一転 寒い雨の日

昨日までとは一転して雨の寒い日になった
一挙に10度も低下するなんて
このコンディションでもキャンプ場に三貼りのテントが貼られている
快適さは無くてもそれなりの楽しさを満喫?
e0166734_19183635.jpg
午前中、止み間があったものの汗をかくいとまなんて無い
半月前に終えられた沿道の除草、
だが早や種子から芽を出してかわいい草が
種子の付く前に除草できればといつも思う
試しに1ブロック小さな草を抜いた
はたしてその後の雑草の生え具合に変化があるのかどうか

e0166734_19072239.jpg
e0166734_19075232.jpg
トレーラーキャンピングカーが砂丘方面から追い越していった
こどもの国信号を右折し、砂丘駐車場に下りたのを確認
搭乗者のお二人は砂丘へ
興味本位、どんな車かちょいと拝見
富士山ナンバーだった
ボックスワゴンがホロつきの牽引車を繫げている

e0166734_19111736.jpg
そうか、こういう風に連結してるんだ
e0166734_19125924.jpg
一時のやみ間も午後また荒れ出した
所用を済ませて帰宅の後、16時頃からまた砂丘方面へ
今日などの悪天に誰も歩く人なんか居ない
少々スピードを上げてもほとんど汗無し

パソコン打ちも寒いよ
ここ一週間は元気な太陽を拝めそうにも無い
ちょっと憂鬱
昨日芋掘り完了でホントに良かった


[PR]

# by tomiot3 | 2017-10-12 19:24 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

とにかく歩く

芋掘りの付かれ何のその
芋掘りから帰るやいなや、汗かきついでにウオークする
もう16をとっくに回って、秋の夕暮れ時
農作業で7千歩余り、あと倍は歩こう
砂丘こどもの国信号まで調子良く、と言いたいところだがやや足の通いが鈍い
砂丘信号に向かって、砂丘トンネルをくぐった車がやってくる
一朶が左折車線に入ったから左に曲がる訳だ
ところがウインカーを出さないまま、すーっと左折した
今度は数十メートル先の駐車場へは右折の意志がありそうだが、ウインカーは出さない
そのまますーっと
中年男性に見えた

その前に畑からの帰宅途中、後の女性ドライバー
やや車間をつめてくる
バックミラーに注意の目を
信号を左折する場面、左折車線変更はそのまま、
曲がるようになってようやくウインカー
千代川左岸道路をずーっと後につけてくる
中病付近の右折場所
当然車線変更は出さないで、やっぱり曲がる直前、車はとっくに曲がる意志
ようやくウインカーを出した
ウインカーの使い方、教わっていないようだ
意味を考えたら分かりそうなもの
そして、浜坂団地で私は左折してしまったので、その車とはサヨウナラ

今まで何度か注意したことがある
タバコのこと、車間のこと、ウインカーのこと
だが先日東名下り自動車道で一家4人のワゴン車が追跡されて、前にはだかられ、
駐まったところを追突されて、両親が死亡する事故が有りましたね
その前にパーキングエリアの合流線をふさいでいた乗用車に注意したという
すると後を追っかけられ、前にはだかられ、追突されるという不幸な事故
相手は九州福岡の25歳の男性だったそうな
こんなことがあるから、迂闊に注意すると絡まれたり、切れる相手に遭ったり、
桑原だ
妻によく、止めなさい と袖を引っ張られることあり

西の空は、今晩辺りから雨だよと
e0166734_20552690.jpg
流石に疲れと闘うウオーク、速く歩こうとしても足が前に出ない
それでも7千歩はちゃんと歩いた
目標クリヤ
今朝の体重61.45、二日続けて61㎏台
これは守りたい






[PR]

# by tomiot3 | 2017-10-11 21:03 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

労多くか 芋掘り

猛暑の秋も明日からは雨で気温低下
どうでも今日中に芋掘りをやってしまう覚悟
気温さえもうちょっと低ければ、土も適当に乾いて芋掘りに絶好のコンディション
なにせ29度と脅かされている
実際には27℃止まりかな

9時過ぎスタートして、昼食を挟んでみっちり15時半頃まで
本命はシルクスイート
一番多く植えた
次ぎに安納芋とべにはるか
シルクスイート、昨日もそうだが、思わしくない
落胆この上なし
べにはるかはこんなもの
庵に相違して良かった安納芋
どうして?
過去は作りにくい実績だけが記憶
今年はゴロンゴロン
                期待外れシルクスイート
e0166734_19442970.jpg
                     まれにこんな姿のも
e0166734_20164358.jpg

                    期待以上の安納芋
e0166734_19470551.jpg
不安もあった芋収穫、全て完了、
体調思わしくない妻もよく手伝ってくれた
e0166734_19511935.jpg
e0166734_19521546.jpg
キレイに耕耘
妻曰く、“そんなに無理しなくても”
“いやいや ぼこぼこで残すとダメだよ キレイにしておかないと”
ちょっと格好付けた美学
もうへとへと、声もかすれ越え
e0166734_19533438.jpg
e0166734_19530946.jpg
反省その1
モグラ途中太郎対策
チュウ害が2割は有るかな
                  モグラトンネル

e0166734_19595507.jpg
トンネルを利用するのが野ねずみ
過去もこれには悩まされてきた
来年は本気で対策しなければ、モッタイナイ
e0166734_20003125.jpg
今回は目立つ雑草取りだけ
根栽も小豆も目を細めたい
e0166734_20032078.jpg
e0166734_20033534.jpg
妻と話す
砂丘周辺も、田舎への途中も
この田んぼの周辺も
セイタカ阿波ファ馳走がやたら目立つねー
多分、一時衰えたが、今年は特に各地到る所で目立つ
オオキンケイギクは特定外来だがこのセイタカは要注意外来となっている
全土的に気が緩んだんだよ、とわたしは言ってしまったが?
             わが畑の西方、小屋の左方に群落
e0166734_20104728.jpg
妻の実家と畑の間200メートル、行き来していると子供ヘビが輪禍
毎年一度二度は目撃する
この辺りはマムシも沢山居るようだ
芋づるなど処理するときは迂、迂闊に手をださいように気を付ける
e0166734_20155092.jpg




[PR]

# by tomiot3 | 2017-10-11 20:26 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

夏日8キロ 1.5時間

農作業疲れ でも2,3時間も休息すればほぼ大丈夫
今日はちょっと木を入れて歩かないと目標を割ってしまう
気温はまだ27℃、
今朝体重がとうとう62を切って61.7だった
もう少し頑張れば良さそうだ
その所為か、ウオーキングに出る直前、カラダの軽さを思いっきり感じた
勢いをかって、砂丘まで
往復1万歩 トータル1万4千歩余 1.5時間

秋の夕陽を眺めつつ家路を急ぐ
e0166734_21015838.jpg
e0166734_21033766.jpg

今日の気掛かりひとつ
近年、背高泡立草の復権が目立つ
一時勢いが衰えたと思っていた
ところが今年はエリアを広げてきた
気を付けてみると、有りとあらゆるところ
砂丘周辺、こどもの国園内
オオキンケイギクと同様、どうも行政と一般の認識が低いようだ
e0166734_21050399.jpg
e0166734_21052098.jpg




[PR]

# by tomiot3 | 2017-10-10 21:14 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

サツマ掘り第一日

秋慣れ3日目 そろそろ土も乾いたかな
さーてサツマイモ掘り挙行
今日も夏日 風は涼しいが秋特有の暑さ 
午前中にどれだけ出来るか
サツマイモ掘り 毎年そのきつさに負けそうになる
今日も蔓をひっくり返して、根元から切り離す作業でパワーを使い果たした
全部完了していないというのに
相棒が言った
だからサツマイモを止めるか 量を減らさなきゃ
 地元調達 べにはるか20 安納10(うち活着2)
 通販調達 べにはるか10 安納10 シルクスイート50
このしんどさを考えると一考するかな

先ず地元調達のべにはるか
うわー出来が悪い
余計に疲れが出るじゃーありませんか
e0166734_20261560.jpg
気を取り直して、取り寄せのシルクスイート
期待をかけたが、どうも思わしくない
昼のサイレンが鳴ってしまった
明日にしよう
蔓返しだけでもやっておこうか
やっぱり作りすぎたかなー
e0166734_20275855.jpg
e0166734_20281988.jpg
出来の良いカブとダイコンを間引きを兼ねて数本収穫
葉っぱが瑞々しくて美味しそう
e0166734_20254186.jpg
風はそよ風が心地良い
けれど暑さは夏並み
夏同様の疲労困憊 へとへとで声もおかしくなった
周辺の農家はサツマイモは作らない
きっとそのしんどさが分かっているんだ

午後のごごナマで丁度サツマイモ特集
芋の産地紹介は茨城行方市(なめかたし)
廃校を再利用した「行方ファーマーズビレッジー」がすごい
マルシェ(直売所)から、レストラン、バーなどなど
e0166734_20485983.jpg
サツマイモは準完全食品なんだって
準とつくのは、タンパク質と油脂分が無いからだって
ビタミン、カルシュウム、繊維質など全てダントツに多い
そうか、戦中戦後の食糧難時代の私たちの体を作ったのはサツマイモ
感謝するこそすれ、もう作らないなんて言うのは止めた
でも量は減らすかな

さあ明日も踏ん張るか!


[PR]

# by tomiot3 | 2017-10-10 20:50 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

北斎そして応為のこと

このところ葛飾北斎関連テレビ番組のラッシュだ
ドラマ「もうひとりの北斎」は、もう一人ということに強烈に惹きつけられた
もう一人とは北斎の三女お栄のこと
雅号を「葛飾応為(かつしかおおい)」
北斎がおーい、おーいと呼んでいたのがそのまま雅号になったという
ウソのようなホントの話
美人画では北斎の上を行くというし、繊細さは群を抜いているという
「吉原夜景図」「夜桜美人図」など、
息を吞むような、それは一瞬呼吸が止まる、ひょっとしたら心臓も止まるのでは、
ゾクッとする光と影の描写だ

小布施の北斎館に立ち寄ったことがある
お寺の天井画にも仰天だったが、
祭の山車の天井の波図、それに山車の装飾デザイン一切を北斎によったという
2枚の波図が山車の天井に嵌められているが、その額飾りの明るく色彩の豊かなこと並びなきことと思える
その色は調合により20色になるという
色の扱いも天才的だったのだ
それは応為の手になると言われている

北斎は80歳を過ぎて小布施を訪れているが、江戸から徒歩で4回も訪れていると言うから驚きだ
画材などを携行してよくもまあ、と思っていた
三女のお栄(応為)と言う存在が有ったればこそと分かった

11月には東京に行かねばならない、途中是非の立ち寄りどころが二カ所になった
ひとつは黒四ダム、これは大町ルートのトロリーバスが来年で無くなるから、
そしてもう一つは小布施の北斎館
前回はただ見ただけだったので、今回はある程度の知識を得てしっくり見たい

[PR]

# by tomiot3 | 2017-10-09 20:27 | 文化・芸術 | Trackback | Comments(0)

体育の日 汗を流す日

真夏日 戻り夏となる
少し動けば汗 歩けば汗 庭仕事すれば汗 
それでも快適さは去りゆかない
秋らしい雲 バックの空のいろどりは柔らかい
ススキも様々 白いススキ 赤っぽいススキ
e0166734_19150716.jpg
e0166734_19170044.jpg
ススキさまざま  
e0166734_19154957.jpg
e0166734_19160686.jpg
e0166734_19163208.jpg
今日もアケビ
ひっそりと目立たぬようぶら下がっている

e0166734_19184078.jpg
今日のは少し大きめ
e0166734_19185032.jpg
キャンピング場も今日は帰り支度を急ぐ姿が目立つ
こどもの国にキャンピングカーがやってきた
なんと遺家族6名が降り立った
夫婦、子供3人、それに舅さん
皆さんおそろいのTシャツ
レンタカーのキャンピングカー
これもいいな
寝起きが出来て皆さんの家族の絆もしっかりと
e0166734_19250213.jpg
夕方の部
竹箒担いで掃除がてら
通常5千歩余りの行程、掃除がてらだとプラス3千歩
小股になって行ったり来たり
かなりの運動が出来た
おかげで夏の汗をかいた
e0166734_19273362.jpg
中央病院建設、祭日も関係無さそう
三基のクレーンがフル回転
鉄骨組み立て順調か
ご苦労さん
e0166734_19300573.jpg
そうか体躯の日だったんだ
道理でサイクリングの人、ランニングの人と多く行き会った
自転車の人、皆さんでは無いが
箒を横に払っているとき、音無しで後から追い越していった
ビックリ!
すんでのところで自転車を払うところだった
どうして一言かけられないんだ

レンタル・キャンピングカー17時近く鳥取砂丘を去るのが目撃された
数時間のご滞在 またのおいでを


[PR]

# by tomiot3 | 2017-10-09 19:41 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)