<   2015年 03月 ( 47 )   > この月の画像一覧

シラサギとサクラ

先日、姫路城がシラサギの装いを新たに再公開された。
見たさの衝動に勝てず、さくらの開花に合わせて絶好日和、125キロ駆けて行った。
私と妻とその姉の三人、御高齢の身とて速い動き、坂道などは苦手の人が居るから欲張った行動派できない。
征きは中国自動車道・播但道を使って城の東側から進入した。
城が近づくと先ずは渋滞、お城の周りは車車、人人、地上駐車場は駄目。
渋滞移動の間にも真っ白すぎるくらいの威風堂々の天守がちらりチラリと目に飛び込んでくる。
e0166734_20223533.jpg
少し手間取ったが、地下駐車場は大丈夫だった。
地上はすごい人、先ずは腹ごしらえしようとしたが、弁当が入手難、三人が分かち合った。
弁当食べる前を通過する人々、外国人観光客も目立っている。
場内入場は待ち時間が1時間40分、今日はこれは止めよう。
花見に重点を置くことに。お城はまた来ようね。
大手門から歩を進め場内を巡り、東側に抜けるコースを巡った。
広い、でっかい、やっぱりスケール感が違う。
ほとんどの角度から城を眺めてもサクラヺ除外出来ないほどだ。
花見目的の人々も大層多いようであちらこちらで敷物敷いてやっている。
途中、アジア系とおぼしきご年輩夫妻にシャッター押しを頼まれる。
相手は英語、手真似と片言でOK。
2ショット撮って、チェックして貰って、サンキューとお互いの笑顔でお終い。
もう一組の我が民族の老姉弟にもシャッター押を頼まれた。
砂丘でもそうだが、頼まれたら気持ちよくお応えすることにしている。
時には積極的に“シャッター押しましょか”お土産を買いたいというので、城向かいの商店街を歩いたが見付からなかった。
世界遺産でもあるし、堂々の城郭は世界に誇れる。
外国人観光客も押しよせる。
こうした状況の中で、コンシェルジュ的な人が おもてなし の本領を発揮しても良いのでは。
何処かにいらっしゃるかも知れないが、今日見る限りでは、その様子は窺えなかった。
一挙、お城とサクラ。
e0166734_20535264.jpg
e0166734_20540922.jpg
e0166734_20542139.jpg
e0166734_20543943.jpg
e0166734_20545487.jpg
e0166734_20550886.jpg
e0166734_20552105.jpg
官兵衛だ!
e0166734_20553645.jpg
e0166734_20555704.jpg
e0166734_20561343.jpg
e0166734_20563949.jpg
e0166734_20571353.jpg
e0166734_20574201.jpg
e0166734_20581062.jpg
11時頃~14時過ぎまで、たっぷりの白亜のお城と見事な桜を堪能した。
還りは、2号線経由、179号線で佐用、そして鳥取自動車道で夕方までには帰還した。
2号線を走りながら、両サイドの小高い山々は見事な山桜で飾られていた。
美しい!自生なのか、人の手が加わったか派不明だが、お見事。
ナビの不調で勘を頼りに2度、3度道を間違え乍らだったが、周辺の桜模様に満足。ところが、我が古里鳥取県に入った途端、サクラの色あいの山を見かけなくなった。
極端すぎるその差は一体なんだろう。
岡山県の真庭などからの帰途もそのことをいつも感じている。
因幡全域がサクラに染まっても良いでは無いか。今日の姫路だって、外国人の方達も桜を楽しんでいた。
鳥取の桜って、言っては悪いがスケール感が無い。
たかが知れている。
東京や京都もすごいが、大阪もやがてそうなるだろう。
我が古里の山々、街々ヺ桜を彩りたいものだ。
沿道や鉄道沿線だってそうだ。
本当に及ばざるが如しだが、山桜の移植と、挿し木による増殖、そして河津桜なども一層増殖しようと心に決めた。
[PR]

by tomiot3 | 2015-03-31 21:27 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

満開でなくとも

もういいだろう。夏タイヤに履き替えた。
心なしか走りが軽やかだ。
ポカポカだけど汗をかくこともなく、桜の開花も幾重に重なりながら賑わいを増してきた。
惜しむらくは、黄砂だろうか、遠くの山脈は完全に隠されてしまった。
e0166734_18475116.jpg
山桜は一斉に咲きそろうことが無い。
実にまちまちである。
だから昨日、今日、明日へとリレーされていく様を楽しむことになる。
ことに移植した山桜がようやく花を付けだすと嬉しいものだ。
今年はそうした桜達に多く出合う様になった。
来年はこの樹も咲かせるかな、何年かしたら立派な花を付けるかな、等と想像する楽しみがある。
この桜は移植して数年、一昨年の雪で大枝が荒れた。
しかし、徐々に樹形を戻しつつ、かなりの花を付けた。
e0166734_18504057.jpg
またひょろひょろの自生桜を見つけ、面倒を見てきた桜も多い。
e0166734_18510095.jpg
流石に自生桜は年数を重ねた桜が多く、自信に満ちた花を付けている。
まだまだ遅咲きへのリレーを楽しめるぞ。
e0166734_18511354.jpg
久松公園のお堀端は一気に開花を進めたようだ。
水辺の開花は少しおませのようだ。
e0166734_19051623.jpg
e0166734_19065436.jpg
船原吉野も純白の花を咲かせ出した。
e0166734_19053061.jpg
明日までは好天予想だから、明日は絶好の花見日和かも知れない。

[PR]

by tomiot3 | 2015-03-30 19:10 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

さくらが咲く頃 生傷だらけ

自転車道の下水管工事、今日はお休みなのでさくらの様子をうかがいに。
案の定、1本やられた。
それでも工事者が気にしているらしく、2本立てのうち1本だけのカットだった。
重機の邪魔になったのだろうが、もうちょっと何とかなら無い者だろうか。早咲き山桜はほぼ満開に近くなった。
この樹で7、8年生だろうか。いっちょ前に咲くのはあと2,3年か
e0166734_18534597.jpg
この桜は立っている女性の約40メートル手前、その女性の手前崖下に
かなり大きなねむの木がある。
e0166734_19001136.jpg
そのねむの木などにカズラが絡まりまくっている。
今日はその除去をした。でっかいカズラで樹形が数センチはあろうか。
ずたずたに切ってやった。
これで樹たちは安心して成長出来る。
しかしながら、我が輩もイバラなどに引っかかれた。
ねむの木の目覚めはすごく遅い。
新芽を覗かせるのは一番最後かも知れない。
e0166734_19061738.jpg
遅咲き山桜も順次つぼみが膨らんできた。
この界隈一番の山桜もこの陽気に間近という風情になってきた。
この桜が満開になるとわが家の花見だ。といっても眺めながらおにぎりをほおばるだけだが。
e0166734_19102016.jpg

夕方もう一度、片腕をもがれた桜の手入れ二出向いた。
キチンとカットして防腐剤を塗布するだけだが、
桜の類いはキチンと養生しておかないとそこから侵されやすい。
ついでに竹藪中の山桜の眺望改善に竹を追加伐採した。
イバラが多くてひっかき傷だらけ。
e0166734_19213264.jpg
e0166734_19263687.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2015-03-29 19:27 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

カレーリゾット

我々夫婦は、概ね食が細くなっている。
ウオーキングによるダイエットと基礎体力づくり励んで10年以上になる?
食も若さに任せて、飲み食いすることは無く、細くなった。
だから時たまの外食や、農作業時などはついつい多めに食べてしまうことが有る。
そんなこんなで夕食はリゾットにしようとなった。
昨日収穫した芽キャベツ、先日の残りの赤貝のむき身、コーンなどあり合わせの材料だけ。
ベーコンで油出しして、たっぷりの玉ねぎのみじんをめ、あり合わせの野菜を有りったけぶち込み、
スープ出汁を注ぎ、10分もすれば出来上がり。
今日はカレー味にした。とにかくカレーが好きなんだ。
わが家の貧乏対策の食生活はこんなもの。
多分、就寝が近づくと空腹感を覚えるだろう。
これがいいんだ。
e0166734_20061023.jpg





[PR]

by tomiot3 | 2015-03-28 20:08 | グルメ・食いしん坊 | Trackback | Comments(0)

満天青空

文句つけ難しの全天青空。
大山もくっきり、ジェットの白い尾っぽも彗星の尾っぽのように直ぐ消えてしまう。
日中のPM2.5は14~17を推移したようだから、まあまあというところ。
砂丘こどもの国、砂丘の中はパラグラが賑わい、馬の背の人だかりも歓声が聞こえて来そうな錯覚を覚える。
ユキヤナギロードもやがて満開になるだろう。
e0166734_19340568.jpg
e0166734_19343777.jpg
e0166734_19351787.jpg
e0166734_19360344.jpg
e0166734_19373707.jpg
e0166734_19385545.jpg
ちょっと気になる。
天然記念物の1本松、その樹下でハングラの人が準備していた。
心得の有る人ならば、樹下、詰まり根張りの範囲内には入らないだろう。
縄張りもしていないし、その様な表示も無いから多分何も感じていないのだろう。
大切な樹木の根っこは踏みつけては駄目なんだ。
今は市の管理、以前県管理の時はロープが張られていたこともあった。
何とも奔放な管理と人々の意識だと感じた。
幼稚園、学校などが樹下のたむろを目撃する度に一応の声かけをしていたが、
今の管理状態を見ると、余計なお節介なのかも知れない。
鳥取の場合、桜にしても根っこへの心配りは余り無いようだ。
山桜は天真爛漫に咲きだした。これは救いになる。
e0166734_19490269.jpg
e0166734_19471445.jpg
元西高校校庭の船原吉野が移転後初めて、けなげに開花をはじめた。
樹形はすっかり損なわれたが、これからが楽しみだ。
e0166734_19493540.jpg
e0166734_19494381.jpg
完全活着かどうかは、経年観察が必要だろう。

[PR]

by tomiot3 | 2015-03-28 19:52 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

エリーの別れ

今日はエリーが永遠の眠りについた。
たいてい朝二度見るのだが、二度目は一層の切なさがこみ上げてきた。
総合の後、あさいちにマッサンの玉山とエリーのシャーロットが出演した。
有働アナがぼろぼろなのは予想できたが、
玉山とシャーロットも泣いた。

音楽担当は富貴晴海。
この人はセンスがある。
主題歌「麦の歌」は中島みゆきが歌うのだが、
ドラマ中の音楽はスコットランド民謡を多く引用しているせいもあるが、今回はバックミュージックがとても気に入った。
メインテーマは東京工業大学の混声合唱団が歌う。そのボカリーズがよい。
コンクール出場の同合唱団を聴いたことが有るが、女声は他の女子大学生だった。
今はどうなんだろう。
哀調を帯び、それでも未来への希望の場面にピッタリだ。
ピアノ独奏、それに弦楽合奏が加わったり、或いは弦楽合奏単独であったり。
「マッサン」オリジナル・サウンド・トラック
エリー役のシャロット・ケイト・フォックスの歌うスコットランド民謡3曲が追加されています。


[PR]

by tomiot3 | 2015-03-27 19:33 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

春本番は農作業

春めいて二日目、今日は予定通り農作業日。
10時出発はちょっと遅かったかな。
途中肥料など勝手からだから現地着は11時を回ってしまった。
今日のメインはジャガイモ植え。
もう一度耕運して畝をつくり、これで準備完了。
植え付けの芋は昨夜のうちに半分にカットして、切り口を乾かして置いた。
だから植え付けは30センチ間隔に点々と置いて、その間には牛糞堆肥と8-8-8ミックスを盛って行く、
後は土を被せるだけ。
北あかり、男爵、メークイン各1キロづつの植え付け完了。
まだ2キロ以上は植えられそうだが、どうしよう。
芋植えで12時半を過ぎた。
今日は午後も継続しようか。しからばと郡家のスーパーで弁当買って簡単昼食。
e0166734_18342932.jpg
e0166734_18345568.jpg
郡家スーパーから眺める空山風車。
3基のうち2基しか見えない。
相変わらず電線電柱が邪魔する。
e0166734_18555874.jpg
スーパーからの帰り、先日オープンした郡家駅舎をのぞきに。
コンビニも有るし、休憩処というかコミュニティーを図る場所とおぼしきところもある。
コンビニも小規模、もみゅにティと言ってもなぜか目的が漠然として居るみたいだ。
中途半端だったなー。
この建造物は多分間伐材応用の集積材のようだから、これは意味のあることだが、
全体として中途半端かな。
未来志向的で無い、夢が小さい乃至は無いといえる。
ちょっと残念!!
将来フリーゲージトレインなどによる高速鉄道が実現するかも知れない、
むしろそうした未来志向が表に出ても良かった。
もう一つ、東西を結ぶことを考えるべきだった。
e0166734_18564247.jpg
e0166734_18570243.jpg
e0166734_18571766.jpg
午後は別畑の整理と耕運、春始まったばかりなのに既に草ボウボウ、耕耘機に絡まる草をときどき除去してやらねばならない。
これで2時間を費やしてしまった。
サトイモと生姜植え付けの場所も拵えた。苦土石灰をこんこんしたので約1週間寝かせることに。
e0166734_18393195.jpg
e0166734_18395064.jpg
さあこれで終わった、帰ろうか。
ところが本家の裏の畑を耕すことになった。
これは広い、それでも耕すだけだから1時間で片付けた。
もうすっかり顔がポッポと火照っている。
妻に言われるまでもなく日焼けしたことが意識出来る。
農作業はやっぱり重労働だ。決してラクチンでは無い。
それでも嫌いで無いところが面白い。

17時頃帰宅。
風呂を浴びると、汗ばんだ体はすっきり爽快そのものになった。
疲れも吹っ飛んでしまう。
本当に久しぶりの350ミリリッターを妻と分け合った。
きゅーっと喉が鳴ったようだった。




[PR]

by tomiot3 | 2015-03-27 18:58 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

快晴とはうれしいこと

快晴 青空 10時過ぎまでは空気が済んで雪を被った山脈が際だって美しい。
それも30分も経過すると太陽光の強まりにつれてすっかり透明度を失ってしまう。
e0166734_19233887.jpg
残念ながら因幡自転車道が下水道工事で通行止め、
自動車の通る市道を使わざるを得ない、この道の法面の自生山桜も私の管理するところとしている。
以前に竹杙を打って履いたが、ぼろぼろになったり失ったものがほとんど。
先日来改めて新しい竹杙を打ってまわっている。
今日は7本打った。
まだ10本くらいは打たなければ。
小鳥たちのトイレは概ね場所が決まっている。
つまり桜が自生する範囲はほぼ決まっていて、あるところに集中することが分かっている。
適当にあちらこちへらと種をばらまいてくれれば良いのだが、鳥様達には知ったことでは無いようだ。
だから一年生や二年生の桜が群生の恰好になってしまう。
いずれ、もう少し大きくなったら、くっつき過ぎ解消で移植するつもりだが。
山桜は種類によっても違うし、固体によっても差によって、花の付き方咲き方がまるで違う。
これなど背丈は数メートルに達するが、花の付き方は疎としてまばら。
e0166734_19364234.jpg
そして樹齢を重ねるとこの様に沢山の花を付けるようになる。
e0166734_19373514.jpg
吉野山の何百年とは較べようも無いが、せめて道々から山桜が存分に愛でられるようになるのはいつのことか。




[PR]

by tomiot3 | 2015-03-26 19:43 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

また春が戻った

青空の春が戻ってきた。
風は北からで冷たいが、陽射しがあるだけ大丈夫。
レンギョウ、ユキヤナギ、山桜のそろい咲き。
e0166734_18170758.jpg
e0166734_18173798.jpg

e0166734_18173003.jpg
e0166734_18175832.jpg
今日の砂丘はものすごく白っぽかった。
くじら島に打ち寄せる波もまだ高そうだ。
e0166734_18181382.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2015-03-25 18:23 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

目に見えない「貧困」

このタイトルは2さる22日(日)毎日新聞二面のコラムである。
筆者は西水美恵子氏(元世界銀行副総裁・現シンクタンク・ソフィアバンク シニア・マートナー)

目に見えない貧困 これはなにも後進国のことだけでは無い。
わが国の年収160万円以下の所帯数は先進国中で自慢出来ない数字なのである。
そうした実態を政治家や行政はどの様に捉まえているかというと、実におぼつかない。
ブータンの国王のことに触れられている。
それは側近を伴って、国中をめぐり、民の様子をうかがい、話を聞いて回っているという。
ブータンの水戸黄門だ。
西水氏はこの様な視点から、わが国の指針をも示されている。

近々、県議選と知事選が行われる。
既に選挙戦が始まっているようで、わが家にもたくさんの候補者、支援者がやってくる。
先日、有る有力候補者がやってきた。
永年やってきたが、鳥取県は人口減で困っているんで、今度もよろしく頼む。
と対応した妻に告げた。
うん十年もやってきて、今があるというのは、何もしなかった、できなかったと言っているようなものだ。
私は、非常に憤った。こんな人に出て欲しくない。
せめて私等の生活ぶりとか、ふるさとはどうあって欲しいか、聞いたらどうだ。
と私は妻に当たってしまった。
今さらながら、県民一人ひとりに寄り添えるような地方政治家は居ないのではと思った。
1票を投じてと懇願する前に言うべき事為すべき事が有るでしょう。

西水氏のコラムは次のような言葉で締めくくられていた。
「わが国の小選挙区は、ブータンの国より小さい」
e0166734_20233437.jpg





[PR]

by tomiot3 | 2015-03-24 20:25 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)