<   2016年 07月 ( 75 )   > この月の画像一覧

高尚な歌のコンサート 咏

鳥取の生んだ名バリトン谷口伸・アニー夫妻のコンサートが行われた。
咏-UTAU- と題されては居るが、れっきとしたクラシック・コンサートだ。
既に鳥取での一連のコンサートは2002年以来8回目だという。へー!
明るく濁りのないバリトンは誰が聞いても、おそらくいい声だなー!うまいなー!と即共感する。
あちら(ドイツ)の市立歌劇場で堂々と活躍のことも十分納得できる。
おまけにアニーさんという、素敵なリリックなソプラノまで伴侶にしてしまって、将に鬼に金棒?
そのステージが心待ちになるほどである。
今日の暑さは、車かホールに居るのが一番、失礼ながら避暑がてらの鑑賞だ。
鳥取市民会館、補助席まで出て居るではないか。
e0166734_22123431.jpg
14時開演。
第一部 ドイツ物を少々
タイトルからして、伸さん独特のユーモアないしはアイロニーか。
なかなか渋いドイツリートが並んでいる。
アニーさんが先ずはシューマンの「献呈」で幕を開けた。
透き通る様な麗しき献呈。これ位ならば聴いたことの有る方は居るだろう。
メンデルスゾーンの「歌の翼」も同様。
お客さんの表情を観察してしまう。悪い癖。
おそらく普段ほとんど歌曲は聴く機会が無いと思うので、どのような反応をしめされるかついつい。
歌詞の字幕が出るので、妻などは分かりやすかったと言っていたが。
貧弱な知識が有るので題名のドイツ語表記も一応は読む余裕がある。
ただ歌詞など分からなくとも破綻など有り得ない美声と音楽に酔いしれればいいさ。
伸さんのフーゴー・ヴォルフに至っては、音楽の迫力と表現でほとんどカバーしてくれる。
シューマンのDuett(二重唱曲集)、題名だけで十分に伝わる精妙な重唱、
的確な表現、シューマンの音楽の詩的な素晴らしさがひたひたと迫ってきた。
第一部のあと20分のPAUSE、友人が言った。ピアノはどうだ?
調律はともかく、ピアニストが違うんじゃない、と答えた。


e0166734_21365979.jpg
第二部 今日はオペラ抜き 
これも独特な言い回し、オペラ抜きとはつまりオペレッタをやります代々云う事。
カールマン、ヨハンシュトラウス二世、レハールなどは皆さんのもそれなりに耳に馴染みが要だろうか。
ところがグリュンヘルト、ミレッカー辺りになるととんと耳馴染みが悪くなる。
しかしここがオペレッタの聴きどころ、シリアスさが少し抜けているので、聴いて振りを見ていれば楽しさが伝わってくる。
第二部はなんと言っても「ヴィリアの歌」に尽きる。
プラハのメリーウイドウもやったこともあるが、沢山見まくって、聴きまくっている。
録音ものでもよく聴いてきた。
アニーさんの「ヴィリアの歌」に胸が熱くなった。
そして「唇は語らずとも」はエンディングに相応しいデュエットだった。
アンコール
武満徹「死んだ男の残したものは」独唱、重唱で歌われ、アニーさんの目頭が熱くなられたようだった。
この曲はベトナム戦争の最中、谷川俊太郎の詩に曲が付けられた者で、言わば反戦歌である。
友竹政則(1931年10月9日-1993年3月23日)によって初演された。
その後、混声合唱曲にも編曲されている。
友竹さんは,NHKの歌のおじさんで顔なじみだった。

もう1曲、威勢良くメリーウイドウから「乾杯の歌」万雷の拍手で終わった。
私がお世話した方は満足して下さっただろうか。
熱気溢れるコンサート、外の暑さよりはずっとずっといいさ。
外に一歩出ると、むっときた。
e0166734_22125555.jpg
e0166734_22130857.jpg
e0166734_21371329.jpg






[PR]

by tomiot3 | 2016-07-31 22:20 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

汗がにじみ出る

気温が32,3度でも日ごとに体感する暑さはどんどんと酷くなってきた。
今日などは政野磯の典型、すっかり日陰で有ろうが無かろうが、夕刻過ぎようが過ぎまいが、
空気が吸いたくないくらいに暖まってしまっている。
そよ風も吹かない息苦しい夜を迎えた。

朝だって6時前後になれば、ギラギラ太陽を疎ましく思いたいくらい空気が暖かい。
その様な朝、キャンプ場にもそこそこのテントが張られている。
きっと寝苦しかったに違いない。
e0166734_20385041.jpg
そしてその近くに、月見草が今は盛りと咲いている。
月見草も子どもの頃を想い出す花のひとつだ。
e0166734_20371817.jpg
1キロほど歩く八東川の淵(どうさんじ)に続く川原には月見草が咲いていたものだ。
子供心には単に月見草、それは外来種だと言うくらいの観察だったと思う。
それが今になって鮮明に思い出されるというのは、どういうことだろうか。
先日、今ではその淵の岸の反対側を田舎自動車道が通っている。
自動車道だから止まる訳には行かないが、チラットその片鱗を見た。
あらためて行ってみようと思った。
昔のことの記憶は今にすると概ねスケールが大きく記憶されている。
多分、こんなにこじんまりしていたっけ、となるに違いない。
昔は川を挟んで、向こうの村のガキたちと石投げ合戦をやっていた。
私は小さかったので、ただ傍観するだけだったが。
今はそんなことをする子どもたちは居ないと思うが、それなりに素朴さが漂っていたのではと思う。

今キーボードに向かっているだけで、じわーっと汗が浮いてくる。

[PR]

by tomiot3 | 2016-07-31 20:42 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

山陰新幹線の夢は?

熱烈鉄道ファン、或いは21世紀は鉄道の時代と終始一貫言い続けてきた。
新幹線にも十分興味があるし、海外の高速鉄道にも十分注目をしてきた。
日本の新幹線は世界で初めての本格高速鉄道の草分けである。
田中角栄の日本列島改造論で9千キロの整備計画が打ち上げられた。
以来40年、整備は3千キロに過ぎない。
同じ改造論で高速道路1万キロはすでに1万3千キロ整備されている。
空港、港湾も勢いよく建設された。
なぜ鉄道である新幹線が足踏みしたのか。
ちなみにヨーロッパのドイツICE、フランスTGVを中心にした高速鉄道は、
20万都市をほとんど結んで将にインターシティー鉄道となっている。
余り触れたくないが、中国のそれは凄まじいものが有る。
高速鉄道とは対局の都市交通LRTに目を向けても発達状況はわが国の比では無い。
なぜ鉄道は?
東日本震災による鉄道復旧も儘ならず、BRTで代行させられた気仙沼線や大船渡線の例もある。
これらはJR主体の復旧として化せられている。当然の要に採算性を問われるJRは敬遠する。
なぜ鉄道にだけ、厳しい採算性を問うのか。
これに対する国のあり方にはずーっと疑問を抱いてきた。
最近話題の三江線の存続問題も然りである。
脱線だが、三江線を廃止すれば加速度的にその地域は衰えるだろう。
鉄道の力を侮っている。と同時に実力を引き出そうとしない。
道路、空港、港湾には採算性をほとんど問われて廃止されるなど聞いたことが無い。
分かりやすく言えば、鉄道を継子扱いにしている。

安倍政権は国費をジャブジャブ使う。
国の借金など頓着しない政権だ。
だから、今が千載一遇のチャンスと皆さん思っているようだ。
まあ、それ以前に国の制度を改めて、鉄道を重視する姿勢ならば、とっくに出来ていたことかも知れない。
e0166734_22122925.jpg
e0166734_22130675.jpg
e0166734_22324206.jpg

今日の決起大会は、時流に乗っているのかも知れない。
大きな梨花ホールも熱気が上る。
しかし、コンサートなどでは女性優位であるが、今日は女性は数えるほど。
男の大会なんだ。

国会議員の会、市町村会議などの気勢の上げようはまるで自民党大会のようでもあった。
絶対に超党派ではないのである。
ずらずらの来賓の入れ替わり立ち替わりの挨拶で1時間10分も費やしてしまった。

講演
《山陰地方に新幹線を走らせるには?》~実行可能解を探る~
大阪産業大学工学部教授 波床正敏氏 
《「山陰新幹線」の意義と実現プロセス》
京都大学大学院工学研究科教授 藤井聡氏

いずれも工学系の人で有るが、波床氏はシステム的な内容、
藤井氏は内閣官房参与という肩書きが示すように政策的な内容であった。
藤井氏の講演の中で、田中角栄以来40年の中で民主党政権における新幹線の話は頂けなかった。
語るに落ちた。整備が進まなかった所為を民主にしようとした。
これは大いなるお門違いだ。
40年に亘る自民党政権で指導してきた制度に問題があった。
話しぶりも大学の先生という風ではなく、むしろ政治家のようだった。
酷評すれば御用学者の類いか。
政権にくっつけばそうなるだろう。
以上、山陰新幹線、在来鉄道をからめた持論は申し越し整理して後日にしたい。

事前に気にしていたのは、山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議と言うタイトル。
超高速とは一般的に行ってリニア新幹線のことである。
なぜ超を付けたのか、ひょっとしたらリニアをめざしているのか。
もうひとつ、大会決議(案)野最後に
1.山陰新幹線の早期実現をめざす
2.北陸新幹線「京都北部ルート」の速やかな実現を目指す
3.整備事業費の負担のあり方びついて見直し 実現と地域活性化に必要な地域活性化の充実を目指す
とある。
3.に在るように、新幹線以前に在来線の拡充整備と、活用をどうすすめるが私の中の大問題であった。
しかし、お題目にはあるが、ほとんど触れられることはなかった。
超がつかなくてもよい、むしろ在来線との強調と調和を模索することの重要性を今さらのように思った。





[PR]

by tomiot3 | 2016-07-30 22:47 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

ミミズの自殺

今朝もアスファルトの道はミミズの墓場である。
なぜ?わざわざ灼熱のアスファルトに出てきて、もがき苦しんだ挙げ句にひからびてしまう。
夏場には必ずと見られる光景だ。
しかも大量にひからびている。
その理由(わけ)を
ミミズに聞いてみたい。
呼吸器を持たない皮膚呼吸のミミズは、気温上昇につれて土中の温度が上がると、
より温度の低いところをもとめて地表に出てくるらしい。
しかし、結果的には真逆の結果を招くようだ。
e0166734_21373104.jpg
今日も太陽の昇り初めから、西向きの空が《暑くなりそう》の予感をくれる。
e0166734_21393613.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2016-07-30 21:42 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

酷暑の畑仕事

夏の実力行使だ。
連続猛暑に晒されだした。
熱帯夜には寝不足のオマケがつく。
今朝も朝食を摂った後くつろいでいると、知らぬ間にこっくりこ。
睡魔が幾度も襲ってくる。
それでも畑に行かねばなるまい。
今日は収穫だけにしよう、野焼きだけはしようか。
結局は、鍬使いもする羽目に。
ホーレンソウ、時期外れだが有る種を蒔いといた。
野焼きって、実は大好き。
刈った草を積み重ねているのだが、一度に焼き尽くすことはほとんど無い。
大抵は焼け残って、次ぎに引き継いで行く。
生乾きの分、どうしても焼き切れない。
山沿いは夕立があるかも知れないが、ここらは大丈夫?
灰は濡れない方が良いからね。
e0166734_21133980.jpg
サツマイモ、見る度に蔓の密度が濃くなってくる。
e0166734_21155036.jpg
周囲の田んぼも田の水をたっぷり、時々水を落としているようだ。
この田んぼ、今年は他人が作っている。
来年は、作りんさいな、と言われている。
作るならば、“きぬむすめ”を作ってみたいが、どうかな? 
e0166734_21181077.jpg
なんだかんだと言ってる中に、今日も遠くのチャイムが鳴ってしまった。
2時間ぐらいはあっと言う間だ。
ナス、トマト、キュウリ、ゴーヤ、オクラ、
たっぷりの夏野菜摂取にお腹は喜んでいいのかどうか?




[PR]

by tomiot3 | 2016-07-29 21:31 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

桜さん 水も適度に

連夜の熱帯夜、夜が明け、陽が少しでも東の山脈から顔を覗かせれば、かーっとくる。
生温い風、そんな風でも頬を撫でてくれると有り難い。
今朝はそんな朝だった。
路傍の花々、お花畑などと言うにはほど遠いが、孤独にけなげに咲いている。
今朝はペットボトル二本に真水を詰めて、2本のさくらに水やりした。
帰りにキャンプ場でもう一度水を充填して、それなりにたっぷりと水やりした。
昨年までは、2リッターボトルを計7本、14リッターを背中と両手で運んだことを思えば、
今年は随分ラクチンだ。
桜たち、年々根を張って強くなってきた。
ある程度耐えさせると植物も強くなるようだ。
下水道工事のバラス混じり残土で埋められたところは、回復がどうしても遅い。
元気ならば、この秋は大幅な手入れをしなければと思っている。
e0166734_20472106.jpg
e0166734_20472941.jpg
e0166734_20474054.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2016-07-29 21:03 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

熱帯夜が明けると 砂丘は

どうやら夏本番、熱帯夜の寝苦しい一夜だった。
熟睡できない分、朝もすっきりめざめとならない。
このところ傾向として寝起きが良くないが、これは加齢のせいなのか?
どんより淀んだような朝の空気、老骨にむち打って重い足を運ぶ。
今日はゴミ回収の準備をした。
昨朝見つけた市道沿いの大型ペットボトルなどの回収のつもりだ。
ビール缶は草むらにゴロリと転がっているが、大型ペットボトルは見付からない。
どうやら回収した人がいるらしい。
かなり以前から、私以外にゴミ回収のけなげな?人が二人居ることは分かっていた。
一人は乳母車みたいなのを押したおばあちゃん、あと一人は軽四でゴミ回収しているおじいちゃん。
このような事をするのは若い人ではない。
お年寄りの特権?
年の功という言葉がかってはよく使われた。
ところが近年は歳を取ると加齢という嫌な響きの言葉が流行っている。
そもそも年の功には、年を重ねると共に、経験豊かなというと言う意味が込められていた。
ところが、最近はある意味、侮蔑の意味も含んでいるとひがんでしまう。

大型ペットボトルは結局なかった。
その代わり、草むらの中をよく見るとビール缶などが何個か見つかった。
僅か1キロ足らずの間のことだった。
e0166734_20391691.jpg
妻との会話、数年以前はゴミがもっと沢山だった。
毎日のように、レジ袋一杯は回収できていた。
早朝の通勤者だろうか、同じ場所で毎日のように珈琲缶を棄てる輩が居た。
その輩とは長く真理戦を展開した。
目撃してやろうとカメラを据えて待ち構えたこともあったが、結局は徒労に終わった。
そのうち何年かしてルートが変わったのか途絶えた。
またレジ袋に入れた缶からの大堤を走行車から棄てた処を目撃した。カシャンと棄てて逃げ去った。
コラッと言って追いかけたが駄目だった。
だから以前と比べれば、ゴミの量はぐんと減ったと思う。
少しはマナーが良くなったと云う事ならば喜ばしいのだが。

その様な事には関わりなく、今朝の砂丘はやや幻想的で美しかった。
ポケモンなどに巻き込まれないように。
ポケモンさんはきっとマナーは良くないと思うよ。
e0166734_20432796.jpg










[PR]

by tomiot3 | 2016-07-28 20:49 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

ポケモンきらい

ポケモンポケモンって、世は平和なのかも知れないがスマフォにばかり気を取られていると、
エライ躓きを知るかも知れない。
何か気味悪いと思いませんか、どちらを見てもスマフォに視線を取られている。
率直に言って、こうした風潮には、すこぶるの抵抗感を抱く。
どいつもこいつもという風潮には背きたくなる偏屈なんだ。
スマフォに気を取られている中に、世の中は大切な動きを皆さんの知らぬ間にやっている。
神奈川の障害者施設の出来事は、実にショッキングでその情報は世界中を駆けめぐったようだ。
こうしたことも、今の風潮の一貫であるような気もする。
こうした私設の在り方と言うか、障害者や老人に対する国の方針、国民の気概に何か違和感を覚えている。

そうだポケモン、鳥取県平井知事はいち早く反応して、鳥取砂丘をポケモン解放区だと宣言した。
スタバ、スナバもそうであるが、こうした事に対するはんのうが実に早い。
と同時に軽率、軽々しいという声が無いでもない。
私もそう思う。
鳥取県民気質に影響するところ少なからずだと思っている。
気移りしやすく、深みに至らないと言う気質だ。
昔のとのさんの生きようが、今に繋がっていることはお分かりでしょう。

ポケモン開放は、全国ニュースでも取り上げられているようだ。
砂丘に沢山来て貰う、これは否定することでは無い。
しかし、数さえ来れば良いとは思っていない。
極端な例、ポケモン属は砂丘でポケモンして、他の場所に移動してしまうことの方がまま有るかもしれない。
来てくれてもその効果たるや?
深みのある旅行客を増やす施策有ってこそでは無いか。

自然公園で有る砂丘そのもののは、あたふたとスマフォに集中し、その様な人がうろうろする場所であろうか。
たとえて富士登山しながら、ポケモンに興じているなどの姿を想像したくない。
世界遺産が鳴く。返上と相成ろう。
私ならその様な国立公園には行かない。
自然休養地というのが国立公園のひとつの目的だから、私は拒絶したい。
止めて欲しい。と言いたい。
大いなる勘違いだと思っている。
マスメディアも褒めそやす。
ポケモンはバカモン
ポケモンはキライ
私は知事の感覚が嫌いだ。
e0166734_22240150.jpg








[PR]

by tomiot3 | 2016-07-27 22:26 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

倒木は処理されたが

早朝とは言いながらも 朝凪の空気は余りやさしいとは言えない。
少し歩いただけで、汗の感覚が優れてくる。
昨日、県土整備局に通報した倒木や如何に。
メール返信が無かったので、届いたかどうか分からなかった。
やれやれ、処理されていた。
しかし、路上の清掃はされていなかった。
もう一歩が出来ない、仕事が丁寧でないねー。
e0166734_21491805.jpg
e0166734_21503112.jpg
山桜1本が水をすごく欲しがっていたが、昨日の一時、どーっと降ったようで、助かった。
また晴天が続けば・・・取り敢えず救援用のペットボトルを準備した。
市道を歩いてみると、あちこちに缶やボトルがポイ捨てされている。
明日にでも拾って回ろうか。
飲みさしのボトルが車中からポイポイ捨てられる。
贅沢になってマナーも悪い。処置なしだなー。


[PR]

by tomiot3 | 2016-07-27 21:59 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

暑さと仲良くしなきゃ

ためしてガッテン “オクラ”
オクラはアフリカ中西部のガーナが原産だという説明だったが、アフリカ北東部のエチオピアという説もある。
アオイ科トロロアオイ属[3]
ねばねば成分が血糖値を下げる効果が有るそうで、ソーメンと食べる例が紹介された。
わが家では意識しないまま、オクラだけ或いは納豆などを混ぜて食べていた。
理に適っていたとは嬉しい。
細かく刻んで少量の水と合わせ混ぜ混ぜすると、すごい粘りが出る。
そうかますますオクラ作りに熱を入れなきゃ。
早速アイスクリームに混ぜ混ぜして食べてみた。
特に美味しくなる訳では無いが、このクソ暑い時期、どうしても冷たいものの摂取が増える、つまり糖分もだ。
だから血糖値の上昇をしっかり抑えてくれそうだ。
e0166734_21033406.jpg
記録的ではなくても、この暑さには堪えがたい。
それでも昨日は雨を理由には畑行きを休んだので、今日は行かねばならない。
多分野菜はデカくなっているだろう。

9時半頃出かけたので、暑さに晒されるのは覚悟。
妻が収穫に精出す間、収穫済の場所の雑草の始末と畝づくりを済ませる。
今年はオクラが例年よりも出来が良くて、自家用にしては十分だ。
花はアオイ科トロロアオイ属だから、葵の花にそっくりだ。
野菜の花では一番美しいと言われている。
e0166734_21233572.jpg
露光が過ぎた
e0166734_21241947.jpg
雑草類を寄せ集め、150メートル離れた田んぼ畑に運び焼く。もうこの段階でくたばっていた。
一輪車を押すのもゆっくりゆっくり、パワーが無くなった。
給水しても追っつかない気分。
雑草を焼却するのも大切な仕事、草木灰が出来ればサツマイモに施そうと考えて居る。
灰は良質なカリだから。

既に収穫を済ませた場所は、8月以降の作物のために、順次畝作り。
永年土づくりに注力したお陰で、良い土に育った。
さーて、何を作るか。
e0166734_21263711.jpg
e0166734_21264471.jpg
e0166734_21265496.jpg
11時半頃今日の作業終わり。もう着衣はいつものように泥と汗にまみれた。これが百姓というものだ。
田舎に住まいを移すつもりで考えたときの大切なことのひとつ、
それは外トイレとシャワールームだった。

2日のインターバル、やっぱり野菜が育ちすぎた。
夕食はナスとトマトをたっぷり使ったマーボ豆腐丼にした。
e0166734_21315792.jpg
e0166734_21321780.jpg
e0166734_21322841.jpg
e0166734_21323916.jpg
e0166734_21325174.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2016-07-27 21:43 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)