やっぱりウイーン・フィル

ウイーン・フィル ニューイヤー
これを聴かなきゃ一年が始まらない。

凄まじいばかりの圧倒的な音、音、音
ダイナミックレンジ、輝き、美しさ、どの様な状態でも崩れないハーモニー。
音の統一感、均質感をベースに躍動する音楽。

二度目登場のマリス・ヤンソンスの棒も楽しんでいた。

顔見知りもだんだん少なくなるのは寂しくはあるが、
コンマスのライナー・ホーネックさんとクラリネットのエルンスト・オッテンザマーさんは
健在振りを見せてくれた。
そのほかにもリングでお馴染みの皆さんも。

近年、ニューイヤーにしろ来日公演にしろ女性団員の存在が気になる。
今年はどうした訳かハープとチェロにしか確認出来なかった。
何か理由でもあるのかな、ないのかな。

さあ!今年は心機一転だ。
[PR]

by tomiot3 | 2012-01-01 22:44 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)