<   2015年 09月 ( 75 )   > この月の画像一覧

蚊取線香さまさま

畑には22日に墓参ついでに聖護院大根の種を蒔いたきり。
あっしまった!蚊取線香を忘れた。
これが無いと大変なことになる。
仕方が無い、できることをやろう。

キャベツ、ブロッコリー、白菜、チョコチョコ葉っぱに穴ぼこ。
青虫、午後のこの時間帯は堅い葉っぱに移動している。
何匹かを捕まえた。
今年は大根、蕪の成績が良くない。
折角芽が出ても葉っぱが虫野郎にメッシュ状にされている。
ダメだー。
小松菜は蜜まきしたが、これが功を奏したのか、大変好成績。
だけど間引きのが大変、畝の役半分ほど間引いたが、どっさり。
だから夕餉の副菜野ひとつに、小松菜のゴマよごし、小松菜入りの豆腐味噌汁となる。
トマト1個、ナス3本、ゴーヤ2本に較べると唐辛子どっさり、本当に良く成る。
もう堪らない!首筋、耳たぶ、蚊の集中攻撃だ。
熱くなるほどに痒くて堪らない。
もう止めよう。
それでも別畑に移動して、サツマイモの試し堀。
うーむ、もう収穫できそうだ。帰宅後、
夕食準備のかたわら、チンしてみた。
ホクホク系で、甘味は大したことは無い。
大人になった今は、本当は甘味の強いネチョネチョ系が好きだ。

蚊取線香の偉大さを思い知った一日だった。感謝!
e0166734_20131014.jpg
午前中のウオーク前に、なんだかお萩が食べたくなったと妻宣わく。
仕掛けておいた諸材料で、チョチョイがチョイでお萩の夕飯。
e0166734_20184022.jpg



[PR]

by tomiot3 | 2015-09-30 20:21 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

中秋の憂い

今日はなんだか涼しそう。
午前中のお決まりウオーキングもほとんど汗無し。
五連休、中秋の月見、何となく賑々しかった秋もすっかり落ち着いて深まりつつある。
砂丘もその様に人々を迎えているようだ。
e0166734_19321067.jpg
行きがけには姿を隠していた大山が帰りにはシルエットを表した。
e0166734_19321970.jpg

ずーっと目をかけ手をかけたナナカマドが、今年は鈴なりの実を付けた。
ここら当たりの標高では、良い色付きは滅多に無く、
今年はたわわな枝にちょっぴり期待できそうだ。
ところがここ2,3日の内にだんだん実が少なくなっている。
誰かが採っているんだ。
ここまで育て上げ、皆さんと共に愛でることを目的にしている。
というのに、我が物にする御仁が存在するって、悲しいことだ。
いつも想い出す美智子皇后の一言。
フィンランドをご訪問になった折、野の花を愛おしそうに愛でられていた。
するとあちらの方が、どうぞ!
すると、皇后は“野にあるものは野に”とおっしゃった。

e0166734_19330979.jpg
19日はこんなにたわわだった。
つい三日前までは、色づきも深まって、妻と“今年は綺麗になりそうだね”
e0166734_19432537.jpg




[PR]

by tomiot3 | 2015-09-30 19:52 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

ジャワ高速鉄道 中国へ

東京新聞より
ジャワ高速鉄道、日本受注逃す インドネシア、中国方式に

2015年9月29日 19時05分

【ジャカルタ共同】インドネシア政府は29日、ジャワ島の高速鉄道建設計画について「中国提案を歓迎したいと考えている」と日本政府に伝え、中国の高速鉄道方式の導入を目指す方針を明らかにした。中国と一騎打ちで争っていた日本案の新幹線方式は融資条件で折り合わず受注を逃した。

 インフラ輸出を成長戦略の柱にする安倍政権にとって大きな痛手で、世界各地のインフラ開発で競合する中国に目玉案件を奪われた形だ。

ジョコ大統領の特使として来日したソフィアン国家開発企画庁長官が29日、官邸で菅義偉官房長官と会談し伝えた。菅氏は会談で「理解しがたく、極めて遺憾だ」と批判した。

日本の鉄道車両技術は優秀だが売れない。
なぜ?売り込みの交渉術、技術者の語学力等が有ると言われ、
今回は中国の融資条件に負けたようだ。
それ以外にはやっぱり交渉術?


鉄道車両輸出のシェアは日本は1%だって、これにはビックリ。
企業再編を繰り返し、集約化たジ海外メーカの動向としては、
ジーメンス(ドイツ)アルストム(仏)、ボンバルディア(カナダ)が50%以上を占めてきたが、
近年、中国北車集団、中国南車集団が1,2位を占めるようになっている。
日本の場合、宝の持ち腐れ化は、何も鉄道輸出ばかりでは無い。
食の世界もそうだ。


[PR]

by tomiot3 | 2015-09-29 20:44 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

バロック好きには堪らん

久々沈黙を破る とっとり楽友協会コンサート
12月4日(金)18:45~  鳥取教会
一般/3,500円 高校生以下1.000円

オーケストラ・ファン・ヴァセナール室内楽シリーズその16
そうか、もう16回目になるんだ!

イタリアンミックス!
グルメの赤津眞言さんだから、タイトルもそれっぽくなってしまう。
キャッチコピー
~18世紀、極上の名曲を味わい尽くす~
ふーむ、これもだ。

赤津眞言さんのコメント
これで全てを言い尽くしているかも。
e0166734_19340356.jpg
e0166734_19374916.jpg
e0166734_19471641.jpg
今回は常連だったチェロの滝沢秀平さんが欠ける。
ヨーロッパ留学のため、さらなる研鑽を積む彼を励まそう。
残念しごく!
だが、変わりの野田祐子さん、関西中心の活躍だが、新たな魅力になる。
それに一昨年に続いて鳥取二度目のヴァイオリンの天野俊彦さんが加わる。
相変わらず自在なヴァイオリンの赤津眞言さんとのヴァイオリン2丁、チェロ、
無くては成らないチェンバロの岡田龍之介さんのチェンバロを加えて、
四人のバロックアンサンブルはすこぶるの人要だ。







[PR]

by tomiot3 | 2015-09-29 19:57 | コンサート | Trackback | Comments(0)

陳腐な道路計画

鳥取あちこち見聞日記さんの取材記事から。
鳥取空港と賀露マリンピアの間に道路計画あり。
突然の浮上?
本当に必要なの?たった4分の短縮にかける訳?総事業費はいくら?マリンピアって、
ほかに手立ては無いの?ソフトがあるでしょう?
こんなの繰り返してたから借金だらけの県(国)に。
そもそも貸し切りバス用なの?しょうも無い話。
代わりに自転車歩行者専用道だったらOKかも。
浅はかな知恵ですぞ。
深慮遠謀とまでいかなくても、具体的なプランの詳細を聞かせてもらわないと、
一県民には理解できない。

今後の鳥取にだって、もっともっと外国人客は増える可能性が有る。
中国を筆頭にアジアもそうだが、私はオーストラリアや欧米にも目を向けないと。
彼等はどっと団体でやってきて、どっと買い物してでは無い。
じっくりと歩いたりバイクを使って、滞留型の人が多い。
本当は公共交通機関の整備が必要となってくる。

観光地実態や、戦略、戦術をかちっと組み建てた結果、どうしても必要ならばそれは別。
しかしねー。観光客の誘い込みは、ハードよりもソフトかもしれないよ。
商品の品揃え、品質、陳列、応対など、沢山問題があるんじゃ無いの。
戦略無き道路計画としか見えないけど。
県立美術館構想も上がっているが、この様な道路を造ろうとする鳥取県、
余り信用できない。
湖山池東岸のプランだって、都市公園フェスタだって、未だに疑問が解けない。
e0166734_19024697.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2015-09-29 19:16 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

十六夜考

昨夜は十六夜(いざよい)
南米チリのALMA電波天文台には66台のパパラボラ電波望遠鏡が座っているが、
このうち日本の16台には、『いざよい』と命名されている。

十六夜は生憎の曇りがちの空、雲のまにまにちらちらとであった。
十六夜明け今朝のさわやかな空気を感じて空を見上げれば、ライトブルー。
西の空に白い月を探す。もうわが家の上空には見えない。
少し歩いて、集合住宅上空に見つけた。
e0166734_08571676.jpg
十六夜以降は、順に「十七夜:立待月(たちまちづき)」「十八夜:居待月(いまちづき)」「十九夜:寝待月(ねまちづき)」「二十夜:更待月(ふけまちづき)と続く。
今の世は世知辛くて、月見など全くのムード的、実質を伴わないから、きっと廃れ行く風習かもしれない。
反面、こうした世だからこそと言うことに、重きを置きたい、忘れたくないとの想いが募る。

中秋から約一ヶ月後の旧暦9月15日(10月25日)は、十三夜として月見される風習がある。
「豆名月」「栗名月」とも呼ばれ、豆や栗をお供えする。

満月として、9月28日の満月は、2015年で最大だった。
2015年で最小が3月6日の満月、地球との距離が40.3万6㎞にたして、
9月28日は35.7万㎞だった。
来年2016年の中秋の名月は9月15日、2017年は10月4日と変わる。
[PR]

by tomiot3 | 2015-09-29 09:13 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

鶴瓶の家族に乾杯 おっ鳥取

鶴瓶の家族の乾杯
『波瑠 北海道むかわ町』(前編)
何とはなしに観ている。
馬牧場の人に略農牧場へ案内して貰う場面。
そこの主人曰く、奥さんは、鳥取からオートバイでやってきた
鳥取という言葉にハッとする。
こういう番組で鳥取と言う固有名詞を聞くと、例え居眠りしていても目が覚める。
ベニシアの『猫のしっぽ、カエルの手』でも、かって滋賀県朽木村(今は高島市)の
『山中屋製パン』の場面で、共同経営している女性が鳥取出身と言うのが飛び込んだ。
天然酵母でパンづくり、近くの道の駅などで販売していて、人気だという。
2度ほど送ってもらったことがある。
しばらく注文していないので、近々久しぶりに注文しようと思った。

北海道の略農牧場は、近年娘さんがチーズづくりを始め、鳥取出のお母さんが手伝っている。
お父さんは、番組の中で、ネット販売している、と二度三度言っていた。
沖縄からも注文がある。
本人はチーズづくりに加わっていないが、宣伝にこれつとめているのが微笑ましい。
多分 
ASUKAチーズ工房 だと思う。 
e0166734_21431607.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2015-09-28 21:46 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

スーパームーン

スーパームーン 
今日がほんまものの満月。
日中は晴れ間が多かったのに、だんだん雲の量が増えて、晴れ間が少なくなってしまった。
雲間から現れるのをかなり辛抱強く待つ。
19時台はまだ東方の空、とうとうまん丸のお月さんは拝めなかった。
見え隠れするお月さんも乙なもの、ありがとう!今年はこれでおさらば。
e0166734_21023939.jpg

e0166734_21030300.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2015-09-28 21:05 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

地元中学 奉仕の日?

主夫は忙しい!
愛菜館に野菜買いに行って、帰れば既に出かけたウオーキング中の妻を追っかける。
空気がとても美味しい。
今日は砂丘一斉清掃、ひょっとして地元の中の郷中学だけのようだ。
見たことのない上下車線の渋滞、なんだこりゃ。
一里松のところで、清掃を終えた中学生たちが何やらレクチャーを受けていた。
そうか、車は子どもを迎えにきた保護者たちの車なんだ。
徒歩や自転車の子たちも居るが、大半は親が迎えるらしい。
中ノ郷地区だから、2キロぐらい範囲、歩けばいいのにねー、と妻と話す。
今は車が何か大切なものを失わさせている。
一般車にとっては、大変迷惑な話。
ゴミ拾いの行為は立派だが、この車列は良くない。
近くの子どもの国の駐車場を借りるなど、いくらでも手当て出来るでしょう。
e0166734_21411666.jpg
e0166734_21412891.jpg
e0166734_21405510.jpg
e0166734_21410893.jpg
e0166734_21413694.jpg
e0166734_21414334.jpg
後刻、徒歩や自転車の中学生たちが追いついてきた。
自転車道歩行中、たった一人だったが、自転車の女子中学生が追い越しざまに“こんにちわー”
妻と“可愛いね”

[PR]

by tomiot3 | 2015-09-27 21:48 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

絶好の仲秋名月

夜空の晴れ渡りでお月さんは丸裸。
20時前は少し雲間があったが、一時間後の21時前になるとお月さんだけが黄色く輝いている。
我がカメラではうさぎさんが現れない。1万2千円のでは無理なのかなー。
絞り、シャッター速度の設定が出来ない。
<
19:43br>
e0166734_21112290.jpg
20:55
e0166734_21113767.jpg
br>コンサートから帰宅すると、サトイモが茹でられ、四つ割りにされていた。そうか、イモは丸のままのつもりだったが、夫婦間のすりあわせが足りなかった。
昨日採った萩は水揚げが悪くて萎れたので、今日午前中に採り直した。
e0166734_21184629.jpg
e0166734_21185902.jpg
団子はコンサート出かけ前に捏ねて寝かせて置いた。
まきの粉を使うので、もちもちして旨いうまい。大好き。
e0166734_21191318.jpg
さーてお月さんが間上に来るのは、23時を過ぎるかな。
[PR]

by tomiot3 | 2015-09-27 21:26 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)