<   2011年 04月 ( 56 )   > この月の画像一覧

連休を忘れた

体調が普通なれば、春の連休も気になるところだが、
柳茶屋キャンプ場辺りまで、軽く歩いた。
キャンプ場はどえらい賑わいだった。
あーそうなのだ、連休なのだ。

木はすっかり薄緑の葉っぱを揃えてきた。
少し桜の養生をしながら、樹間を抜ける気分は命を沢山貰ってるようだ。
空気が旨い。

早くお腹の宝石を取り出してしまわないと、
なんとなく鳩尾辺りが重たくて、しくしくする。

胆嚢結石
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-30 20:56 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

若冲はすごい

四回に亘って放送されたミラクルワールド若冲
なにもかにもが驚きと感動だった。
今日は最終回の水墨の世界。
単なる水墨ではない秘められた技巧と精神世界。
京都大火で焼け出され、豊中の寺に居候した襖絵はまさに集大成のようだった。
表は終生描き続けた鶏の色彩画、裏は蓮を描いた水墨画。
凛とした鶏は苦難を乗り越えて以降とする姿、
枯れて朽ちようとする蓮の葉と華の向こうには、
すっくと若い芽が起ち上がっている。
これは多分京都大火の災難を受けた人々への励ましのようでもあった。
現代に置き換えると、それは東日本大震災そのものではないか。

最晩年のクジラと象の屏風絵の大きなスケール、ユーモラスが
まだなお未来を見つめようとした若冲を象徴しているようであった。

不世出の若冲、二人と現れることがないであろうモーツァルトのようでもある。
何故若冲のような天才が現れたのだろうか。時代なのか、それとも・・・・。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-28 22:16 | 文化・芸術 | Trackback | Comments(0)

市庁舎移転問題 もっと大切で急ぐもの

安全都市
いつ襲い来るか判らない天災に対して、
あらゆる可能性を排除せずに、市民の安全と都市機能を堅持するべく整備すること。
つまり新しい街づくりを2核2軸という従来の骨格を重視しながらも、
この狭い範囲だけでなく、市街地、郊外、中山間地、僻地を抱えた
都市としての再構築を行うべきである。

快適都市
2軸2核構想はどちらかというとどこの都市でも考えそうなデスクプランである。
市民の意見或いは市民教育が成された結果のものでもなく、
一部の人々による情熱と展望無き机上の空論に近い。

その様な都市ではなく、もっと未来的な個性豊かな都市を目指すべきである。
全国どこにでも有る個性無き都市などにもうお金を使わなくても良い。
殊に今回の東日本大震災を受けて、
都市というものをもう一度見直す良い機会が与えられた。

市庁舎建設に待った
しこうしてかかる市庁舎建設などは未来都市構築の為に支障そのものである。
耐震化について再度(本当は最初かも)検討して、
どの様な方法があるか早急に結論し、かつ早急に耐震化するのが、
市政の停滞を無くす為に必要だろう。

裁判所、県庁と中央病院の耐震化もほぼ終わった。
後は市庁舎である。
市庁舎は県庁舎よりも新しいことを申し添える。

学校、公民館など人々の集積しやすい場所の免震或いは耐震化も急がれる。

現状では資材調達もままならない、
さらに有力業者は東北地方に吸い寄せられるだろうし、
耐震化とてかなりの困難性すら懸念される中、
資金調達、実施など総合的に判断すれば、
市当局とて今新築に向かうべきでないと判断されるに違いない。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-27 21:47 | 市庁舎はどうなる | Trackback | Comments(0)

原発の将来

先の地方選挙が終わった時点での品川区長と都知事の談話は象徴的だった。
新品川区長は脱原発を掲げて当選した人、
徐々に現状の原発依存を太陽光などの自然循環エネルギーに変えて、
最終的に原発を無くそうとの発言。
これを受けて再選された都知事は、
とんでもない太陽光などで原発に代替えできる訳がない。と言いきった。

どちらにも一歩の真理は有るのだろう。
だがやはり人類の存亡がかかるリスクは排除しなければならないのでは。

太陽光や風力だけでは安定した大東京の電力を賄いきれないのはごく常識的な見解だ。
だがここで人類の叡智を発揮して克復しなければならない使命があるだろう。
口を酸っぱくして申しているように、
あらゆる可能性の追求とゆるぎ無き研究開発を行くことと、
消費エネルギーの大幅な削減を図ることによりバランスの取れた都市構築が出来る。
日本列島及び大都会は余りにもエネルギーを浪費してきた。
この克復は発電源をさぐるよりも大切だろう。

都知事の見解も現状を見れば、明らかにそうである。
だが悲劇的な福島などに何故原発を押しつけたままで居られるのか聞きたい。
東京湾岸に原発を配置しますか。冷却水は充分有りますよ。
地震発生リスクも代わりませんよ。
もうひとつ都市機能移転を分散又は移転されたらどうですか。
直下地震に襲われる可能性が否定できない大東京。
先般のパニックどころではないですよ。
東京壊滅は日本潰滅をも意味するではありませんか。

ひとつの救済、幸い東京の地下は温泉が出るくらい地熱資源に恵まれている。
無限とも言える地下熱エネルギーを利用しない手はないでしょう。
当面、太陽光の弱点を承知で、各戸、各ビルに太陽光パネル設置を義務付け、
スマートシティ構築をするぐらいやったらどうですか。
小・中規模の天然ガス利用の燃料電池発電所を都心の各所、
つまりビルの地下変電所に併設することも出来る。
又温水を得るために旧来技術の太陽パネルだって総動員すればよい。
都市の主な負荷は冷暖房、照明そして運輸機関であるから、
少なくとも冷暖房、照明負荷に対しての対応は十分出来ると確信する。

原発は低炭素社会実現のエースとして注目されたが、
使い放題の浪費を止め、当面は天然ガス火力などで凌ぐ方がまだマシだ。

二人の談話は、政府も国民も十分吟味するに値する。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-27 21:23 | 多論好論 | Trackback | Comments(0)

一難去る

昨日は不安な一日だった。
大病院を紹介され、今日病院へ。
血液検査用採血を6本採った後、生まれて初めてCTトンネルを潜った。
あっけなくとても簡単に済んで、
その結果の診断は、胆嚢結石が主たる原因と判明した。
肝臓と疑われ、肝癌も想定していたので、先ずはホッと胸をなで下ろした。
さらに胆管を詳しく調べるために、来週再びMRIで検査予定だ。
まだ安心するのは早い、一難去ってまた一難にならないよう祈るばかり。

今日は即入院覚悟で準備よろしく入院グッズ一式を持参し増したが、
取り敢えず不要なのがよかった。

震災地の方々の苦難を思えば、まだまだ天国だよね。

どの道、胆石は取り除かねばならないのでいずれ入院だろうが、
そうなると様々な支障と制約が生じるので、
それまでにある程度片付ける時間が貰えたことが、嬉しい!

夕方、すっかり体重も落ちて鈍った身体を気遣いながら、
三日ぶりに自転車道の途中までぶらりとした。
遅咲きの山桜が白く可憐な花びらを地味に咲かせていた。桜君こんにちは。
脂肪の蓄えをまた少しずつ回復しよう。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-26 21:37 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

ご心配おかけします

寝込んでいる訳では有りません。
かかりつけのお医者様に明日来院するように、
余り活動しないように言われて居りますので、
ちょっと行動を控えています。
色々と考えること、やりたいことが順番待ちなのですが、
今は無理をしないで、先々の為にエネルギーを貯めています。
畑も気になる事のひとつで、キープ済みの夏野菜苗を植え付けてしまいたい。

元気印だと思っていた自分の奢りでしょうか。
きっとお叱りを受けたのでしょう。

怒らずに穏やかな気分で過ごしたいと思いながらも
民主党の体たらくにはご立腹です。
国民への裏切りというのは、過言でしょうか。
とにかく菅首相のトロンとした眼付には失望の極みです。
震災復興と日本新生のために然るべき人と交代して欲しいです。
統一地方選挙の結果は、表明する機会を与えられたようなものです。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-24 22:43 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

健康が一番

体調不良で普段の半分位歩いてはみたが、
点滴で栄養補給の状態ではスピードもゆっくり。
天候も夕方以降涙雨になった。

今日はこれで失礼します。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-22 23:24 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(2)

ランラン砂丘

どこの中学校かな?
砂丘トンネルを潜って、砂丘一里松、キャンプ場方向へ
自転車道に永い列。
賑やかで明るい声が晴れた空に消えて行く。

我等は一段上の道を反対方向に進行していた。
すると女子生徒たちが、手を振ってコンニチハーと叫んでくれた。
どこの中学生か判らないが、多分市内の?校かな。

多鯰ヶ池探勝路を進み、覚寺道の絶景ポイントを過ぎると
多鯰ヶ池と砂丘と空のコンビネーションは、いつ見ても絶景だ。

やがて梨園の花盛り、10人くらいの人々が筆刷毛で花粉づけの真っ最中だ。
天候の良いときに、やってしまわないといけない作業、
だから気持ちは随分先を行っているだろうが、
なにやら雑談をしながら手は着実に動いている。
明日は天気が又崩れそう。終えることが出来るだろうか。

砂丘のレストランでカレー昼食、看板はとても美味そうだった。
実は海鮮丼を食べるのを目的としたが、木曜定休とはご存じ無かった。
(僕はお腹の調子がイマイチで指をくわえていた)
ちょっとなめてみた。カレーのまちも?
本当のカレーらしいカレーを食べられるところは、5本の指だけ有るかどうか。

帰りは自転車道を中学生たちが、かなり早い速さで帰校を急いでいた。
後を追っかけるように来るので、我等もついスピードを上げざるを得なかった。
要所要所に先生が配置について、進行方向の誘導を行っている。
体格の良いひげ面の外国人男性が立っていた。
“こんにちは 天気が良くていいですねー”流暢な日本語だった。
他の箇所は女性外国人も立っていた。
皆さん英語講師なんだろうか?

せっかくビデオカメラで撮影しても、
先日からメモリースティックからの読み込みが出来なくなってしまった。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-21 21:00 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

とかくこの世はままならない

4月のこの頃になってもこんなに気温が下がるものか?
いつまでもコタツを仕舞うことが出来ない。
東北地方は雪が降ったし、季節外れの樹氷がキラキラ輝いていた。
被災者の皆さん、元々寒さには強い方達だろうが、
不自由な暮らしの中の暖だけでも充分取られているだろうか。
ところが明日の当地は20℃まで気温が急上昇するという。
これはとても有り難い。

福島・三春の滝桜も見頃を迎えたようだ。
例年に較べて花見客がとても少ないそうだ。
それでも品川ナンバーなど遠隔地からのお客さんも居るそうで、
地元の人にとってはとても有り難いことだとおっしゃっていた。
今年は無理だが、元気なうちに見ておきたい桜のひとつだ。
来年行けたらいいけど。

このところ我が家の給湯器が故障で不自由しているが、
24年使ったから、もう寿命かな。
震災地の事を思えば我慢できるといい聞かせているが、
昨夜は日乃丸温泉のお世話になった。
大衆風呂もいいもんだ。

さてソメイヨシノや早咲きの山桜の出番は終わった。
ぼちぼち八重桜や遅咲き山桜の出番が迫ってきた。
山桜は個性が強くて、芽吹きも本当にまちまち。
毎日の朝昼夕に芽吹きを眺めるだけでも退屈しない。

今朝タラの芽が僅か十数分の間に消えた。
往きがけは無事を確認したのだが、目的地まで足を延ばして
その帰りにはもう姿が消えていた。
この芽は採取せずに樹を伸ばしてやろうと残していたのに残念。

昨日来アナグマの姿を確認していない。
知り合いの猟師に伝えるべきかどうか思案しているところなのだが。
再々見ていた姿が見えないと、どうしたんだろうと気になる。
餌を求めてお出かけなのかも知れない。

遊歩道の樹間から砂丘をちょっと遠くで眺めるってこれまた素敵。
言うなれば額縁に嵌めたが如くの様々な風景が楽しめる。
その修景を邪魔する枝だなどを少しだけ整理して回った。
午後は陽光に照らされた黄金色の砂丘だった。

ビデオカメラの静止画カードからどうしてか画像を移転できなくて?
デジカメはメーカー送り中だが、砂が噛んでいると言うことで、
きっと砂丘の砂なのだ。砂塵舞う日は気をつけないと。
無償から有償修理に変えられてしまった。
無いと不便なので、泣く泣く了承。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-20 22:03 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

鳥取市庁舎移転問題

市庁舎を眺める度に、
エッこれを建て替えるの?
外見上、耐震化すれば充分絶えられることは素人でも判る。
耐震化、免震化など様々な工法を駆使すれば、
市側の言う、寿命65年説も根拠がなくなっている。
65年というのは、
建物が65年経ったらハイ・サヨナラという意味ではにのである。
その時代に合わせて、凌いで凌いで大事に使うという姿勢こそ必要だ。

一市民としては、百年でも二百年でも使えると確信している。
口を酸っぱくして申しているように。
今その時ではない。これに尽きる。

東日本大震災を受けて尚更やらねばならない事がある。
耐震性が疑問ならば一刻も早く耐震・免震化をせよ。
鳥取だっていつ起こるか判らない災害に対して、
市庁舎よりも市民の安全を完璧に確保できる街づくりをせよ。
東北地方の街づくりの方向性を取り入れた街づくりも必要だ。
集落の過疎、究極の限界集落を産み出した社会構造を見直せよ。
だから市街地のみに力点を置くことも反対だ。
大合併の検証も必要だろう。
市庁舎を新築すれば、決して鳥取市が盤石の街になる訳ではない。

東日本関連で種々提案していることは、即鳥取にも当てはまる。
重ねて言う。市庁舎は建設計画を中止して白紙撤回せよ。

おそらく東日本復興新生のため巨費は、
当然のように地方の交付金等に影響を与えることを念頭に入れなければならない。

今夕、久松地区の公民館で「鳥取市庁舎新築移転に関する集会」が催された。
さて今後の動向は。
熱い市民運動の盛り上がりを!
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-18 21:58 | 市庁舎はどうなる | Trackback | Comments(0)