見つけようとするのだがなかなか見つけられない。
e0166734_2095913.jpg


ツグミは警戒心が薄いのだろうか、2メートルくらいから撮れた。(昨日)
e0166734_20103530.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2010-01-31 21:00 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

カーボン・オフセット シンポジウム

~森林資源を活用した地球温暖化防止対策~
13:30~16:00 とりぎん文化会館 第一会議室
鳥取県主催

まず事例報告が全日空/五嶋八州雄氏から
ANAのカーボンオフセット取り組みが報告された。
カーボン・オフセットとは企業がCO2排出分をその企業の責任において
森林の育成回復等に資金を振り向けることである。
2008年11月に認可を受けてスタートしたのだが、
ヨーロッパではこれに先んじること数年前に行われていた。
他の事例でも感じることだが、我が国の環境意識は欧米のそれに較べて
ひょっとすると20年くらい遅れているのではと思ったことがある。
e0166734_1949455.jpg


次いで
講師/小林紀之氏(日本大学大学院 法務研究科 教授)による基調講演。
「森林資源を活用した地球温暖化対策の最新動向」と題して大変参考になる話を聞いた。

この後、塚本愛子氏(環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
室長補佐)の司会で鼎談が数十分行われた。
e0166734_19502345.jpg


今までの知識に加えて持論の補強をさせて貰うと同時に、
エネルギー活用に関して横のつながりを持たせた
広角的視点が欠かせないことを再確認した。
[PR]

by tomiot3 | 2010-01-30 21:00 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

ヘリ撮影本番

今日は予想に反して曇天、それに寒いと来ている。
9時半頃砂丘の現場に直行、
なんだか貸し切りバスが数台、なんだろう?
現場に行けばたちどころに理解出来た。
今日の撮影は女子高校生を大量動員して行われようとしていた。
スタッフも大勢、ワンシーンを撮るのにもこれだけの人の手を煩わすわけだ。

曇天でコンディションが余り良好とは言えない。
140名ばかりの女子高校生が三角形に陣形を組んで
号令いっか一斉に駆けり次の合図で三回する。
これを上空30mくらい上空から撮影するのだ。

これを何遍繰り返したか、学生服だけではさぞ寒いことだろう。
昼前にお日様が現れたので、チャンスとばかり全部取り直したようだった。

これはサントリー飲料の広告に使われるそうだ。
いずれ皆様は上空からの砂丘と少女軍団を観ることになるだろう。

結構寒かったがまったく退屈しなかった。
e0166734_2085597.jpg


e0166734_2093539.jpg

e0166734_2095812.jpg

e0166734_20101714.jpg

e0166734_2010416.jpg


遠くから眺めるとこう
e0166734_20111655.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2010-01-30 21:00 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

コルトーホール

下関市川棚温泉地におしゃれなホールが誕生したようだ。
アルフレッド・コルトーはフランスの名ピアニスト(1877~1962)
我が国にもコルトーの薫陶や影響を受けたピアニストは少なくない。
その名を冠したホールだ。
e0166734_21395532.jpg


コルトーは1952年にの来日に際して川棚温泉に宿泊し、
「永住したい」と洩らすほどこの地を気に入ったらしい。

設計は建築家隈研吾氏、見るからに未来的な外観だ。
内容がつまびらかでないのでなんとも言えないが、
興味有るホールの誕生だ。

音楽による街づくりを目論んでいるようで
川棚・コルトーホールの竣工式と音楽祭が去る17日に行われた。
ピアニストはコルトーが創設したエコール・ノルマル音楽院の教授でもある
ピアニストの中沖玲子氏とエコール・ノルマル出身のピアニスト広瀬悦子氏
でオープニングを飾った。

機会をこしらえて行って見なくては。

エコール・ノルマル音楽院と言えば村治佳織さんの留学先だった。

コルトーのCDを早速聴いてみよう。
そう言えば梯剛之さんがコルトーにご執心で
我が家にお出での時チラッと聴かれたことがある。
[PR]

by tomiot3 | 2010-01-29 21:36 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

砂塵とヘリ

早朝の砂丘は穏やかな表情だったが
e0166734_1311921.jpg


昼前には北西の風が強まって馬の背辺りは砂塵を巻き上げていた。
e0166734_13183041.jpg


撮影地点付近は防風林が効いていてこれくらいの風では砂が舞わない。
e0166734_13132935.jpg


帰り際に駐車場で7、8人の集団が小型ヘリを囲んで作業中だった。
即座に興味がもたげてきた。
“写真撮らせて貰っていいですか”
OKが出た。明日コマーシャル用の砂丘上空撮影を行うという。

色々と尋ねたり、冬の砂丘の気象などのことを聞かれたりした。
e0166734_13121029.jpg


e0166734_13144935.jpg


e0166734_1316555.jpg


模型ヘリを開発したのはドイツだがドイツは模型で終わった。
日本は模型の域を脱して実用ヘリに進化させた唯一の国なんだって。
かっては製造会社は三社有ったが、今は2社だそうな。
そのうち一社は大手のヤマハ発動機だ。
何年か前に禁輸対象国の北朝鮮に渡ってえらいことになった。

ちなみに幾らぐらいしますか?
機体は350万だが
ローターの操作部をジュラルミンで削りだし加工したのが
200万 

隣ではカメラの装着準備が進んでいた。
カメラはキャノンだったが、
これは幾らぐらいするんですか?
本体が100万くらいで、レンズがカールツァイスで200万、ヘーエ!
これでハイビジョン動画撮影するんだって。
e0166734_13164755.jpg


スタッフの皆さん
e0166734_13171614.jpg


今日は風が強くて飛ばすことが出来ないだろう。
明日は9時頃から始めるんでどうぞと誘われた。
また楽しみが増えちゃいました。
皆さん東京からのお出でだった。

このヘリにしてもそうだが、日本の得意点が如実に表れている。
オタク的にとことん突き詰めて物づくりをする。これがニッポンだ。
他の工芸や芸術にしてもそう、アニメにしてもそう、
この特性は農・漁業でもそう思うし、単に経済性採算性を
超えたところに日本の生きる道があるように思えてならない。
だからスパコンが世界第二位ではいけない。
とことん第一を目指すのが本道というものだろう。

後は組織やシステムネットづくりが克復しなければならない点だろう。
やっぱり根本はひとづくり、そのまた根っ子の教育だ。
[PR]

by tomiot3 | 2010-01-29 13:31 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

砂丘の沖合

砂丘から眺める日本海
いつでもどんな時でも決して同じ表情ではない。
似ていても必ずどこかが個を主張している。
今朝の気温は比較的温暖だが空はどんより
回復に向かっているだろうと傘無しで出かけた。
砂丘をいつもの角度で収めて、沖合に目を移すと
沖合Ⅰキロ位だろうか厚い雲のベルトから雨幕が下がったよだ。
それはまるで生き物のようでもあった。
こりゃ雨にやられるぞ。
急いで退散したが途中で雨の先遣隊に捕まってしまった。
e0166734_19101967.jpg

e0166734_19102781.jpg


雨には打たれたくないが、迫り来る雨幕は迫力満点
童心に帰ったように戯れたくなる魅力がある。
[PR]

by tomiot3 | 2010-01-28 21:00 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

音の便り Ⅴ

旧神戸国際会館はあの阪神大震災で壊れた。
神戸再興の象徴の一つ、フェニックスのように蘇った。
その中心的存在の こくさいほーる
2112キャパの大ホールは3階席まで設えられている。
形状的にはごく普通のホールで内装が赤っぽくてやや異様な感じもする。

震災前にここでオランダのラ・プティットバンドを聴いた。
客席が横に広がるホールの音は決して良いとは言えなかった。

新しいホールは以前ほど酷くはないが、誇れる音と言うことではない。
催し物もクラシックは多くなくて演歌・ポピュラーの類が主体みたいだ。

神戸には他に
神戸市室内合奏団の本拠地となっている神戸文化ホール
神戸朝日ホール、神戸新聞松方ホールがある。
震災被害を免れた神戸朝日ホールにはゲルハルト・ポッセ指揮神戸室内合奏団を聴き
一日も早い震災復興を祈りながら聴いた。
また神戸新聞松方ホールでは梯剛之さんとアンサンブル神戸の共演を聴き、
終演後梯剛之さん、お母さん、先生のDvorak=Weisshaar教授を鳥取まで
車でお連れした想い出が昨日のように思い出される。

神戸室内合奏団は震災後、少しでも復興のお手伝いをと有志一同で
鳥取の梨花ホールを提供し練習と本番演奏を企画実行した。
あの頃は私もパワーが有り余っていた。
こう書いていると忘れかけていた記憶が次から次へと蘇ってくる。
そしてエピソードなどを挿入すれば結構膨大なものになってしまうだろう。

梯剛之さんを神戸に迎えに行った時のこと、練習会場を提供して頂いた
教会との往復を幾度もしたこと、そこの方達と食事を共にしたこと。
あー想い出は尽きない。
[PR]

by tomiot3 | 2010-01-28 21:00 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

天気晴朗なれど こりゃ酷い

降霜 ピリッとした空気 身の引き締まる思い
いつもより遅起き でもこんな朝は逃したら駄目だ。出かけなくちゃ。
大山もくっきりのようだ。良しとカメラを構えたら電池装填無し、
そうだ昨夜充電のため外していたんだ。
バカなこった。途中で引き返して出直し。
今年一番のくっきり大山、草も砂もビロードのような霜を被っている。
こんな朝も大好きだ。
e0166734_1915116.jpg

e0166734_19205.jpg

e0166734_1921498.jpg


次のウオークの時も大山がくっきりと浮かび上がっていた。
妻をともなってゆっくり、帰りの市道沿いを晴々と歩く。
残念ながらポイ捨て缶やらが矢鱈目に付くのがなければ。
ところがである。うわー酷いのを見ちゃった。
与謝野碑歌碑近く道路脇のブッシュに缶類が大量に捨てられているではないか。
100個以上はあるだろう。どう始末しよう?
e0166734_1971975.jpg


単体は常時この道路の通行者が車から棄てるもののようだが、
これはあんまりだ。

先日のマットと言い、この辺りは本当にゴミ投棄指定場所だ。
どんのような人間がこんな事をするんだろう。

今日は物質のほか、生き物も棄てられた。
やはり与謝野歌碑のところ、朝ご夫人の車が駐まっていたが、
その人がそうだとは断定出来ないにしても
猫一匹ニャーニャーと。昼前も夕方もこの辺りをうろうろしながら。
人間様って困るなー。
生き物もゴミも捨て場メッカなんだ。

野良猫フィフス
[PR]

by tomiot3 | 2010-01-27 21:00 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

音の便り Ⅳ

兵庫県立芸術文化センター出現のショック
関西には大阪のほかには
びわ湖ホール京都コンサートホールなどが関西音楽界の牽引に
一役買っている。その他にも尼崎アルカイック、宝塚ベガホールなどが
それぞれの個性を発揮していた。
ところが兵庫県立芸術文化センターが2005年10月出現してから
関西の模様に大変化が生じたようだ。
(大ホール:2001席中ホール:800席小ホール:417席)
佐渡裕を芸術監督に据え、専属の管弦楽団を併設するなど
他に例を見ない充実ぶりのセンターが誕生した。
阪急西宮駅にほとんど隣接の地理的好条件もさることながら
次々打ち出す新機軸に関西中の注目を浴びて、
売り出すチケットは完売という現象を巻き起こしたようだ。

オープニング初年に20名余りで徒党を組んで「ヘンセルとグレーテル」オペラ鑑賞に出かけた。
そして舞台裏なども見学させて貰った。
お菓子の家のセットなど フーム 間近にセットや衣装を見ることなど
ほとんどの人が経験がない。だから同行の友に大変喜ばれた。
これは日下部吉彦先生のお世話があったからだった。
もう一度「魔笛」を団体鑑賞と相成った。
小ホールも素敵で長岡京室内アンサンブルを堪能した。
「四季」だったかな、団員の谷本華子さんのヴァイオリン独奏が印象的だった。

ここ兵庫の催しは逐一確認している。
余裕さえあれば再々出かけたい催しものが多くて誘惑的だ。
[PR]

by tomiot3 | 2010-01-27 21:00 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)