<   2017年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧

米はやっぱり大切

ここ何日間かは、灼熱の暑さではないものの、ちょっと動けば汗だらり
今日など三階もシャワーの世話になった
と言うことは下着類の洗濯量は当然のように多くなる
いわゆるとっかえひっかえ状態なんだ
明るく晴れた空にわが家のサルスベリが見事
e0166734_20571738.jpg
e0166734_20572959.jpg
砂丘もキレイだった
e0166734_20563923.jpg
午前のウオーキングを終えると
ご無沙汰の近所のカフェに、ランチを予約した
ワンコインランチだが、心のこもった品揃えと調理、ご飯も美味しい
妻は鶏のフライ、私はサワラのフライ
e0166734_21012160.jpg
e0166734_21010822.jpg
ご飯と言えば、先日のカンブリア宮殿で「金芽米」と言うのを知った
「金芽米」とは米の表面を覆う亜糊粉層という0.1ミリの旨味と健康成分を残す精米法により精米された米
通常我々が食べている白米は糠線分と共に亜粉粉層を除去している
つまり糠にはその成分が含まれている
なるほどと思ったのは、糠はこめへんに健康の康、粕はこめへんに白、
つまり白米とは粕にも繋がる訳で、我々はかすを食っているということになる
金芽米を食べ続けるとアレルギーとか肥満対策にも成るそうだ
特に興味を持ったのは、かの有名なタニタ食堂が、八頭郡若桜町産米の金芽米を使っているという
若桜町の米生産量が減少の一途を辿っていたのがV字回復をしていることに嬉しさいっぱい
これらの米を開発した東洋ライスの社長さんが出演、その発想と信念に脱帽
日本のコメづくりの救世主になる数々の発想
さっそくタニタの金芽米を取り寄せ、食べたいと思っている
(金芽米と東洋ライスについて知りたい方は、ブルー文字をクリック)

[PR]

by tomiot3 | 2017-08-19 21:30 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

宅配さんに感謝

自慢の自作ジャガイモを神奈川在の娘に送った昨日夕方4時頃発送
クロネコさんは、混んでいて明日の夕方遅くになるかもしれない、という
それでも本日午後4時頃、先方から届いたという連絡が入った
宅配業界も増え続ける扱い量に悲鳴を上げているという
加えて、人手不足、労働過重などの問題もあるだろう
安易に宅配に頼っているわが家も、最近は宅配さんに申し訳ないという気持ちが作用する
早い到着、到着時間厳守など余りにも身勝手なことは控えようと考えはじめた
それに再配達もちょこちょこあるし、これなど宅配さんには迷惑な話だ
最近は表札を掲げないお宅も増えて、それだけでも余分な時間がかかるのでは?
便利さ、高度なサービス追求でエスカレートしすぎた面を、我々も感謝の気持ちを忘れないで
少し考えて見たい




[PR]

by tomiot3 | 2017-08-19 20:49 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

桜は病虫害に弱いか

夕刻の陽射しはまだ強かった
取り敢えず8千歩目標で歩く
途中、桜の手当も予定
夕方の風はかなりの心地よさ
コースのほぼ真ん中どころの桜、虫がついているのを発見していた
カットして脇芽を出させる準備
カットしてみると、センターにキチッと虫穴が開いている
樹液を期待して蟻までうじゃうじゃ、
カットカットをしていると、数十センチは伐った
切り口にトップジンを塗るだけしか出来ない
             真ん中の穴に虫 もっと下まで伐る羽目に
e0166734_20143630.jpg
カットした桜の枝、これは焼却処分す
e0166734_20153427.jpg
随分落ち着きを取り戻した砂丘周辺
それでも時折とんでもない遠くの県外車が走る
木陰と時折の涼風を期待しながら歩くのだが、帰宅してみればやっぱりビシャンコ
今日は二度目のシャワー

農作業とその他で5千歩、ウオーキングで8千500歩
1万3千500歩を記録 よーし

[PR]

by tomiot3 | 2017-08-18 20:25 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

超絶技巧の運転手

街からの帰り、運転手が窓から手をだらり、
パトカーともすれ違った
そして信号ストップの間にスマフォでパチリ
e0166734_19554482.jpg
これってすごく気になる
ずーっと昔、すれ違ったトラックに右腕をちぎられ、しばらく気がつかなかったという事故を想い出す
この運転手余程器用のようで、信号の向こうは上り坂の左カーブ、そしてほぼ右直角の曲がり角
アレッ右ウインカーまで出した
そして直ぐに左折ウインカー、この間ずーっと右腕は出ていた
不思議だなー、右左のカーブを片手での半ドリン夫もそうだが、ウインカーはどうして出しているんだろう
ひょっとしてこの車、自動運転車?そんなこと無いよねー




[PR]

by tomiot3 | 2017-08-18 20:07 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

農業は天候次第

気温は30℃に満たないのに、汗が勝手に湧いてくる
朝9時半頃だろうか、農作業にかかる前に疲れが出た感じ
昨夜もかなりの雨が降ったらしくて、畑の土もしっめぽさがずーっと続く
小豆の芽出しには好都合だったようで、例年に無く揃って芽出しのようだ
部分的に芽出しの遅れているカ所もあるが、まあまあの成績だ
土が乾いたら土寄せのつもりだが、これじゃーちょっと
サツマイモの生育も順調のようで、毎回蔓返しの重労働?を強いられる
e0166734_19372780.jpg
e0166734_19374879.jpg
e0166734_19380094.jpg
トマト、ナスへの追肥を施した
だがトマトとキュウリは木がもうお終いの信号を出している
ナスは背呈したので、まだ嫁に食わすなの秋なすが期待できる
パプリカは木が枯れたが、ピーマン、長トウはまだまだこれから

次回作業はピーマンの追肥、ダイコンなどを蒔く準備、
花の球根類移植準備、今日も掘り起こしの準備は行った、
それにまた草刈りだ
草の成長スピードはいつものことながら驚くばかり

夕方のテレビでサラダ菜などのLED栽培が紹介されていた
これだと天候の影響は無し、
しかし私はちょっくら抵抗を感じる
でもいつかは?
地球環境が変わりすぎた人類への試練時代に突入中

[PR]

by tomiot3 | 2017-08-18 19:50 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

レジャー 行楽地はゴミ集積

盆休みが終わってもキャンプ場はそこそこの人だし、道行く車も県外車が相変わらずだ
今週の水、木、金の休暇を取れば、10連休
そうした人びとがかなり居るようだ

蒸し暑い中、市道沿いの自転車道を帰途についていた
するとレジ袋がポイ棄てられている
持って見るとかなり重い
一端は元の場所に返して見たが、どうも気がひける
もう一度拾い上げ、キャンプ場のゴミ捨て場に持っていくことにした
かなりずしっと重い、繊維製品も見えるが、食べ残しがあるのかな
e0166734_20405767.jpg
毎度ここのゴミの状況は見ていて驚きはしないが、改めてその酷さに愕然
キャンプ場によってはゴミ持ち帰りを義務づけているところもあるだろう
ここは無料の上、ゴミも捨て砲台
先日、バイクのおじさんが言った
“ここは無料だから”
つまりサービス設備は不要、無料が良いと言う寸法
しかし、ゴミ処理だって厳密に言えば、我々市民にその分負担がかかる訳、
水道、電気、トイレだってそう

このゴミの山、完全に不潔感が漂い、近付くと悪臭さえする、
つまりキャンプ場のイメージは完全に良くない
鳥取市はもう一度綿密な洗い出しと再検討をすべきだ
e0166734_20421881.jpg
キャンプ用品も使い捨てなのか、よくバーベキュー炉などもあるが、こんな用品を始末する義務があるの、
それに蛍光管など、キャンパーって事も有りうるが、
市内或いは近隣の町村の人もここを捨て場と思っている人がかなり居る
いちに度注意したことがあるが、毎日のようにウオーキングしているとよく目撃する
その様な人は。先ず辺りを見回し、棄てにかかる
ある時、物陰に隠れて観察した
すると先程のような公道を取ろうとする
すかさず出て行って注意した
その時は止めたが、私が去った後、多分棄てたと思う
悪いことと知りながらやってるんだ
e0166734_20423084.jpg
e0166734_20425723.jpg
e0166734_20424520.jpg
e0166734_20533183.jpg
ゴミ袋、近くは岩美町、遠くは大阪府だって

山の彼方は降っているようだ
遠雷も聞こえる
田舎の畑は乾く暇がなさそう
e0166734_20582584.jpg
30分後はかくなった
e0166734_20585168.jpg




[PR]

by tomiot3 | 2017-08-17 21:01 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

車はきらいではないが

妻をかかりつけ医院へ連れて行って、その間ダウラで時間潰しして、
診療が終わればチョちょいと買い物して帰宅
なんてことの無い日常、平々凡々
陽射しは弱くても蒸し暑い、これは苦手
そうそう先程の医院へ行ったときのこと
委員の前に大型ワンボックスカーがパーキング灯を点けて駐まっていた
医院の駐車場に入ろうにもふさがれて居る
仕方なく、その後ろについて、こちらもパーキング灯をつけた
ここはR53、交通量が多く、道脇脇に駐めるのはちょいと気がひける
前の車、誰かが医院へ入っていて間もなく出てくるものと思っていた
ところがなかなか 変だなー
すると全く別の場所から女性が小走りにやってきて助手席に乗った
なんてこった よくも医院の前に駐めていたもんだ
運転手は女性だった
余りにも傍若無人な振る舞い
その車が出て、ようやく医院の駐車場に入れることが出来た

交通安全については、先日の地元紙に安全協会の人の投書が有った
安全第一の運転を協調されていた
これについて何も申し上げることはないが、
それ以前に基礎的なルール遵守と他車への思いやりが前提ではないかと思っている
車線変更、右左折時の方向指示をキチッとする
これがなかなか出来ない
ほとんどの車は70点以下だ
昨日のことだった
市内からの帰り、浜坂コンビニの交差点、私等はコンビニに寄るつもりで右折ウインカーを出していた
前の車は出していないので直進か
ところが信号が青にった途端、前の車はウインカー無しで右折、更に左折ウインカー無しでコンビニへ
その車の運転は30才台の男、コンコンと窓を叩く、ウインドーが下がる
携帯を耳に当てている
“左折も右折もウインカー出さないんですか 携帯しながら運転ですか”
男はさもうるさいという顔つきで“忘れとった”
“忘れとったですまんでしょう”とだけ言っておいた

基礎的マナーその2
車間をつめて来る後ろの車
これは残念ながら女性が多い
私は一般道でも概ね3秒は空けることにしている
つめてくる車はせいぜい1秒くらい
いざというときに駐まれる車間ではないだろう

車マナー、鳥取県の評判は良くないと聞いてはいるが、他県車も同じ様なもの
成熟した車社会なんて到底きそうもない

交通機関毎の事故率やCO2排出量では車は一番の元凶で不利な位置にある
如何に自動運転が普及しようが、むしろそれによるリスクだってありうる
一人一人の自覚が無い限りはね
だから公共交通機関の発達をのぞんでいる
みんなでシェアーする事が一番の政策にならない物だろうか
経済学からみてもシェアできる社会のほうが成熟していると思うのだが
ヨーロッパに較べ日本は後進国ではないか














[PR]

by tomiot3 | 2017-08-17 20:24 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

盆休みも今日で終わりか

東日本ほどではないが、暑さも超一流だが、ぐずぐずした天気も結構やってきた
余りの天候不順だと野菜の生育が気になる
実態は戻り梅雨だが、この時期梅雨という言葉は使えない
前線も梅雨前線と呼ぶ訳にもいかず停滞前線となる
すでに東日本の野菜不足は深刻になりつつある
わが家はお陰様で

今日の午後は青空だ
連日の疲れか、或いは単なる盆疲れか、何となくかったるい
そーれと16時頃、発奮して歩くことに
風は北寄りで久しぶりのように思う爽やか風
キャンプ場もさすがに空きが目立つが、今日設営している人も居る
宇都宮ナンバーのライダーだった
今晩はきっと爽やか風で快適だろう
e0166734_20334645.jpg
歩きながら目標設定を変えて、8千歩は熟そうと先へ先へ
昨日はしゃんとしていた「砂丘こどもの国」バス停時刻表がねじ曲がっていた
どうやら車がちょんと当たったらしい 小さなへこみ傷があった
多分車も幾分かは壊れただろう
以前には街渠を壊し歩道に乗り上げたようで、車の破片を散らかしていた
これはとても酷くて多分相当のスピードと推定した
居合わせたら巻き込まれてしまう
この道は概ねスピードを出す人が多い
悠に100キロは出している車を見かける
今日も県外車が多いが、気を付けましょう
正式に言うと弁償対象だろうに 多分逃亡
e0166734_20364327.jpg
涼しい風だとは言いながら、やっぱりTシャツが汗を吸収している感覚が伝わってくる
帰宅すればシャワーを浴びることになる




[PR]

by tomiot3 | 2017-08-16 20:47 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

野菜にお日様必要

天候不順気味、今日はようやくお日様がお出ましになるようだ
盆中の2日間の畑ご無沙汰
野菜の育ちすぎと雑草の生い茂りが気になるところ
野菜収穫は妻に任せ雑草の草払いに専念
田んぼと屋敷周りをちょこっと
雑草のようにたくましく有りたいと想いながら刈り払い機を左右に振る
農作業は運動を兼ねていると思いながらやっている
今日の場合、農作業だけで4千歩を歩いたことになるから、これも1万歩目標の内だ
このところ湿っぽい天候だったので、土も大層水分過多だ
お陰で小豆は順調に芽が出たようだ
同時進行の野焼き、やや湿っぽくてくすぶり続けている
e0166734_20014391.jpg
雑草は今の時期2週間持たないようだ
e0166734_20060298.jpg
勝手に生えたスイカ、先日収穫したのは僅かな動物傷があったらしく、そこから腐敗してしまった
今日のは大丈夫かな
e0166734_20152250.jpg
妻の収穫もほぼ同時に終わったようだ
オクラの花はアオイの花そのままだ
それもそのはず
アオイ科トロロアオイ属
e0166734_20094239.jpg
2日間のインターバルだと、滅茶苦茶収穫になってしまう
この時期、冷蔵庫は能力不足を見せつけてくれる
特に冷凍庫はね
e0166734_20163897.jpg

ナスやキュウリは形が廉で無くなってきた
期でも上手く育てる方法は有る筈だ栄養不足だろうかもっと有機に徹底したい
e0166734_20162924.jpg






[PR]

by tomiot3 | 2017-08-16 20:23 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

終戦72年を迎えて

余りにも無謀な戦争、なかでも最悪と言われるインパール作戦
兵隊と軍属を無残な死に追いやった太平洋戦争での最悪、無残と言われた作戦
大半は餓死と病死であったという
インパール作戦のドキュメンタリーでは、病死と記録されているが、銃剣を突き立てる力も無く、
土に銃剣を刺してその上に体を覆い被せて自殺した兵隊のことが語られていた
この無謀な作戦は誰が責任を取ったか、大本営は現地軍の判断だと卑怯にも責任回避した
だが実際には作戦承認の連判が押印されていた
そして現地の牟田口司令官は、生きながらえて手記をしたため、作戦の正当性を書き綴ってこの世を去った
軍の上層責任者は誰一人責任を取っていない
戦争とはこんなものである
軍規律が乱れまくった
戦死者の持ち物はふんどしに至るまで剥ぎ、戦死者の人肉は食糧となるばかりか、売ったとも言われている
戦争とは無残なものであると同時に、指導者はのうのうと生きのびる

今も昔もその本質は変わらない
最近の例として自衛隊の日報隠蔽にもそうしたことが伺える
本当の責任者はのうのうとしているのではないか
それは一体誰だ!

終戦記念日、陛下の言葉はいつものように納得できる
だが安倍首相の言葉には、大事なことに触れないように細心の注意を払い、
如何にも戦争をしては成らないという風に語りかけるが、
かれの言行不一致は今に始まったことでは無く、一向に心に響かない
アンダーラインの部分、《尊い犠牲》を祀ると言うことを言いたいのだ
彼の政権が行ってきたことは、再び《貴い犠牲》が出かねないことをやって居るではないか
その時は遺族には大金を払い、靖国で祀ると云う事を言いたいのではないか
私等家族も死者こそ出なかったが、戦争の犠牲者である
幸せでかつ、ある程度満ち足りた生活が一挙に破壊されたこと、それを誰も償うことは無かったこと、
それは国家という旗印の下だから致し方ないと言うのである
戦争を再びしてはならぬと言う強い決意は、自らの体験から来ている
決して皆さまの犠牲の上に立っているとは思っていない
筵犠牲になった一人一人の方の幸せを無残にも奪った戦争を憎む
そしてそれらの戦争を引き起こし、継続した人びとを憎む
更に、戦争を憎み、平和を重んじる国として、ただひたすら・・・のくだり
果たしてそうだろうか、
安倍内閣の各種法制化は、戦争準備に他ならないのでは、そして昨今の大学研究機関、
民間企業の武器製造協力への働きかけは、一体何を物語っているか
来たるべき戦争への準備ではないか
更に核兵器禁止条約への不参加は、真に平和を希求する姿とは言い難いのではないか
平和を願う全国民の強い意志の世界における地位を政権がうばっていると思う
北朝鮮ミサイルの脅威対応で、何故危険きわまりない要素を持っているトランプと協調するのか
アメリカが判断を誤った場合でも同調すると云う事か

首相のことばの一部
いま、私たちが享受している平和と繁栄は、かけがえのない命をささげられた皆さまの尊い犠牲の上に築かれたものであります。私たちは、そのことを、ひとときも忘れることはありません
改めて、衷心より、敬意と感謝の念をささげます。

戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない。

戦後、わが国は一貫して、戦争を憎み、平和を重んずる国として、ただひたすらに歩んでまいりました。そして、世界の平和と繁栄に力を尽くしてきました。私たちは、歴史と謙虚に向き合いながら、どのような時代であっても、この不動の方針を貫いてまいります

72回目をも数える玉音放送の残響
8月15日 家族と共に玉音放送を聞いた記憶が耳に残っている
それは碧く晴れた夏の日の正午だった
それは歳を経ると共に、強い印象で思い起こす






[PR]

by tomiot3 | 2017-08-15 22:29 | 平和 | Trackback | Comments(0)