<   2016年 09月 ( 62 )   > この月の画像一覧

トト姉ちゃん いよいよ明日最終回

トト姉ちゃん 
いよいよ明日が最終回
トトねーちゃんの実話モデルになっている「暮らしの手帖」の編集者大橋鎮子と編集者金森安治、戦争を体験し、敗戦後の日本で何を成すべきかで「暮らしの手帖」を立ち上げた。

ドラマは、終戦前後の扱いは、意外とさらっとしていて、反戦の匂いは希薄だった。
そうした面で批判も寄せられていたようだ。NHKの今の姿勢を反映していると思えた。
しかし、注意深く見ていると、唐沢寿明演ずる金山と高畑充希演ずる小橋常子の会話なりを注意深く見ていると、必ずしもそうではないことが分かる。
第152話では金山は取材で広島に出かけた帰りの東京駅で倒れた。
病院での下り、花山が常子に“戦時中に積極的に戦争に関与した者として、戦争を知らずに生まれ育ったこれからの世代のために戦時中の記録を残しておきたい”
また最終週には、“戦争により豊かな暮らしを奪われた、戦争を二度としてはならない”を幾度か述べて居る。
ドラマでも読者から寄せられた戦時中の記録の特集号で100万部を超えるという快挙を果たす。史実上では暮らしの手帖96号特集「戦争中の暮らしの記録」となっている。
だが時期的にはドラマが1978年(昭和53年)であるのに対し史実では1973年(昭和48年)となっている。

昨日は花山家に口述筆記に訪れた常子に対して、花山は“常子さん、ありがとう”とお礼を述べ、実質的な別れをする。
玄関で妻に支えられながら、玄関戸が閉まるまで手を降る金山、玄関を出た後、傘をさしてしばし佇む常子、上空からの撮影、ちらつく雪が傘に白くうっすらと貯まって居る。
これはかなりの時間経過を意味し、去りがたかった常子の心情を表現していた。

e0166734_21204636.jpg
暮らしの手帖も初代金森氏の後、編集者が複数代わっている。
だから戦争への扱いもこの間、変遷があるのは当然、2007年以降は松浦弥太郎氏を編集長に迎えたが、2015年澤田康彦氏に代わった。
松浦氏時代は政治色が薄くなり、澤田氏時代になってからは政治色を忌避する姿勢に変更があったようだ。
澤田氏のスタンスは「「だまされない、賢い生活者であるための雑誌をつくる」だった。
松浦氏にしろ、澤田氏にしろ時代の背景の影響は蒸しできなかっただろうが、争う姿勢というものも大切にして欲しい。
今「暮らしの手帖」編集部には、政治色が強すぎるという批判が寄せられているそうだ。
私はむしろ松浦氏時代は、初代金森氏のある意味での反戦色が失せて、そのことはむしろ賢い読者になることを忌避していたのかも知れないと感じた。
だから、ふたたびその様な批判を浴びること自体、正しい方向だと思う。
なぜ政治的要素があってはいけないのか、生活と政治は切り離せないと云う事に対して、どの様に説明がつくのかむしろ問いたい。
少なくとも堕民政策の片棒は担がないで欲しい。
libedoorニュース 参照あれ。

わが家では、朝ドラは毎日、都合3回乃至4回も観る。
妻はハンカチが離せない。
妻は目薬を朝昼晩とさすのだが、今朝、涙が出ちゃったので、目薬が流れちゃう。
笑っちゃった。


[PR]

by tomiot3 | 2016-09-30 21:37 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

秋なればこそ

降水確率が午前80,午後90と言うから、雨を覚悟したが、小さな雨が時折降るだけだった。
午前はまずかるくウオーキング。
昨夜はイノシシの活躍か、さくらの根周りが浅く掘削されていた。
これぐらいならサクラへの影響は無いだろう。
e0166734_19401341.jpg
クリ目当て この時とばかりに自転車道はクリ賑わい
栗のイガのみ寂しく転がる。
時々自然落下するクリがある。
往きがけになくても、帰りには数個転がっていた。
e0166734_19370078.jpg
 
中病近くの千代川方面にヘリの爆音、ドクターヘリが舞い上がり、豊岡へ向け帰還、
どんな患者さんが運ばれたんだろう。
e0166734_19542755.jpg
次は妻の内科診療への付き合い、午後は一服した後、松の剪定に続き、ウバメガシの剪定を実行。
剪定そのものよりも、剪定された枝や葉っぱの始末が割と負担になる。
松葉を集め、かなりでっかいスクモ袋に詰めるのだが、入り切らなかった。
よくもまあ、我ながらこんなにも剪定したものだ。
e0166734_19530890.jpg
e0166734_19593088.jpg
次は隣のウバメガシ。
脚立を登り詰めると、キンモクセイが眼下になる。
香がふわふわーっと立ち上ってくる。
ぼうぼうと枝がたちあがっていたのに、スッキリ。
このウバメガシは、営林署(現森林管理署)で直販を買って植えたもの。
たしか半世紀は経つと思うが、余り大きくならない。
生命力の強い木で、少々切り詰めても平気だ。
e0166734_19570823.jpg
e0166734_19585433.jpg
気温も20度少しオーバーくらい。
雨も降らず、キチンと目的を果たした。ありがたや!
それでも松葉や枝にチクチク、汗も一丁前にかき、金木犀の花粉も浴びた。
シャワーですべて洗い流して心地よい疲労感に浸る。






[PR]

by tomiot3 | 2016-09-30 20:14 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

信念無き教委 県美は止めて

県立美術館問題、ローカルニュースでも流されたが、アンケート設問9は削除ですって。
つまり、場所選定の項は削ると云う事。
県会で指摘(自民)されるところりと変わる。
以前のホール削除についてもそうだ、そして予算の問題も、指摘されれば根拠もなく或いは薄く、
ころりと変えられる。
なんてこった。信念に従った仕事振りは全く感じられない。
教育委員会って、なんて詰まらん役所だ。
良くも悪くも信念無き輩は大嫌いだ。
自民も同じ指摘するならば、アンケートそのものを中止せよと言うべきだった。
何の意味も成さないアンケート、いい加減にしてくれ。
ましてやアンケート自体の信憑性、他の設問にだって大いなる疑問がある。
鳥取あちこち見聞日記の県会傍聴記でさらに立腹。
この様な教委の担当する県美は碌なものにならない。
辞めて欲しい。
全て白紙に。

[PR]

by tomiot3 | 2016-09-29 21:51 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

庭松の剪定

大雨注意報下ながら雨のやみ間がかなりあった。
昨日やりかけた松の剪定の続きを挙行。
午後、二度に分けて行った。
せいぜい5メートル余りの高さの松、元々高所に弱いのだが、これ位ならば。
身をかがめ曲げて、管理柔軟性を求められる。
先っぽなどは左手でキープし、思い切り手を伸ばしてハサミでチョキチョキ、
てっぺんにも登って、体を縦横に曲げながら、我ながら柔らかいと。
足をのっける枝も少々頼りないのがあるが、折れることも想定しながら、
なんとか9割り方済ませた。
後は、形を整えるだけ。
妻は、ひやひやしながら見ていたようだ。
“松なんかない方がいい”と宣わく。
野ブドウの蔓も片付けたし、後は月桂樹や夏柑が残っている。
夏場の暑さを避けて延ばし延ばしだったが、これですっきり。


[PR]

by tomiot3 | 2016-09-29 21:02 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

交通マナーへのつぶやき

先の日曜日だったかな、ラジオは中国地方ローカルだった。
岡山県の何処かの地区、車の方向指示の出し方が良くないので、講習会をするというものだった。
免許更新の時、他県からの苦情のひとつとして、車の方向指示の出し方が悪い。
と言う指摘の電話が寄せられると言う話は聞いていた。
鳥取県が顕著だとしても、他県も似たようなものだと思うが、
他県の人にも聞いたことが有る。
自身も大変良くないと感じている。
岡山県でもやはり問題視しているから講習会を開くのだろう。
実際車を走らせれば、どなたでも気がつかれることだろう。
とにかくやきもきする。
直進するのか、曲がるのか、直前まで分からない。
ハンドルを切ってから出す。これは多数だ。
ひどいのは全く出さないで勝手に曲がる。
ほぼ100%近くだめなのが、車線変更の際だ。
実際行為を終えてから出す。
免許取得は昭和28年だけど、当時の免許取得講習では、信号の出し方は、かなり執拗に教えられた。
ある時、ある自動車専門家の話が耳にこびりついている。
方向指示器は物言わぬ車の唯一のコミュニケーション手段、自分の意志を他車に伝える重要な装置だと。
以来一層気を付けて、車線変更の時は事前に出す。出してから車線変更する。
右折左折は6秒くらい或いは20~30メートル手前で出す。
ランプに入るとき出るときも勝手に出入りする車が目に付くが、他車に分かるようにキチンと意思表示する。
四車線道路では、比較的出しているようだが、信号手前右折車線に入る場合、
キチンと出す車はごく希だ。
昨日出さずに右折した車、今日も信号ストップで前に居た。
出していないので直進かと思ったら、ハンドルを完全に右に切ってから出した。
老人では無い男性だった。

もう一つ。
自転車が危ない。
対面して走ってくる自転車、要するに右側通行している自転車、
今日も小雨の中、傘をさして右側の路側を走っているオッサンが居た。
スーパーマーケットに着くと、そのオッサンもやってきた。
“おじさん、右側を傘さして走ってましたね。違反だし危ないですよ”
弱い声で、ええと言ったようだった。
実際よろけられたりしたら避けようが無いことだって在る。
命は大切にしたいね。

以上2件は、日常茶飯事のこと、安全に命を大切に、これはお互いの努力にかかっている。
その上、わが国は安全面でのハード整備は後進国ですな。
新しい道路でも、ランプやインターの出来が悪いしね。
一体誰が設計したんだ。としょっちゅうつぶやいている。



[PR]

by tomiot3 | 2016-09-29 20:27 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

迷走 構想なき県立美術館

いよいよ迷走《県立美術館》
《鳥取あちこち見聞日記》をシェア

いよいよ迷走入り。
もともと県教委の姿勢に疑問、また県美の検討構想は知事部局でやるべきでは無いかという疑問、
知事の見解というものがほとんど見えない。この様な大事を県教委でやっているからこうなる。

県博物館での委員会を傍聴した際、予算縮小の関係でホールを削るという庵が示された。
質疑応答の際、次の質問をした。
“ホールは必要、絵画と音楽は一衣帯水のケースも多く、多の微衷つかんでは、
コンサートによって収穫を高めているケースが増えている。従って、ホールを削るのはいかがなものか”
すると大場氏は、奇妙な返答をした。
“近くにホールはありますから”態度も時間切れ間際で立ち上がりながらんの捨て台詞的だった。
それに対してわたしは言った“近く出なく一体で無ければ意味が無い”
時間切れでそこで打ち切りになった。この種の質疑応答は、大抵時間切れになる。
あー大場氏は、美術にも音楽にも素養の無い人だと直感した。
芸術に対する夢や羨望など持ち合わせなく、単なる行政マンに過ぎない、
だから立地だとか、幾らだとかに施行が集中して、美術館本来の目的や役割については二次的な思考なんだと強く感じた。
大場氏の“近くにホールはありますから”この言葉の裏を勘ぐった。
そうか、実際には内部的にすでに立地は決めて居るんだ。その様な場所は4カ所の中で市庁舎跡地しか無い。
全く県民を愚弄しているでは無いか。

今回はまたアンケート、その必要性も無いが、益々腹立たしいばかりだ。
美術館は必要だ。しかし、今回の一連の成り行きを観察すると、一旦打ち切って欲しい。
下手な委員会などやめて欲しい。
巨費を投じても、碌なものは出来ないから。

なぜ、この様な美術館を造りたい、コンセプトはこの様にしたい、未来を見据えた美術館構想などこそ、侃々諤々やりたいものだ。
場所や費用は二の次だ。
公共のハコモノづくりの失敗は、この辺りの欠如に起因する。
着衣に体を合わせるが如くだ。

参考資料
元学芸員だった竹内倫子さんの日本海新聞「潮流」最終稿をご覧あれ、
専門家の意見として、また美術をこよなく愛する人箱のように考えて居る。
e0166734_10362896.jpg



[PR]

by tomiot3 | 2016-09-29 10:43 | 文化・芸術 | Trackback | Comments(0)

キンモクセイ

予報に反して、午後は曇り空ながら雨も降らないし、まあまあの天気加減。
松の枝のぼうぼう、ちょっとでもはじめるか。
今日は梯子の届く範囲だけ手を付けた。
その隣のキンモクセイが、ほのかな香りを放っている。

e0166734_20253778.jpg
e0166734_20251985.jpg
やっぱりそうか。
中国南部原産で、江戸時代に日本にやってきた。
昔はくみ取り式便所だったので、その芳香の効用として便所近くに植られたそうな。
言われてみればそうだった。
妻の実家にはキンモクセイもあるが、ギンモクセイは、こんもりとすごく立派な樹だ。



[PR]

by tomiot3 | 2016-09-28 20:34 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

強雨の来る前に

今日に日延べした畑行き、天気予報では9時以降強雨、それまでは曇りとあったので、
雨が来るまでに片付けちゃおう。
5時オーバーの目覚め、なんやかんやで出発できたのは6時近く。
車中でFM古楽の楽しみが始まってしまった。
ややっ、途中で雨が降り出した。
台風が絡むとどうも天気予報が当たらなくなる。
秋雨前線が台風に刺激されて活発になっているようだ。
いずれにしても昨夜も降ったようだし、土は濡れてしまっているだろう。
収穫と収穫を終えたゴーヤとトマトの片付けは最低出来るだろう。
e0166734_17364257.jpg
e0166734_17365480.jpg
片付けた後は、苦土石灰を施して、ざっと鍬で耕す。
草よけシートのお陰で、土がベチョづかない。
e0166734_17370308.jpg
菜っ葉、虫食いで悲惨。
e0166734_17323373.jpg
e0166734_17324108.jpg
ダイコンとカブは芽の出たところでほとんど食べられちゃった。
も一度撒くしかないか。
種はまた買わなきゃならない、妻曰く“ダイコンなんか買って食べればいいから”
考えて見れば二人の必要量は買ったって知れているんだが。
ここ一週間ほどは天候不順、チャンスを見計らって蒔いてやるぞ。
聖護院のダイコンとカブの食感と味が頭をよぎる。

義姉から頼まれていた畑の耕運、土がべちょだったら・・・。
雨もまだ強くないし、えいやっちまえ。
どろんこになりながら8時半で終わり。
雑草も刈りたかったが、また今度。
さつま芋の試し堀、去年は30日に行っていた。
しかし、これこそ土が乾かないとだめだ。
田んぼ畑のサツマイモ、その周辺の小豆たちは、すさまじい雑草の成長と競争だな。

今日の収穫
青いトマトは炒め物に使う。
唐辛子・パプリカとナスと青トマトは、鶏挽肉との味噌炒めになった。
e0166734_20074716.jpg
今日の天気予報は余り当たらなかった。
畑から帰宅した後は、ちょろっと降っただけ。
スーパーコンピューターによる気象予報もまだまだ発展途上だな。





[PR]

by tomiot3 | 2016-09-28 20:15 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

寅さん行脚

昨日投稿の「寅さん」部分を抜き出し、書き加えての投稿。

火曜の夜は、グッと主旨を変えて寅さんを鑑賞。
第39作「寅次郎物語」マドンナ=秋吉久美子
何度観ても飽きない寅さん。
念願の柴又に行ったのは、たしか2011年2月末から3月初めにかけて、
胆管癌が発覚する少し前のことだった。
時々吐き気を催したり、逆流したりで調子の悪いことがだんだん増えてきていた。
見納めという訳でも無いが、よーし行こう。妻と車で出かけた。
往きがけは、人影まばらな早朝の三保の松原をしばし散策し、羽衣をかけたという伝説の松に信じた振りをした。
極めつけはなんと言っても、海岸から眺めた富士山さんだった。
ただただ感嘆の声を上げるのみだった。北斎のまんまだった。
e0166734_14372705.jpg
そして、極度の渋滞に巻き込まれながら、伊豆半島を進み、下田近くの河津桜にこれまた感嘆した。
その時旅の一番目的が、河津桜だった。
例年2月10日頃からの桜祭が一月近く遅れた年だった。
ちょうど7部咲きくらいだったかな、規模といい、手入れといい、さらに発展型の河津桜に勇気づけられた。
e0166734_14383668.jpg
東京の第一目的は、寅さん。
柴又の駅に降り立つ、生まれてはじめて。
柴又駅前の寅さん像の足の甲はてかてか、
帝釈天、江戸川堤防、あーこれが矢切の渡しか。
向こうは千葉県?それとも埼玉県?
モデルの団子やさんにも行った。ちょうど夕方5時を回るかどうかぎりぎり。
店じまいが早いんだ。
つまり閉店間際、いいですよ、と言われ団子一皿ずつ頂いた。
この時は、第二目的のゲゲゲの鬼太郎の深大寺にも行ったが、賑やかになるシーズンちょっと前、
少し寂しいものだった。だから深大寺のソバも食べられなかった。
不思議なことに約9日間の旅行中、調子はすこぶる調で1651キロを走りきった。
e0166734_21563518.jpg
e0166734_21565236.jpg
今、寅さんシリーズを、NHKプレミアムで週間ごとに1作放送している。
全48作中24作を録画していたが、今回で全部出来そうだ。
二人して、もう一度柴又に行こうと言っている。
来年3月には、サクラさんの像も建つそうだから、それ以降にしようか。
山田洋次監督はクラシック音楽好きだから、音楽の使い方も当を得ている。
テーマ音楽の山本直純が指揮の「クロネコヤマトの宅急便」で市民会館にやってきたことがある。
アンコールは
「男はつらいよ 主題歌」
わーっと拍手が湧いた。
UーTubeへのアクセスは120万を超えている。

[PR]

by tomiot3 | 2016-09-28 14:13 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

バロック・プレミアムと寅さん

今日の暑さは堪えた。
盛夏の35℃超などとは比べものにならない32℃くらいなのに息苦しいほどだった。
昨夜も涼しくて毛布がちょうど良かったというのに、どうしたこった。
畑行きも予定していたが、妻曰く、“ぶっ倒れちゃう”の一言で中止。
明日に使用。だが明日は9時頃から強雨の予報。
どうしたもんじゃろうのー。

午後は11/23のバロック・プレミアムのチケット配り。
最後のダウラでは、暑さにかまけて、夕刻までおしゃべりお友達と侃々諤々。
日の落ちるのも速くなったものだ。
釣瓶落しの夕陽に向かう頃、烏が鳴くから帰ろ。

皆さん、今年はわらべ館になりました。
よろしくお願いします。
私の元気な中は、このシリーズをベースに続けながら、
もう少し年間を通じてハイレベルのコンサートが提供出来ればと思案。

e0166734_21443897.jpg
e0166734_21451207.jpg
リコーダーのピーター・ファン・ヘンゲンだけでも値打ちもの。
この人、とにかくすごいんです。
赤津さんも今回はヘンゲンの参加で面白いコンサートが出来ると言っています。
e0166734_21454744.jpg
寅さんの記事は、28日に加筆移転。







[PR]

by tomiot3 | 2016-09-27 22:15 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)