<   2017年 04月 ( 43 )   > この月の画像一覧

真夏日に作業とは

今日は農作業をしなければ
9時過ぎ出かけるとき、既に25℃をオーバー
もかーっとしている
予報では、鳥取は30℃の全国のトップクラス

ジャガイモの追肥と土寄せを暑さに関係なく済ませておきたい
品種によって、現在の芽吹きと生育にすごく差が出ている
男爵、北あかりは順調だが、メークイン、十勝こがね、インカのめざめは不揃い、シンシアは芽を覗かせた程度
どの未知なことなので、全てに作業を施した
強い陽射しに顔が真っ赤になったような感覚、少々しんどいのであります
              エンドウ、ソラマメなどチョロ
          夏キャベツは良い出来で柔らかく美味しそう、一株収穫した
e0166734_19470870.jpg
e0166734_19473217.jpg
e0166734_19474177.jpg
e0166734_19475205.jpg
玉ネギはどうかな、ちょっと不満が残る
e0166734_19480380.jpg
午後は屋敷近くの一部の草刈り、この程度でも刈り払い機で払って、
熊手で寄せ集めるのに所要30分
これ位では疲れは大したことないのだが、なにせ陽射しで顔が真っ赤になったようだ
               草刈り ビフォー
e0166734_19483686.jpg
アフター
e0166734_19484824.jpg
14時過ぎ帰路についたとき29℃、やがて郡家にかかると30℃、夏日だ!
津ノ井、市内までその値をキープ、浜坂にかかると27℃に下がった
こんなに違うんだと改めて浜坂の快適さを認識する

テレビを観ていて、すごいコックンをしてしまった
やっぱり疲れたかな


[PR]

by tomiot3 | 2017-04-30 20:00 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

連休はにぎやかになるか

気温が少し高かったのか、風は涼しいのだが、歩けば汗だった
今日のこどもの国はどえらい賑わいだったが、やっぱり連休ともなれば、皆さんの気分が違うんだ
今年はヨモギ摘みの時機を逸してしまった
それでもといつものヨモギ刈り場所に行ってみるが、
一体どうしたんだろう、ヨモギの姿がすっかり衰えてしまった
仕方なく他の場所で、よく育ったヨモギの柔らかい先っちょだけ摘み取った
まあ一回分くらいはあるだろう
いつでも使えるように湯がいて処理した
いざとなれば過去の乾燥ストックがたんまりある

なごりの山桜
先日の桜関連のテレビ、桜と日本人は深すぎるくらいだ
桜への思いの強さは、本当に比較するものが無いくらい強く深いようだ
私はその端くれ程度であることを識るばかりだった

e0166734_20042806.jpg
相変わらずイノシシ君は活発で躍動的だ
道路法面の樹株を避けるように間断なく掘りまくって居るではないか
e0166734_20100503.jpg
キャンプ場もテントが幾張りか
番付きのおじさんが、しこしことキャンパーが残したゴミを始末していた
ゴミの持ち帰りって始動できないものだろうか
e0166734_20073651.jpg
ハマナスが1カ所だけ咲いていた
どうしたんだろう、他はまだ芽を吹き出してこれからだというのに
私のばらまいた種たちが幾分かでも芽を出したのが嬉しい
e0166734_20104629.jpg



[PR]

by tomiot3 | 2017-04-29 20:17 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

丹後半島伊根への旅

一人暮らしの孤独、6年前の一ヶ月の入院時、妻は一人の寂しさを最近になってひょこんと洩らした
“寂しくてどうしようもなかった”
また、“私よりも先に死なないで”とも言う
私も“ボクより先に死なないで”
一人になる寂しさは思うだに嫌なこった
妻の姉は実質田舎で一人暮らし
私等も寂しさの解消に少しでも助けになればと、ちょこちょことチョコドライブに誘う
いつであったか、丹後半島の伊根はどうだろうと言った
そうすると会う度にそのことが持ち出される
長い夜、一人でテレビなどの番をして居るだけでは滅入ってしまうだろう
考えなくても良いことに縛られて、堂々めぐりの蟻地獄になるかも知れない
痛いほど分かるのだ
だから私どもも、できる範囲内で出かける機会をつくろうと努力する訳だ、

それを昨日実行した
朝8時に迎え、三人で日本海の絶景海岸沿いに走った
e0166734_19101923.jpg
e0166734_19131831.jpg
好天に恵まれ、空と海の青さが対になって、“キレイだなー” の連発となる
綺麗さと大海原は私たちの心を浄化してくれる
途中、城崎マリンワールドにも立ち寄った
だがイルカショーは時間が決まっていて、行程上無理、今回は諦めることにした
                 城崎マリンワールド
         丁度この時、イルカショーのスピーチがデカく聞こえてきた
                   老女二人
e0166734_19253385.jpg

目的地の《伊根の舟屋》に着いたのは、出発から3時間半後
海岸沿いの道を右に左に、登ったり下ったり、曲がりくねって、
目的地までの距離はなかなか縮まなかった

伊根も湾で形づくられていて、海は飽くまでも穏やかに平らかだ
その湾岸に思っていたよりも長い距離に亘って、湾に接した舟屋が並んでいた
間口は概ね二間余り程度だろうか、背後の狭い路を隔てて、住居が形づくられているようだった
とっくに昼食時を過ぎて居たので、《舟屋の里伊根》の二階レストランで海鮮丼をいただいた
ここからのロケーションが素晴らしい
e0166734_19171378.jpg
                    道の駅《舟屋の里伊根》
e0166734_19210316.jpg

e0166734_19215166.jpg
この道の駅からのロケーション
e0166734_19224375.jpg
食事を済ませ舟屋の並ぶ狭い露地のような道をしばらく巡った
e0166734_19250269.jpg
舟屋も時代の波に抗しきれない部分が垣間見えた
所々歯抜けになっていたり漁師廃業で住居風に改造されたりしているところが目に付いた
それでもこれぞ舟屋と言うところが多く残っている
e0166734_19332586.jpg
帰途は天橋立に立ち寄って、最終はR9に出るように、走ったことの無い道ばかり、
出石の東側を通り抜け、養父でR9に辿りつき、あとはひたすら知れた道を帰るのみであった
どこでもマナーの悪い運転者が居るものだと感心しながら安全運転あるのみだった


[PR]

by tomiot3 | 2017-04-29 19:52 | 探訪・旅 | Trackback | Comments(0)

野菜たち 今のところ順調

少しでも野菜づくりの状況は如何にと田舎へ
土は雨で少々重たくなっているので土いじりはしないつもり
野菜は順調を確かめるほど目立つ生育はしていないが、ちゃんと突っ立っている
種物も芽吹く様子が伺えた
e0166734_20082848.jpg
ジャガイモ、玉ネギ畑に寄って見る
ちょっとのつもりが、ジャガイモが沢山芽吹いて、芽欠きを待っている
やり出すと納まらなくて、結局やりきってしまった
新玉、新じゃがが早く食べたい
また今日も2時頃の昼食になってしまった
明後日はまた畑作業日にしなければ
野菜養生と植え増しか
天候との兼ね合いには細心の気配りが必要だ


[PR]

by tomiot3 | 2017-04-27 20:18 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

頑張れ 遠足の小学生

田舎に行く予定だが、その前に歩いとこう
10時頃だっただろうか
ややっ今日も何処かの小学校の砂丘遠足とかち合った
途中でイノシシが筍を掘りまくって食べた跡を先生に説明する
生徒は余り関心が無かったようだ
e0166734_19514524.jpg
e0166734_19531139.jpg
少し進んで、別の先生に “どちらの学校ですか“
“醇風です”
“生徒数は何人居るんですか”
“270人です”
“多いですね”
市街地の学校としては一学年平均しても40名を超えている訳だ
久松、遷喬、日進などではずっと少ないと聞いている。
e0166734_19540212.jpg
14時頃だったかな、田舎からの帰りに遠足帰りの醇風小連に出合った
ちょっとお疲れのようでだらっとしては居たが、よく頑張ったね

[PR]

by tomiot3 | 2017-04-27 20:03 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

世は変でもわが家は平穏

このところの国内外の政情は、人類の進歩なんてこの世に存在しないことを強く印象付けてくれる
この様な悲嘆に暮れる絶望に近い状況を本当にどの様に表現出来るのだろうか、
SNSの世界になって我々人類はどこへ向かうのだろう
フェイクと言う言葉がこれ程日常化する世界が怖い
ブログ、フェイスブック、ツイッターなどの普及は貧富、学識、能力に関係なく世界中は微細な通信網で結ばれてしまった
己もこの利用、恩恵を受けていながら、空恐ろしくなる
時には拒絶したくなる
信じることの一つにトランプ大統領誕生の一因もこれに有ると思う
英国、EUのそれぞれの大統領選ではとてつもないことが起こりうる
フェイクだと信じながら、フェイクを利用して主義主張を利用する人も居るようだ
なぜか背筋が寒くなる

その様な方向性に大いなる懸念を抱きながらも
私の生活は平穏、普通の生活を営む事を続けている
今日は妻誕だった
ついつい当日になっても想い出さなかった
慌ててはみたものの、妻は言ってくれた
“結婚記念日にそのつもりでしたから何もしなくても良い”
でもね、そうはいかないよ
勝手に午後の買い物にそれなりのものを仕込んだ
しかも簡単に、夕食はハッシュドビーフ、それにサラダを付けて、
ケーキも買ってないので、ベークドチーズケーキを急遽焼いた
ところが無い材料もある
まあいいか、有るものでやるしか無い
夕食後のデザートに焼けたばかりで厚くて柔らかいのを無理してカットした
味はいいよ!
メランジェとチーズケーキ、こんなもので、それにハッシュドビーフで随分喜んでくれた
             柔らか過ぎてさばくのにちょいと苦しむ
e0166734_19415839.jpg




[PR]

by tomiot3 | 2017-04-27 19:46 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

雨に写真整理はかどる

終日の雨模様、お陰で昨日から始めたフォトアルバム整理に集中できた
たまりに貯まった写真類、年代や撮影場所がちょっとやそっとで判別できないものも有る
大抵は、見ているうちに記憶が甦るが、中には撮影の記憶さえも怪しいものがある
完璧に分類し、整理するのは至難では在るが、一応のメドがついた
今後はどの様にデジタル化による整理を行うかだ
中には、焼き増しまでして居るのに被撮影者にお渡ししていないものが出てきた
東京神田の神田明神神田祭の記録が出てきた
合唱連盟の総会が秋葉原で行われた事が有った
丁度神田祭の秋葉原巡行の日にぶち当たった
十数の神輿が秋葉原の大通りを埋め尽くし、わっしょいワッショイと威勢の良いかけ声が
女神輿もあった 威勢良く担ぐ若いお嬢さん方がとてもキレイに見えた
血が騒ぐとはこのことだ
祭の典型を目の辺りにできたうれしさは今も忘れない

20年前の元旦、ウイーンでのライナーホーネック夫妻との食事会の写真も出てきた
これらのものは別にキチンと整理しているのだが、久しぶりに見れば記憶の甦りは嬉しいものだ
整理のヤマ場は越したが、もう被地踏ん張り
e0166734_20071698.jpg









[PR]

by tomiot3 | 2017-04-26 20:25 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

余り騒がないで

なにやらもかっとして、黄砂混じりのスカッとしない空
気温も初夏のレベルのようだ
この様な日が北朝鮮人民軍創建85年記念日だって
ミサイルだ、核実験だ と騒がしい
トランプの米国は空母攻撃群が日本海に向かい、原潜が釜山港に入港と慌ただしさを強調するが如くに報じられる
記念日にはミサイル発射なり各実験などを行うだろうと大方が予想していた
しかし、滅茶苦茶に強がりを発表しまくる北朝鮮も、流石に正面衝突は避けて、
火砲300~400門による大砲撃訓練にすり替えた
強がりは言っては見たものの、北朝鮮も米国の脅しが怖かったと思う
一旦戦火を開けば、双方に未曾有の大損害、大犠牲を強いることになる
根本は戦争をやってはお終いよ
基本的には、脅威論に載せられてはいけない
国内問題で大揺れの国内、総理大臣身辺だって穏やかで無い
閣僚などの不祥事発言が弾きも切らない
この様な時、北朝鮮がじたばたしてくれることは国民の視線をそらすに好都合だ
ミサイルが飛んできた場合の対処の仕方を政府は全国自治体に通知したそうだ
ちょっとアホらしい、あたふたさが如何にも幼稚である
万が一だから、可能性はゼロとは言わないが、限りなくゼロに近い
私はごまかされない
こういう時こそ外交力がものを言う
こういう時には、戦争体験、或いは実態をいささかでも識っていることが生きてくる
ちょっと例は違うが、関東大震災を体験している母親は、地震の時、あわてず騒がず
肝が据わっていた 沈着冷静そのもの、大いに見習ったものだ

こんな日であるにも拘わらず、わが家は日本海を越えてやってくると言うミサイルなど、ふん
それっよりも、山桜のエンディングを愛で、ヤマブキ、ツツジ、タンポポに心を寄せている
e0166734_20023418.jpg
e0166734_20024257.jpg
e0166734_20025109.jpg
タンポポは稀少種となったニホンタンポポか
e0166734_20031007.jpg




[PR]

by tomiot3 | 2017-04-25 20:08 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

モッタイナイ春

昨日に較べ7~8度は高い気温、にもかかわらず大層過ごしやすい一日だった
こんなに快適な日が続いて良いものか、なんだか反動が気になり出した
午前中は妻のお医者へのお付き合い、紺碧の空に誘われて何処かにドライブしたい気分、
と妻が意思表示
桜の盛りは終わったが、今は薄緑の輝くような山々の緑が美しい
でもこのところの農作業疲れもあることとて、今日は休養に決めた
少し日が傾いた頃、庭仕事、庭への野菜植え付けの準備などこなし、
誘われるように砂丘方面に足が向かった
遅咲き桜の一等最終版が最後の踏ん張り よく咲いてくれたものだ
e0166734_19564915.jpg
ハマナスのちょろちょろと緑の装いを始めた
昨年ばらまいた種かな?小さな小さな芽を吹いた
e0166734_19585177.jpg
空には縦横のスケッチ
e0166734_20001645.jpg
わが家のボタン、ちょっと速いのでは
朝埴輪の牡丹
e0166734_20011328.jpg
夕刻には、朝は蕾の牡丹が ちょいと早いのでは、もう少しゆっくりとしてくれてもね
e0166734_20015689.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2017-04-24 20:05 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

オルガンの響きに同期

昨日曜日のクラシック音楽館はオルガン三昧だった
鈴木雅明のドイツ・オルガン紀行
オルガンは私にとって憧れにたとえて良い楽器、壮大にして、どれ一つとして建物ごとの個性が溢れる
鈴木雅明しのオルガン、氏のオルガン演奏は池袋の東京芸術劇場で聴いたことが有る
しかし、今回は本場ドイツでにおける2月、3月の最新録音
オルガンと言えばジルバーマン(
1683年1月14日 - 1753年8月4日)、バッハ時代の大オルガン製作者として今の私たちにはオルガンの代名詞のような響きがある
ジルバーマンは生涯に40近くのオルガンをビルとしたが、その殆どは故郷ザクセンにビルとされている
今回演奏されたのはフライベルクの聖マリア大聖堂(1711)
実の壮麗な響きだ
次ぎにに紹介されたのが、アルテンブルクのアルテンブルク城教会
個々のオルガンはジルバーマンの弟子であったトローストによるビルディング
この人はジルバーマンと異なって、新しい試みをする人で発明も多かったようだ
ストップも弦楽器音色を多く用い、明るく室内楽的、フランス風とも言える明るい温色は体操心地よい
ここで興味ある話として、バッハは演奏家で有ると同時に優れたオルガン鑑定家でもあった
だからこの教会のオルガンが完成したときの鑑定家としてバッハとジルバーマンが当たったそうだ
その時の費用明細が残されている
謝礼、旅費、宿泊費、食事費、羽ウンの費用まで事細かに記録が残っている
何処かの国のように、国の一大事に関わることが記録が焼却されたとか、紛失したとか、
また国有財産の売却記録が有るとか無いとか、まことに不届き千万
どうやらわが国には記録を残すとか、その重要性への認識が後進国並或いはそれ以下ということが分かった
かってのソ連ですら、シベリア抑留者の記録がちゃんと保管されているのには感服した
わが国のそれは犯罪行為だと思うのである

お終いはナウムブルクの聖ヴェンツェル教会
製作者は聴き洩らした
柔らかで暖かく包み込むような音色

大きめの音量でしっかりと2時間みじろきもせずにオルガンの響きに浸った
出演者ほか
【出演】オルガン…鈴木雅明,聖マリア大聖堂オルガニスト…アルブレヒト・コッホ,アルテンブルク城教会オルガニスト…フェリックス・フリードリヒ,聖ヴェンツェル教会オルガニスト…ダーヴィット・フランケ,【語り】石井麻由子
楽曲
「“オルガン小曲集”から“来たれ、創り主にして聖霊なる神よ”BWV631」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(1分00秒)
~2017年2月 フライベルク・聖マリア大聖堂~

「幻想曲 ト長調 BWV572」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(8分43秒)
~2017年2月 フライベルク・聖マリア大聖堂~

「前奏曲とフーガ ト長調 BWV541」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(7分40秒)
~2017年2月 フライベルク・聖マリア大聖堂~
e0166734_19434592.jpg
「最愛のイエス、われらここにあり  BWV731」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(3分09秒)
~2017年2月 フライベルク・聖マリア大聖堂~

「パッサカリアとフーガ ハ短調  BWV582」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(14分33秒)
~2017年2月 フライベルク・聖マリア大聖堂~

「パストラーレ ヘ長調  BWV590」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(13分27秒)
~2017年2月 アルテンブルク城教会~

「“オルガン小曲集”から“来たれ、異教徒の救い主よ”BWV599」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(1分32秒)
~2017年2月 アルテンブルク城教会~

「“オルガン小曲集”から“イエス・キリストよ、汝はたたえられん”BWV604」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(1分50秒)
~2017年2月 アルテンブルク城教会~

「“オルガン小曲集”から“天使の群れ、天より来たれり”BWV607」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(1分14秒)
~2017年2月 アルテンブルク城教会~

「“オルガン小曲集”から“キリストは死の絆につきたまえり”BWV625」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(1分40秒)
~2017年2月 アルテンブルク城教会~

「“オルガン小曲集”から“聖なるキリストはよみがえり”BWV628」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(0分47秒)
~2017年2月 アルテンブルク城教会~

「“オルガン小曲集”から“主イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ”BWV639」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(2分57秒)
~2017年2月 アルテンブルク城教会~

「“オルガン小曲集”から“われら悩みの極みにありて”BWV641」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(2分31秒)
~2017年2月 アルテンブルク城教会~

「“オルガン小曲集”から“ただ神の摂理にまかす者”BWV642」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(1分52秒)
~2017年2月 アルテンブルク城教会~

「ああ、我らのもとにとどまれ、主イエスよ BWV649」
バッハ:作曲
(オルガン)ダーヴィット・フランケ
(2分38秒)
~2017年3月 ナウムブルク・聖ヴェンツェル教会~

「幻想曲とフーガ ト短調 BWV542」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(11分41秒)
~2017年3月 ナウムブルク・聖ヴェンツェル教会~

「主イエスよ、われを顧みたまえ BWV709」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(3分02秒)
~2017年3月 ナウムブルク・聖ヴェンツェル教会~

「前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548」
バッハ:作曲
(オルガン)鈴木 雅明
(14分00秒)
~2017年3月 ナウムブルク・聖ヴェンツェル教会~



[PR]

by tomiot3 | 2017-04-24 19:44 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)