<   2016年 08月 ( 81 )   > この月の画像一覧

鳥取は天高く青空

北日本、北海道の台風被害を他所に、当地はカラッとした秋空になった。
今日は畑に行く日、妻を連れ立って途中園芸用品を仕入れてからとした。
ところが出かけるタイミングが遅すぎた。
10時に近い、気温は30度を越しそうだ。
妻がしきりに、私の体を気遣って、やめようと言い出した。
結局はうちまけて止めることにした。
園芸用品だけ調達したところで、湖山池をぐるっと巡ってみようと言い出した。
私は運転手、言われるがままハンドルを右に左に。
ついでにひなびた吉岡温泉にも行ってみた。
ただ通過するのみだ。温泉街の賑わいなど無縁だった。
かって、わが家の法事で使わしてもらったホテルも無かった。
途中、佳境の山陰自動車道の工事の中を通過して、湖山池へと。
池として日本一の広さの湖山池、福井駐車場に駐めて、しばしひたひたと打ち寄せる波音を聞きながら、ボーッと市街地方向を眺めた。
まんざら悪くない景色だ。
それなりに整備されているが、何処かピントが合っていない。言うなればイマイチ。
池の北側にもホテルなどがつくられたが結局は長続きしなかった。
宝の持ち腐れ、そんなのが鳥取にはあちこちにある。
e0166734_19563377.jpg
e0166734_19564425.jpg
e0166734_19565859.jpg
e0166734_19571111.jpg
e0166734_19571935.jpg





[PR]

by tomiot3 | 2016-08-31 20:04 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

台風10号暴れる

台風10号は北海道と岩手県に甚大な被害をもたらした。
未曾有の台風襲来とは言え、改めて日本は災害大国であると認識した。
岩手県のグループホームの被害、特に人的被害は悲惨すぎる。

e0166734_19391429.jpg
NHKNEWSWEB クリック
何年か前の広島の時もそうであったが、グループホームや福祉施設の類いは、
後から考えると、なんで?と言う場所につくられているケースが多い。
人里離れ、土地代の安いところを選んでいるように思えてならない。
川のそば、谷の出口だとか、真剣に検討されていれば当然避けるべき処なのだが。
施設づくりを許可する自治体にも責任の一端があるのではと思ってしまう。
総合的にそれらを判断する機関が必要だ。
想定が不十分過ぎる。
先ずは人命第一に。

東日本大震災の復興途上或いは、ようようにして再建したわが家を流された人々も居るんではなかろうか。
北海道については、台風直撃など想定に入っていなくて堤防の計画高水位も低く、従って堤防高さも低かった。
この度の経験で改訂されるだろうが、とにかく日本という国は災害対策に対して、更に心しなければ。

[PR]

by tomiot3 | 2016-08-31 19:42 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

古楽の勢い

今朝の〔古楽の楽しみ〕はとても楽しかった。
題して、“特集チェンバロ男子トーク”
チェンバロ男子とは、大塚直哉鈴木優人の両氏。
大塚氏は鈴木氏の父親である鈴木雅明氏の弟子でも有り、
オランダのボブ・ファン・アスペレンという共通ので師で繋がっている。
ニコラウス・アーノンクール、グスタフ・レオンハルト、フランス・ブリュッヘンという
古楽界の重鎮を相次いで喪った今であるが、オランダを中心とした古楽界は未来へ向かって発展拡張の勢いだという。
最近ではモダンの世界にも弓を古楽の物に変えたり、モダンと古楽の両方、或いは優秀な奏者が古楽に転換する時代を迎えている。
またモダンオーケストラの世界でも古楽奏法による演奏が増えて、ちなみに私も多くのそうした演奏を耳にした。
チェンバロの個性というか、音の違いはピアノよりも強烈で、たとえ同じチェンバロであっても奏法による、
つまり奏者によってこれ程違うものかと今さらながら驚いた。
今朝の古楽の楽しみは、様々なチェンバロを聴いてみたいという欲求がわき起こる小一時間だった。

今日の放送

大塚直哉,鈴木優人「管弦楽組曲第1番ハ長調BWV1066からクラント」バッハ:作曲,鈴木優人:編曲,(チェンバロ)大塚直哉,(チェンバロ)鈴木優人ほか

楽曲

  • 「管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV1066から クラント」
    バッハ:作曲
    鈴木優人:編曲
    (チェンバロ)大塚直哉、(チェンバロ)鈴木優人
    (2分17秒)
    ~CR509スタジオ~

    「“宗教的コンチェルト集”から“ハレルヤ、天において主を賛美せよ”第3部」
    シャイト:作曲
    (合唱)ヴォクス・ルミニス、(オルガン)鈴木優人、(バス、指揮)リオネル・ムニエ
    (3分40秒)
    <RICERCAR MRIC301>

    「組曲 第27番 ホ短調から アルマンド」
    フローベルガー:作曲
    (チェンバロ)ボプ・ファン・アスペレン
    (2分50秒)
    <AEOLUS AE-10074S>

    「平均律クラヴィーア曲集 第2巻 前奏曲とフーガ 第5番 ニ長調 BWV874 前奏曲(一部)」
    バッハ:作曲
    (チェンバロ)トン・コープマン
    (0分42秒)
    <ワーナー WPCC-3761-2>

    「トッカータ(一部)」
    ピッキ:作曲
    (チェンバロ)トン・コープマン
    (1分34秒)
    <CAPRICCIO 10 211>

    「“旅立つ最愛の兄に思いを寄せる奇想曲”BWV992から アリオーソ“旅を思いとどまらせようとする友人たちの優しい言葉”」
    バッハ:作曲
    (チェンバロ)グスタフ・レオンハルト
    (2分34秒)
    <ワーナー WPCS-6288>

    「2台のチェンバロのための協奏曲 ハ長調 BWV1061aから 第1楽章」
    バッハ:作曲
    (チェンバロ)大塚直哉、(チェンバロ)鈴木優人
    (7分18秒)
    ~CR509スタジオ~
    大塚直哉
    e0166734_15121883.jpg
    鈴木優人
    e0166734_15164927.jpg





     

[PR]

by tomiot3 | 2016-08-31 15:17 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

台風去りぬ

台風10号の影響は左程で無くやや拍子抜けの感。
東北太平洋岸へと向かってしまった。
早朝からおだやかなりし日を迎えた。
台風一過と言うにはおこがましいが、
空気が浄化されたように澄んでいる。
10時過ぎの中国山地、砂丘は一段と美しさを増したように見えた。
e0166734_20405046.jpg
e0166734_20394975.jpg
e0166734_20414327.jpg
e0166734_20420890.jpg
大学乾燥地研への道、今日はやけにロマンチックに見える。
はるか向こうに何やら良いことが有りそうな。
e0166734_20422199.jpg
ウオークから帰宅して、裏庭に回ると、ゴーヤが待ちきれなく熟し切って落下寸前だった。
ご免、昨日は一度も見てやらなかったね。
e0166734_20441094.jpg



[PR]

by tomiot3 | 2016-08-30 20:49 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

家庭用ミキサーの問題点

朝食がパンの時は、スムージーやポタージュをつくるのに欠かせないミキサー。
もう数年以上は使っているが、以前の物に較べると騒音は小さいし、カット・混合もスムースだ。
今朝も使った後、いつものように掃除をした。
ボトルとカッターは分解できるので簡単で綺麗に出来る。
ところが駆動部とボトルの接合部は汚れるのも早く、実に掃除しにくい。
e0166734_19393430.jpg
汚れ具合はと言うとボトルの裏と駆動部の上っ面が真っ黒になる。
写真はかなり綺麗にした後だが、
ボトルの底
e0166734_19392301.jpg
駆動部の上っ面
e0166734_19385133.jpg
e0166734_19391558.jpg

汚れの原因は、駆動部のジョイント部の黒い部品とボトルの駆動を受けるかみ合わせに有ると思う。
高速回転によって、かみ合い同士が研磨し合い、下部の黒い材質が微細な超研磨くずをまき散らすのでは。
そして難点は、カチッとかみ合いを保つためだろうが、構造が複雑で、隙間が小さく、実に掃除しにくい。
今日は細かいところまで汚れを落とそうと、細い棒の先にキッチンペーパーを巻き付け拭き取った。
その前にセスキ炭酸ソーダ水を吹き付けるのだが、
これが優れもので、大方の汚れを浮かしてくれる。
メーカー〔zojirushi〕に改良をお願いしたい。
① 駆動伝達部の材質に改良を加える。
② 駆動部、ボトル受け部の構造をシンプルにして、清掃しやすいようにする。

 


[PR]

by tomiot3 | 2016-08-30 19:59 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

初ものだらけの台風10号

e0166734_19162330.png
初ものずくめの台風10号、18時頃に岩手県大船渡付近に上陸した。
東北地方太平洋岸に直接上陸したというのは、気象庁が1951年に統計を取り初めて以来、
初めてとのこと。
東北地方の人々の同様や如何に。
進路とその影響下の人々への不安を少しでも和らげてくれ。
雨待ち、雨乞いをしたくなる矢木沢ダムの貯水率はようやく50%、
これだけ有ればとは言うものの
普通の雨しか降っていない皮肉、天のいたずら。




[PR]

by tomiot3 | 2016-08-30 19:28 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

晴耕雨観

日本会議なるものって如何なるものか、漠然たる状態であった。
それはつい先頃までのことである。
実は自民党と深く関わりがあって、
現内閣と言うか、自民党政権の8割方は日本会議に属しているという。
そして安倍晋三氏は第1次内閣以前から、日本会議の伊藤なにがしという人物が深く関わっていたことが分かった。
菅野完氏曰く、安倍氏は頭が余り良くないし、相乗右派簡単だ。
そして日本会議の連中も頭が良くなくて、空っぽだと。
処が長崎の学園闘争の左翼に対抗して出来た組織は、左翼に学び事務処理能力を付けた。
日本青年会議となり、その年代が今は日本会議の事務処理を行っているという。
署名集めが100万単位なのも、事務処理能力の高さを示しているという。
それでも彼等は頭が悪いと指摘する。
つまり70年代から、進歩を止めた、つまり思考停止に陥っているという。
菅野完氏は自分自身は右翼だと言うが、そこの違いを言いたかったようだ。

私の推論だが、安倍氏を取り巻く様々な問題、例えばNHKの予算の事前説明を求めた件など、
もみ消した形になったが、私はずうーっと真実だと思っていたことが、今裏付けられた気がする。
4月に発刊された菅野完著「日本会議の研究」は今現在120万部を越しているという。
菅野完氏と池田香代子氏のネット対談番組を今日は2本も見た。

そして大竹まこと、室井佑月、青木理の対談番組も面白かった。
ここでも日本会議の正体がメインだったが、オリンピックの影に隠れて大事なことが報道されなかったのでは?
大分県警の盗聴事件は事実は報じられたが、メディアはもっと追求しなければと言う。
今に始まったことでは無いが、国民は監視されていることを知らなければならない。
にもかかわらず先の選挙で自民党が圧勝したという事実、国民は怖い状況下に置かれていることを覚悟しなければならない。
警察(公安委員)はターゲットの目標は徹底的の調べ、自民党に通じ、
またその逆の場合があるという。
これまた推論だが、都知事選で鳥越氏の女性スキャンダルが出たが、これは内調によるものと思う。

晴耕雨読ならぬ晴耕雨観でパソコンに張り付いた一日だった。
日本会議の正体 大竹まこと、室井佑月、青木理
安倍政権に影響を与える《日本会議》
池田香代子の「100人に会いたい」28人目 菅野完さん 日本会議を知る
日本会議とは?
結局は宗教右派の言いたいことは、左派とリベラル派はだめ、人権はだめ、つまり男女平等、
夫婦別姓、女性と子どもの権利はだめ、外国人の選挙権などはだめということ。
先に稲田現防衛大臣が主権を国民に与えてはならない、国家主権を全面に、と言っていた事と符合する。
日本会議の過去の成果は
国歌、国旗法制定、教育基本法改正、などと言われると、国民は知らず知らずにという恐ろしいことになる。

以下は主な拾い出し。いずれも1時間前後の長いビデオだがお暇なときに是非見て頂きたい。

[PR]

by tomiot3 | 2016-08-29 22:51 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

台風10号針路が絞られた

e0166734_21091966.png
台風10号の勝手気ままさに気象庁も手を焼いたのかな。
昨日の予報円の更に北側のコースを進むようだ。
5時過ぎ目が覚めると雨だった。
台風の余波というか影響はその時点では西日本への注意報や警報が出されていた。
午後になるとどうやら影響も徐々に治まる。
つい先日までは、扇風機を目一杯回していたのに、扇風機が要らないどころかすべて窓を閉め切った。閉め切ると空気が籠もって湿度が上がるし、どのみちはやく去ってくれ。
強力台風は一時は945hPa,現在は950hPa、いずれにしても強力台風だ。
しかもまたまた北日本を狙い、北海道もまたしてもどっさりの雨に見回れはしないだろうか。
午後4時頃、やみ間を見つけて砂丘方面へ、皆さんも心得たものもので、
待ってましたとばかりに歩いたり走ったり。
明日は当地への影響は治まりそうだ。



[PR]

by tomiot3 | 2016-08-29 21:27 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

台風前の農作業

台風10号の影響で午後からは怪しくなると予報されていた。
30日火曜日辺りまでは影響かで雨が予報されている。
それではと、朝食をそそくさと済ませ、田舎畑へ妻共々。
収穫は妻に任せ、今日は草刈りがメインだ。
日に日に草背丈を増す雑草をこれ以上放置できない。
先回し残したところと、本宅裏の雑草刈りだ。
e0166734_21113682.jpg
このくぼは元々田んぼ、だから子の写真の情報に近づくと、ほぼ田んぼ状態だ。
隣の田んぼの水路との関係で、この田んぼのヘリを水路が走っている。
だからどうしてもビチャビチャ状態になる。
沼状態的になっていて、刈り払い機の歯がはねる水に幾度も洗礼を受けた。
e0166734_21161575.jpg
何とか1時間余りで片付けたが、先回、先々回刈ったところも全部刈り終えた。
沼地?の反対側は畑にしているが、ここも場所によっては足が沈むところもある。
稲作時期は排水対策に知恵が要る。
今はサツマイモと小豆だけを造っているが、まあまあかな。
サツマイモ蔓が小豆エリアに迫ってきたので、蔓返しを、これはサツマイモづくりには必要な作業でもある。
e0166734_21231215.jpg
サツマイモの蔓返し 写真が横になっちゃった
e0166734_21233852.jpg
100メートル移動するのだが、脚の力がすっかり推進力を失って、まるで牛歩。
つぎ、裏庭のせいぜい10メートル四方足らずの草刈りを終えたらもう限界だった。
疲れが限界になると、左耳にデッカイ耳クソが挟まったような感じで、声の響きも他人様が分かるほどに透明感を喪い、籠もった声になる。
残りはまた今度。
種まきもせねばと思ったが、10号が片付いてからにした。
気温はせいぜい28℃止まりながら、汗はしっかりかいた。



[PR]

by tomiot3 | 2016-08-28 21:33 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

変な台風

奇妙奇天烈 前代未聞の台風10号台風の動きが我が行動を支配している。
台風のもたらす被害も甚大だが、一方台風はこの国の水資源には歓迎されるお客さんでもある。
ところが台風だけでなく、気象状況そのものが過去の事例や経験則を打ち砕いている。
今年は話題に上らなかったが、四国の大河、早明浦ダムは四国の水がめと言われ、
四国の命運を決めると言っても過言では無い。
今年は関東一円のダム群の貯水率低下が夏の渇水を野切れるかどうかが話題になった。
関東は東京という大都市を中心とした大都市群は水の大消費地、
その最もなダムが矢木沢ダム、利根川水系では最大級のダムで、ここの貯水率の推移を時々見ている。
全国各地で、ことに北日本では災害を起こすほどの雨に見舞われているというのに、貯水率は?
一時30%台に低下して、取水制限まで行っていたが、流石にこのところ49%台に回復した。
ここ数日は30ミリ後半の日降雨量で、貯水率の回復に寄与しているようだ。
水資源的には当面は問題ないだろう。
しかし、2020東京オリンピックを控え、東京を中心とした関東一円の水需要を考えると、
ぞっとする面もある。
開催時期が8月、渇水対策というのは当然考えて居るだろう。
オリンピックでなくとも人口密集した巨大都市を抱えたエリアの水資源、水収支は日本の課題では無いか。
子意味からも、都市機能だとか、人口集中を避ける施策は重要となる。
オリンピックはこうした事への反作用ではないかと思っている。
つまり東京集中への拍車になるから。
e0166734_21015932.png




[PR]

by tomiot3 | 2016-08-28 21:04 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)