合唱されど合唱

去る21日(日)梨花ホールはマル一日が合唱が鳴り響いた。
鳥取県合唱フェスティバル&コンクール(県合唱連盟主催)である。
部門が中学、高校、大学、一般とあった。
それにフェスティバルとして少年少女合唱の取り組みは伝統となってきた。
合唱と一口に言っても、多種多様で部門や、
団体でのキャラクターは大変な違いである。

中学部門は私がリードしていた頃、大変力を入れた部門であるが、
各学校というか、地域の教育行政鏡のような存在で、
そのことが如実に反映される部門である。
ちなみに我が県では、クラブでなく選択音楽つまり授業の一環として、
合唱が行われ、出場してくる団体が未だに多数を占めていた。
これはこれで大いに評価する面もあるが、
やはり指導の徹底や練習量に限界があるのだろう、
だからレベル向上には困難性が見えた。
本当のことを申せば、なんと申しても指導者の向上につきる。
参加校:7校

高校の部門では、かねてより向上の兆しが見えていたが、
各校とも涙ぐましい努力の跡がうかがえて、大変嬉しかった。
指導者の合唱への取り組み姿勢が想像できた。
この高校部門の進歩は、荒廃の中学部門に影響を与えるであろうし、
後の大学や一般への合唱人補給の要となるであろう。
参加校:7校

大学部門は全国的に退潮の一途をたどる傾向が以前からうかがえる。
そうした中にあって、鳥取大学の踏ん張りはかねてより評価していた。
だが競争のゆったりした環境、加えて保守的な志向傾向が、
一番の障壁かも知れない。
参加団体:2

一般部門は合唱仕上げの世代として、
その県の合唱レベルの最終指標になるところである。
鳥取県合唱連盟が創立されたのが、1962年(昭和37年)。
この時の創設者諸氏の強い意向で発足した混声合唱団が
今の鳥取市民合唱団である。
だから連盟と同じ歴史を歩んできた訳だ。
この半世紀の間、浮き沈みを経験しながら、或いは合唱機運の
変化に曝されながら、兎にも角にも踏ん張ってきた歴史の重みがある。
今年の場合、県内合唱を音楽として捉えられる数少ない演奏であった。
好むと好まざるにかかわらず、その期待は重くのしかかるであろう。

いわゆるアマチュア合唱であるが、
「ひとたびステージに立てば、アマもプロもない」
これは我が国合唱界の巨人であった高田三郎氏が
市民合唱団に贈った言葉である。

少年少女合唱も相変わらず頑張っている。
これも指導者有ってのことであって、感謝の言葉を贈りたい。
鳥取、米子、境港二団体が存在するが、
倉吉から消えて久しい。さびしいな!
e0166734_21235924.jpg

山陰少年少女合唱団リトルフェニックス

人の声程美しいものは無い。
合唱の素晴らしさをひとたび体験した人は人生の歓びを知る。
だが、真の合唱に触れた人は少ない。
ホール中に響くハーモニーは背筋をぞくぞくさせる。






 
[PR]

by tomiot3 | 2011-08-29 21:26 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

住民投票条例、否決さる

鳥取市の将来に暗雲垂れ込める
鳥取市の民主主義は消えたか。

本日、鳥取市議会において、鳥取市庁舎移転にかかる
「住民投票条例案」が13対22で否決された。

5万有余の市民の声が完全に無視された訳だ。
市長はじめ上杉議員他21名の議員は、口では5万の意志を重く受け止めると
言いながらも、実際は軽く受け止め市民を愚弄した。
その理由たるや、重箱の隅をほじくったような御託を並べた屁理屈だった。
そして委員会と議会を傍聴した人々は、
議員たちのレベルの低さ、形骸化された議会機能に呆れかえっていた。
要するに議会に求められるチェック機能が麻痺している。

市民一同はこれでくじけることなく前に進むだろうが、
今一度反省しなければならないことがある。
それは先の市会議員選挙において、今回の反市民的な議員を当選させたことである。
これはひとえに市民の責任である。
選挙の大切さを思い知った一日だった。
今回条例案に反対した議員諸氏を忘れなてはならない。

もうひとつ
彼等は鳥取市の将来像をどの様に描いているのだろうか。
市の財政状況がどの様な軌跡をたどるか理解出来ているのだろうか。
あーこれらの人々に任せられない。
議長を含めると36名の議員数。
これは多すぎる。無能な議員を多く抱えるだけだ。

建設費を100億円と標榜しているが、
おそらく周辺整備と現庁舎等の整理を含めると限りなく200億円に近づきそうだ。
一方、耐震、免震、減築などいずれの手法の場合、
十数億円以下で可能という。市側が説明してきた改修費28億円は如何なる根拠で
はじき出されたのか。
私見!建て替え建設費は低めに、耐震化改修費は高めにの意図が見えてくる。

鳥取市の将来に暗雲が垂れ込めた一日だった。

何度でも言うが、
耐震化、免震化などにより幾十年、幾百年でも使おうとするのが、
市民への献身である。後世代への負の遺産は残すべきでない。
近年の市の公共投資(土木)の乱発は何を物語っているのだろうか。
行政手法などのソフト改革により、庁舎の形態はきっと変革がある。
こうした視点からも性急に庁舎を建て替えるべきでない。
[PR]

by tomiot3 | 2011-08-23 21:00 | 市庁舎はどうなる | Trackback | Comments(0)

もったいない!!

県都鳥取市のまちづくり
 市庁舎は耐えて使おう “もったいない!!”
 いま鳥取市庁舎の新築移転を強引とも取れる手法で事を急いでいる。一体この県都鳥取市の未来都市構想はどうなっている。
 この間、未曾有の東日本大震災が惹起した。われ思う。全エネルギーを東日本に集中させる。つまり赤字国日本の財政状況の中、国の財源のありったけを振り向けて未来都市のモデルを再興させることに集中する。その一つとして市庁舎移転新築を白紙に戻す。
これは超格安な耐震化工事で充分耐えうると判断した上での見解である。
 新生東日本の村や町のモデル都市復興の内容と進行を見極めながら、モデル以上の或いは同等の鳥取都市構想を再構築し、その一環として都市の核としての市庁舎の現位置を基本として検討されて然るべきである。
 戦後日本の建築物はスクラップアンドビルドの思想の元に、古きものは壊すという安易な方向性に支配されてきた。凌いで凌いで使い切るという古き良き日本を風習をかなぐり捨て、ひたすら土建国家形成の中心的存在である土建屋さんに献身的奉仕を貢いできた。いわゆる日本のまちづくりはこの思想を受けて、以上とも思える短期周期のスクラップアンドビルドを行い、財政を圧迫し、ひいては住民への負担を強いてきたことになる。
民間公共を問わず数十年も経てば取り壊しとなる例あまりにも多いと言わざるを得ない。
 地震国日本では新たな大地震が発生される毎に、耐震基準が見直される。だからその新耐震基準に照らすと耐震化が評定され、要耐震化が求められることは必定である。だからと言って耐震化が不可能と言うことはあり得ないのである。ことに高度に進んだ土木技術を有するわが国では、耐震化、免震化工事はすこぶる容易に行える。つまり古きものを大切にの思想が基本に有れば、改築などと言うことにはならないのである。「それ大変だ建て替えよう」これは一体どうしたことだ。これではまるで耐久消費財の域を出ないではないか。数十年周期で粗大ごみを生産し、廃棄し、環境を破壊し、世代を超えた永続的な資産の蓄積を無にしている訳だ。これではいくらお金があっても堪らない。真の豊かな社会構築が出来るわけがない。
 長年馴染んだ景観の保持も大切なまちづくりの基本だ。現市庁舎とそこに成り立った文化の一部である景観修景をいとも簡単に破壊しても良いものであろうか。ここに市民の習熟度が試される。こうしたことの市民への投げかけは一切無かったと言える。何時どう仕組まれたかの疑問に答える暇もなく、耐震診断の詳細が市民に知らされないまま移転新築有りきで急浮上した。潜水艦が深海から急角度で浮上したのに似ている。耐震診断そのものへの疑義、それを検討した有識者どもの見解、その前段でそもそも有識者と言われる人々への疑義。
 中心市街地活性化が叫ばれて久しいが、これこそかけ声ばかりで空しい。時折断片的な施策が飛び出してくる。五蔵円ビル、わらべ館周辺電線地中化、駅前太平線通りの大アーケードなどがひょこひょこ出て来る。一貫した市街地の再整備再構築などの話題が聞こえないのは何故だ。ちまちました小間切れ事業が、むしろ本来のまちづくりの支障に成り無駄な投資として評価されるであろう。これでは県都鳥取の資産の蓄積など絶望となる。
資産の蓄積は100年、200年の大計である。
 過去の公共建築、すなわち学校も役所も駅舎も勝れたランドマークたらんとする存在意識に欠けていた。この様な建築物が鳥取に存在しないことは非常にさびしく残念なことである。市民の誇りとなるまちづくりが求められる。市民が憩え、愛する街は、きっと他所からの人々の憧れとなり、砂丘を代表格とする仕掛けを持った鳥取市は一層の魅力を増して、「オアシス都市鳥取」を合い言葉に、千客万来となるであろう。高尚な建築物による整然とした街並み、ゆったりとした都市公園、緑の中に埋もれる未来都市鳥取。これは別項で述べる低エネルギー消費都市に加えて、スマートコミュニティー→スマートシティーへの連動する。
 街の緑は快適都市に欠かせない。、地球温暖化の傾向著しい昨今、加えて都市熱(ヒートアイランド)への根本対策を今からでも行わなければならない。現に市街地と郊外では1から2℃の温度差がある。
「オアシス都市鳥取」とは市民がそこに活きるために欠かすことが出来ない仕掛けと認識されるのは何時のことであろうか。
その為にもスクラップアンドビルドの思想を一刻も早く破棄しなければいけない。市庁舎建て替え論議はまさにこの真っ只中の問題である。
 市庁舎は耐震化で充分耐えられる。たとえ将来耐震基準が改訂されようともこれらを克服することは可能である。一世代毎に建て替えられたら堪ったものではない。今後100年でも200年でも使おう。時代のニーズに合わせた改造だって実施すればよい。
それが市民への最良のプレゼントだ。
[PR]

by tomiot3 | 2011-08-22 05:25 | 市庁舎はどうなる | Trackback | Comments(0)

ダウラサロンはいい感じ!

ヴァイオリニスト下田穣を迎えた昨夕のダウラサロンは和やかな空間であった。
e0166734_20215525.jpg

バッハのパルティータ第3番から「プレリュード」「ロンド風ガヴォット」
演奏中の程よい緊張感が堪らない。
間近にブレーシングや弦とボーの擦弦の音までもが聞こえる臨場感。

彼のこの度のプログラムはバロックと現代曲に絞られている。
だから後は、ツィンマーマンとブーレーズが相次いで披露された。
現代曲は当地においても決して馴染みのある曲ではない。
だから若干の解説を加えることをお願いした。
応えて、若者らしい誠実な楽曲解説をして下さったが、やや専門的だったかも知れない。
参考のために楽譜まで用意していただいたが、その複雑な譜面を拝見するほどに
演奏そのものの難度が解ろうというもの。
人々は感心することしきりであった。
そして多彩な技巧と音色に酔いしれた今日のお客様は、
以降ずっと下田穣ファンで有り続けるだろうと予感した。

演奏を終えた後は恒例のお茶とケーキで交流会。
今宵も楽しい20名余りの集いであった。

お客様から突然今夕演奏しなかったイザイの無伴奏ソナタの演奏要求が起こった。
いきなりのことであるにも拘わらず、即応するその気前よさ。
実に感銘深く、見事な演奏が辺りの空気を圧倒した。
心残りをひきながらも大満足のうちにお開きとなった。

今秋からはドイツフランクフルトの
インターナショナル・アンサンブル・モデルン・アカデミーで研鑽を積まれる。
当分は現代曲の奥義を究める修練を積まれるようだ。
次回は来年の再会が可能であろうか。
期待して止まない。
[PR]

by tomiot3 | 2011-08-09 21:00 | コンサート | Trackback | Comments(0)

下田穣無伴奏ヴァイオリンの響き ほんまもの

やー会場って 大切だ。
下田穣(しもだ ゆたか)さん 仁風閣での出来事は悪夢だったのではと推察。
蒸し風呂のようなところで弦楽器は弾けない。
沢山のお客さんは満足されたのだろうか。

どうしてもお耳直しをしなくては。

一転して今日は14時から市内ルーテル教会で時空の贅沢が出来た。
やはりテレマンから始まったのだが、全く別の曲を聴いているよう。
朗々と響く。
正真正銘タイトル《ヴァイオリンの響き》が具現された。

昨日の場合は、バロックも現代曲も語る以前の状態であったが、
今日のそれは多弁にして雄弁、語り口が幾つも設けられているが如くであった。

教会空間の響きを捉えて、ヴァイオリンが歌いまくった。
まさに溜飲の下がる思いだった。
もやもやが晴れた。
昨日何とか修復したイザイですら、今日のそれは別物だ。
今日はどれもこれも素敵な曲だった。

僕の思い!バロックと現代曲がリンクした一瞬が訪れた。

明後日のダウラでは、ある種の緊張感を維持しながら、
のびのびとした音楽を聴かせてくれるだろう。

皮肉なことに昨日あれほど押し寄せたお客だったが、
今日はどうしたことか、空席が大多数を占めた。
とかくこの世は上手く行かない。
[PR]

by tomiot3 | 2011-08-06 21:00 | コンサート | Trackback | Comments(0)

ダウラコンサート 急告!

久々ダウラコンサート
別信でご報告の新進ヴァイオリニスト下田穣のダウラコンサート版 急遽決定!

8月8日(月)18時30分~
もちろん会場は紅茶専門店ダウラ。

参加料はティー付きで1700円です。

曲目を厳選して、彼のトークで進めます。
コンディションの良いところで、間近で、
若者の精気溢れる演奏と
たっぷりと素敵な音楽と付き合う時間空間です。
[PR]

by tomiot3 | 2011-08-06 11:35 | コンサート | Trackback | Comments(0)

下田穣無伴奏ヴァイオリンの響き

昨夕久方ぶりにコンサート会場に足を運んだ。
《下田穣無伴奏ヴァイオリンの響き》
会場は由緒ゆかしき仁風閣。
折からの猛暑は19時開演の頃も30℃をカウントしていた。
空調のない会場には、はち切れんばかりの人々の人いきれが加わった。
e0166734_11192147.jpg

当日のプログラムはテレマンとバッハのバロックに対して、
ツィンマーマン、ストラヴィンスキー、ブーレーズ、イザイの現代曲群が
ずらりと並ぶ。
当地では異色のプログラミングだ。

おそらく100%近い湿度のコンディションでは、弦楽器は堪ったものではないだろう。
この懸念が的中した。
テレマン、バッハと続くのだが、伸びやかな音など望むべくも無く、
フレーズをつなげるのに悪戦苦闘しているようだ。
前半最後の曲、ツィンマーマンでやや修正出来たかに思えたが、
彼の実力はこんなものではないと感じた。

後半ストラヴィンスキー、ブーレーズはさらに修正されて、
この悪コンディション下で良く弾ききった。
そしてエンディングのイザイはそれまでのことが嘘のように
淀んでいた曇天にポッカリと晴れ間が、まるで台風の目のよう。
豊穣な音楽を展開した。

参考のため、彼のプロフィールを添える。
e0166734_1121855.jpg

彼の実家は千葉県だが、ご両親が鳥取出身なので
出生はお母さんの故郷、鳥取でと言うことのようだ。
厳密には鳥取出身の若手音楽家と言うにはおこがましいが、
当然のことながら親類縁者も当地に多く、
あえて鳥取出身と呼んでもよかろう。
東京芸大に入学後、奨学金を得てロンドンでの修行をし、
今秋からはドイツのフランクフルトで修業研鑽を重ねることになっている。
当地に関わる楽しみな逸材がまた見つかった。

仁風閣そのものは上等な雰囲気を醸している。
シャンデリアは折れ線状の炭素フィラメントが古めかしく輝き、
情緒は抜群なのだが、いかんせん空調のないこの季の会場としては、
眞事いただけなかった。
e0166734_11185611.jpg
e0166734_1119965.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2011-08-06 11:21 | コンサート | Trackback(1) | Comments(0)