<   2015年 01月 ( 57 )   > この月の画像一覧

サティーのうた

今日も寒い一日になりそうだ。
巣ごもりを決め、いっときテレビでも観ようか。
チャンネルは国会中継だった。
BSに切り替える。
内藤悠子アナの柔和な顔が表れる。
プレミアム・アーカイブス これから「サティーのうた」を1時間半放映と告げた。
へーそんな番組があったんだ。

エリックサティー フランスの作曲家。
3つのジムノペディは地元ピアニストの演奏を聴いたことがある。
ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい)これはよく知られている。

フルネームはエリック・アルフレッド・レスリ・サティ
1866・5・17~1925・7・1
フランスの作曲家で印象派のドゥビッシーやラヴェルにも影響を与え、
コクトーやピカソとも親交があったという。
ことにドゥビッシーとは30年来の親交だったそうだ。

サティをこれ程までによく描いたものだ。
サティは知っていてもその内面などほとんど知る由もなかった。
自分の生い立ちもあったのか、孤児など恵まれない子どもたちには、
ことさら優しい眼差しを向けたそうだ。
フランス社会党に入党し、のちにはフランス共産党に移籍したという経歴も何かしら関係がある?

ベートーヴェンは弾けてもブラームスは?
ショパンは弾けてもシューマンは?
ところが
ドゥビッシーが弾けてもサティーは?
ちょっと違うような気がする。
でも想った。
ジムノペディだって心に染みるほどの演奏って難しいだろうな。
病院などでよく使われるというこの音楽。分かるような気がする。
これからもう少しサティーに注目しようかな。

国会中継のお陰で偶然にこの番組を観ることができた。感謝!




[PR]

by tomiot3 | 2015-01-30 11:37 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

気がもめる 後藤さんの安否は?

双方の主張がかみ合わない
ヨルダン側
パイロットと死刑囚交換 後藤さんには触れず。
自国民へのメッセージ性が強い。

ISIL側
後藤さんと死刑囚交換。死刑囚をトルコ国境に連れてこい。
ヨルダンと日本の分断を謀るか。
パイロットの消息を明かさない。

ヨルダンからトルコ国境へは、おそらく数時間以上かかる。
いずれにしてもカードはISILに握られているか。





[PR]

by tomiot3 | 2015-01-29 21:12 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

歴史に学びたい

「ローマ皇帝の歩んだ道」を観ながら、歴史は繰り返す。そして歴史に学べない。
と言う思いがひしと感じられた。
第14代ローマ皇帝ハドリヤヌス(117~138)は先代のトラヤヌス帝(98~117)が築き、
拡張したローマ帝国を在位中のほとんどを費やして属州旅行した。
西はイギリス・スコットランドから東はトルコまで。
この間、膨張したローマ帝国の行く末を案じた。
膨張、拡大による経費の増大と統治力の低下をおそれ、
スコットランドにはこれ以上の北は放棄するとして、延々と城壁のような石積みを築き、
更には先帝が獲得したドウナ川の北のルーマニアはローマ帝国の衰退を招くとし、これを放棄しようとした。
ところが拡張による栄華に浸っていた元老院と元老院に洗脳された民衆の反撃で実現出来なかった。
晩年は、あたかも拡張への反省を込めた様に、そこで全てが事足りるコンパクトな邸宅で、
ひっそりと余生を送ったという。
何か、ごく身近なところでは今の日本の姿、
郊外へ郊外へと膨張した都市と中心部の衰退を地で行っている事は似て非なるものであるが、
間接的にではあるが警鐘のように思える。
現にコンパクトシティが叫ばれてから久しいが、一向にその気配が感じられない。
聞こえるのは中心市街地活性化だけで有る。

日本の場合も拡張しようとして失敗の歴史を重ねてきた。
秀吉の朝鮮出兵、明治維新後の富国強兵から第二次世界大戦に至る完全なる失敗。
これらを思うと、人はなぜ歴史に学べないのかというごく当たり前のことに苛立ちを覚える。
ある学者が言っていた。日本が拡張すれば失敗する。

現安倍政権の方針はまさに拡張政策の何物でもない。
集団的自衛権を盾に世界を駆けめぐり、各国への資金援助で日本の立場と影響力を強めようとする。
積極平和主義の危うさが顕著に現れたのが、今回のISILによる二名の日本人の拘束だ。
それは、わが国の危機管理の稚拙さと情報処理能力の低さを露呈させた。
情けないことに国のトップとあろう者が、こうした感覚に猛烈に欠如していたという事実。
今日も国会での民主党の追求に声を荒げて人道支援だと息巻いた。
果たして人道支援なのだろうか。と言う疑問は払拭出来ない。
ましてや相手にはいくら息巻いても通じることなど全く無い。

憲法学者小林節氏述べる「第三文明」の自覚
これはわが国の採るべきスタンスであろうと思う。
e0166734_20025785.jpg








[PR]

by tomiot3 | 2015-01-27 20:08 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

歴史に学びたい

「ローマ皇帝の歩んだ道」を観ながら、歴史は繰り返す。そして歴史に学べない。
と言う思いがひしと感じられた。
第14代ローマ皇帝ハドリヤヌス(117~138)は先代のトラヤヌス帝(98~117)が築き、
拡張したローマ帝国を在位中のほとんどを属州旅行に費やした。
西はイギリス・スコットランドから東はトルコまで。
この間、膨張したローマ帝国の行く末を案じた。
膨張、拡大による経費の増大と統治力の低下をおそれ、
スコットランドにはこれ以上の北は放棄するとして、延々と城壁のような石積みを築き、
更には先帝が獲得したドウナ川の北のルーマニアはローマ帝国の衰退を招くとし、これを放棄しようとした。
ところが拡張による栄華に浸っていた元老院と元老院に洗脳された民衆の反撃で実現出来なかった。
晩年は、あたかも拡張への反省を込めた様に、そこで全てが事足りるコンパクトな邸宅で、
ひっそりと余生を送ったという。
何か、ごく身近なところでは今の日本の姿、
郊外へ郊外へと膨張した都市と中心部の衰退を地で行っている事は似て非なるものであるが、
間接的にではあるが警鐘のように思える。
現にコンパクトシティが叫ばれてから久しいが、一向にその気配が感じられない。
聞こえるのは中心市街地活性化だけで有る。

日本の場合も拡張しようとして失敗の歴史を重ねてきた。
秀吉の朝鮮出兵、明治維新後の富国強兵から第二次世界大戦に至る完全なる失敗。
これらを思うと、人はなぜ歴史に学べないのかというごく当たり前のことに苛立ちを覚える。
ある学者が言っていた。日本が拡張すれば失敗する。

現安倍政権の方針はまさに拡張政策の何物でもない。
集団的自衛権を盾に世界を駆けめぐり、各国への資金援助で日本の立場と影響力を強めようとする。
積極平和主義の危うさが顕著に現れたのが、今回のISILによる二名の日本人の拘束だ。
それは、わが国の危機管理の稚拙さと情報処理能力の低さを露呈させた。
情けないことに国のトップとあろう者が、こうした感覚に猛烈に欠如していたという事実。
今日も国会での民主党の追求に声を荒げて人道支援だと息巻いた。
果たして人道支援なのだろうか。と言う疑問は払拭出来ない。
ましてや相手にはいくら息巻いても通じることなど全く無い。

憲法学者小林節氏述べる「第三文明」の自覚
これはわが国の採るべきスタンスであろうと思う。
e0166734_20025785.jpg








[PR]

by tomiot3 | 2015-01-27 20:08 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

これも春の音?

わが家のシイタケほだ木2本のうち1本からシイタケがもこもこと膨らみだした。
なぜかもう1本は全くお出ましの兆候がない。
日の日に大きくなるのを見るのが実に楽しい。
せいぜい2.5センチ径くらい。可愛い!
ここ三日間、10度前後で温かい寒中だったが、明日は急降下しそうだ。
e0166734_18460899.jpg
e0166734_18462928.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2015-01-26 18:47 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

春の兆しが・・・

悲しいニュースが世界を駆けめぐる。
けれど自然はそれに関わりなく動く。
昨日の陽気に河津桜の花芽にちょっぴり膨らみの予感。
今日も10度を上回る過ごしやすさ。
きっとまた膨らみに動きがあっただろう。
明日が楽しみだ。
砂丘も陽気加減に動きが春めいた感じだ。
世界中に春が来て欲しい。
e0166734_19011758.jpg
e0166734_19020458.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2015-01-25 19:03 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

新春甘酒

昨年暮れ居に続いて今年初の甘酒仕込み。
餅米2合+うるち米2合 のやわらかご飯を別鍋に移し、
米麹1㎏と混合。
17時頃熟成開始。
IHヒーターを65℃、13時間に設定、これで朝方までには極甘になるはず。
ときどき混ぜ返してやるのだが、夜中は2時頃に一家混ぜただけ。
翌朝7時過ぎ、極甘甘酒完成
e0166734_20244504.jpg
e0166734_20204949.jpg
念のための保温、毛布でがっぽり覆出来上
e0166734_20240650.jpg
e0166734_20202359.jpg
お終いに90℃加熱して、発酵停止。

[PR]

by tomiot3 | 2015-01-24 20:32 | グルメ・食いしん坊 | Trackback | Comments(0)

懐かしや ギターリスト木村祐

ギターの貴公子 木村祐 出演決定!
水戸芸術館から届いたコンサート情報の中の1枚のチラシ。
はじめ木村大さんとみまごうた。だが、名前が祐。
そうだ、大さんの弟だ。

2003年12月、ドイツ留学中の木村大さん抜きの木村ファミリー(父、姉、弟)を
鳥取に迎えたことがある。
その時祐さんは、たしか小学低学年のやんちゃ坊主だった。
それでもことステージとなると一丁前にギターを弾いていた。
鳥取に来る前に全国学生ギターコンクール小学生の部に優勝したと言っていた。
あれから13年、そりゃー分からないはずだ。
お兄さんの大さんそっくりだから、みまごうても許されるだろう。
ただ今、ドイツ留学中、水戸芸術館で2月7日~15日に7ステージをこなすという。
まるでマラソン公演、それだけのレパートリーを持っていると云う事か。
懐かしいなー!
e0166734_17372324.jpg



[PR]

by tomiot3 | 2015-01-24 17:56 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

イスラム国の方々へ

イスラム国の方々、母の心情を分かってください。
後藤さんには、妻と幼子も居ます。
世界の人々を敵に回さないでください。
後藤さんの母の声明


[PR]

by tomiot3 | 2015-01-23 20:19 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

わが家夕食は超質素

夕食は胃袋の休息をかねてリゾット。
トマトジュース麹、ドライトマトがアクセント。
30分を要しない。
甘酒仕込みと併行、今回も上手く行くかな?

e0166734_19582210.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2015-01-23 19:59 | グルメ・食いしん坊 | Trackback | Comments(0)