ずれてやしませんか

ピント不整合

もう懲り懲りの原発事故
福島第1、これでお終いではないですよね
人間のやっている事、完璧ってものは無いんです
どこかで何をしでかすか判らない
それに天災が加われば、この度のような悲惨なことになる

松江市近郊にある島根原発、これって松江の人は平気なのでしょうか
電源立地三法のお陰?で色々恩恵をうけているから麻痺したのかな
プラバホールもそうだと聞いているし、

いずれにしても福島事故以来、全国津津浦浦の原発を立地しているところは
大変です
あれこれ事故の場合を想定して避難計画を練っている
と言うことは事故が起こり得ることを暗に認めている訳ですね

隣接の鳥取県もご多分にもれず、避難計画を鋭意練っては中電と協議しているようです
おやっと思った
原発をさらに新増設する場合は、申請せよとか、報告だけにして、とか
協議を重ねている
穏やかな鳥取県は、報告にしてと言われて、持ち帰って検討すると回答したようですね

ふーん、新設することを即座に拒否する考えなどさらさら無いのかなー
いまや原発は当面使えるうちは使ったにしても
廃炉へと進む環境が整いつつ有ると思っている
国民感情もおそらく原発拒否が趨勢だろうに
そうした情勢下で新増設が話題になること自体、異な感じではないでしょうか

若し島根原発が事故ったら、20キロ、30キロ圏内などと言う話は吹っ飛んでしまいますよ
風向きによっては100㎞以上離れている風下の鳥取市だって危ない
現に福島原発の放射能拡散ハザードマップが証明している
拡散は同心円などでは決してないのです

原発と在来化石燃料エネルギー、自然エネルギーの政策が
キチッとしていないから、このような話が平気で語られるのかも知れない
少なくとも大まかながら原発新設はしない、現有原発は寿命が来たものや
事故を起こしうる要因のあるものから廃炉にする とぐらいは言って欲しいものですネー

考えてみると、原発って大変な時間と費用のかかる代物ですよね
中曽根政権以来、原発推進に邁進してきたツケは大きい
自然エネルギー開発には蓋をして、原発に絞り込み国民の目を眩ましてきた
これにつぎ込んだ莫大な費用と人材を他のエネルギー開発につぎ込んでいたら
と思うと残念で堪りませんネー

太陽、風力、地中熱、潮力、水力その他いっぱい
我が国は世界に冠たる化石燃料や原子力を主力にしない
エネルギー大国になっていたでしょう

今からでも遅くはない!!!
[PR]

by tomiot3 | 2011-11-26 20:43 | 多論好論 | Trackback | Comments(0)

ブロッコリー

プランターの二株のブロッコリーが食べ頃になりました
12㎝になると収穫、既にオーバーしてます
e0166734_915065.jpg

芽キャベツも二株、これは未だ赤ちゃんです
写真は横になってます
右が上です
e0166734_941560.jpg

畑の露地栽培より手を掛けただけ早く立派に育ちました
[PR]

by tomiot3 | 2011-11-26 09:06 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

公共放送

公共放送のアナウンスの言い方が気になる

メガフロートと言われる
トレンチと言われる


「・・・と言われる」

ストレートに
メガフロート或いはトレンチ と言い切ってしまった方が
耳障りがよい

気にする方が可笑しいのかなー

如何にも 本当は知らないけれどお伝えしているという風、
或いは皆さんはご存じ無かろうが 
と言う風に聞こえてしまう
こうした言い方表現方法が公共放送流なのだろうか
[PR]

by tomiot3 | 2011-11-24 20:57 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

心地良くって 爽やかで

棚橋恭子室内楽ストリングリサイタル 華麗に終わる

鳥取市文化ホールは期待のわくわく感で14時定刻開演した

初っぱなは棚橋恭子さんのヴィオラ独奏 
マックス・レーガー(1878-1916)の「無伴奏ヴィオラ組曲」
コケティッシュにも聞こえる出だしの音でこの曲の正確と
表情が決まった
数少ないヴィオラ独奏曲の中にあってレーガーはよい曲を残してくれたものだ
進むにつれて哀愁を帯びた曲調に思わず「木ねずみの歌」の断片のように聴いてしまった
・・・・
哀調と凛としたパッセージの対比に興味をひかれる
良く譜読みされていることが伝わってくる
ヴィオラという楽器の魅力を余すところ無く伝えてくれた

二曲目は
ハルヴォルセン(1864-1935)の「パッサカリア(ヘンデルの主題による)」
ヴァイオリンとヴィオラのデュオだ
丁々発止と言うよりもそれぞれの楽器を雄弁に語らせる姿勢が伝わってくる
見事なデュオだった 爽快感!ヴァイオリンも素晴らしい!

前半最後三曲目は
モーツァルト(1756-1791)「弦楽三重奏のためのディヴェルティメント 変ホ長調k.563」
いわゆる名曲なれどヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの特質のよく解る演奏だった
出だしの柔らかい発進が先ず◎
如何にもモーツァルトらしいのだが、ヴィオラに比重を傾け活躍する場を与えているが如く
ここら辺りの編成になるとまさに室内楽の歓びが満面に広がり呼び覚ましてくれる

休憩を挟んでシューベルト(1797-1828)「弦楽四重奏曲(死と乙女)」
言わずもがなの名曲
カルテットの中でも数多く聴いた曲のひとつ
だからどうしても聴く耳が辛口になるのだが・・・
自然に曲想に乗っかれる心地よさが先ず支配した
それにしてもよくよく気の合う同志なのだろうか
サッとカバーしている風にも聴こえる
これもアンサンブルの良さと楽しみ方のひとつだろう

大事なのは音楽の捉え方、そしてたゆとう流れだ
ときに繊細に あるときは激しく
こうした表情が実に良く伝わってきた
カルテットの醍醐味が遺憾なく発揮された
お客さんも満足だろう

大きな拍手にアンコールが二曲演奏された
ハピーバースデーを主題にした変奏曲か
さらにシューベルトのカンタービレに充ち満ちた曲でエピローグとなった
美しく慈愛に満ちた音楽と演奏は皆さんに愛しみの心を惹起させただろう
天候も大きく崩れることなく演奏を祝していた

12日の「テレマンって誰でしょう!?」に続いて
今日も室内楽の楽しみの普及につながったコンサートだった
室内楽の練度に限界はないだろう 
まだまだアンサンブルを磨く要素がある筈、今後の精進に期待しよう

天候の加減を気遣って来場のためらいをちらつかせていた妻の一言
“来て良かった”
e0166734_21492642.jpg

演奏中の写真は当日の役目の所為でこの場では紹介できないが
演奏前の面々をお見せする
e0166734_21512917.jpg

  
[PR]

by tomiot3 | 2011-11-23 21:54 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

棚橋恭子室内楽ストリング・リサイタル迫る

間近に迫った「棚橋恭子さんのヴィオラワーク」
11月23日(水・祝) 14時開演 鳥取市文化ホール

その紹介記事が旧の日本海新聞に掲載されました
e0166734_215468.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2011-11-20 21:07 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

楽しからずや夕食

客人有り、久しぶりに賑やかな夕食
グルメと言うには覚束ないが・・・
自家製のパン
e0166734_21292696.jpg

揚げやさいのオリーブオイルソース和え
e0166734_21293919.jpg

リゾット、手羽元のクリーム煮はフォト欠写
まこと異種の親ガニ味噌汁、これが大受け。
e0166734_2130148.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2011-11-18 21:35 | グルメ・食いしん坊 | Trackback | Comments(0)

音が風になるとき 11月号

本日 毎日新聞鳥取版に掲載

e0166734_1881448.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2011-11-17 21:00 | 音が風になるとき | Trackback | Comments(0)

柿の季節です

e0166734_1975261.jpg
田舎の畑
古い御所柿の木
鈴なりの柿 西日に照らされていた

御所柿は郡家御門地区特産の花御所柿とは別物
やや小型ながら形や風味は似通っている
ただし花御所柿は11月末頃が最盛期で
形も大きく 甘味も強い
柿の中の柿と思っている
[PR]

by tomiot3 | 2011-11-17 21:00 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

テレマンって誰でしょう!? 後日談

ツアーを終えた赤津眞言さんんからのメール
「私個人的には、鳥取公演が今までで一番良いのではないかと思っています。
どうか皆様によろしくお伝えください。」


他の開催地は鳥取よりも地の利、文化度の高いところばかり、
鳥取はお客の数はもう少しというところ
だが選ばれたお客さん達だったのだろうか
レベル4のお客さんだったことを自負していた
だから赤津さんからのメールはとても嬉しい
反省点はいつものことながら、お客集めだ
レベルのこともさることながら、一人でも多くの方達に
本物の音楽を聴いて欲しい
良いものにどれだけ多く接することが出来るか、
一度きりの人生に輝きを持っていただくために
e0166734_18423334.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2011-11-16 20:00 | コンサート | Trackback | Comments(0)

テレマンって 誰でしょう 余韻未だ冷めやらず

プログラム
e0166734_16594417.jpg

e0166734_17154958.jpg

極めつけ、すこぶる上等のバロックの夕べ
お客さんの満面の笑み、鳴り止まぬ拍手、
我がとっとり楽友協会コンサートの特長、
それは例えお客が少なくても拍手のレベルが違う

今日のお客さんのレベルは高かった
演奏もマナーもすこぶる上等だった
拍手のタイミングが絶妙なのだ
曲が終わるやいなや、ではなく
やや一呼吸置いて、精一杯の拍手がわき起こる

余韻の感興が未だにおさまらない

ツアーを終えた赤津眞言さんからメールがあった
「私個人的には、鳥取公演が今までで一番良いのではないかと思っています。
どうか皆様によろしくお伝えください。」


演奏会終了後、一行はとっぷりと暮れかけた砂丘へ
リコーダーのピーターが一目でも砂丘を見たい
とっぷり暮れた砂丘の沖合、漁り火が横一列に並んだフォトを見た
幻想的に見えただろう

ダウラでちょっぴり演奏付の夕食会
偶然に残っていたダウラの客も聴いた
面々感動の面持ち 
有る2人連れは明日の名古屋公演を追っかけるそうだ

一行は夕食交流会を済ませ
名古屋へと発った

来年は8人編成を考えているそうだ
オーケストラ・ファン・ヴァセナールの名に少し近づくのかも
だとすると会場選択の悩みが
e0166734_18515357.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2011-11-15 21:00 | コンサート | Trackback | Comments(0)