音コンピアノ部門のドキュメント

若手ピアニスト頂上決戦~第86回日本音楽コンクール・ドキュメント~
今日のPM3時~放送されたドキュメント
結果は17歳の高校生吉美友貴さんが頂点を極めた
202人の人たちが挑戦し、次々に篩にかけられ、本選は四人で競われた
どなたもピアノ音楽への夢や希望を抱いて挑戦されているのが痛く伝わってきた
若者達の音楽に立ち向かう姿勢そのものに感動する
一度ならず二度、三度と挑戦されて本選に残った方も居た
今日の昼下がりの素敵に感動の2時間だった
来週のクラシック倶楽部は6日間に亘って、音コンの各部門が放送される
月曜日は早速ピアノ部門で始まる

[PR]

# by tomiot3 | 2017-12-09 20:31 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

穏やか冬型

ある程度の雪は覚悟していた
ところが案に相違して、時として青空の望める穏やかな一日だった
中国山地の雪化粧も本当にうっすら
道々、冬タイヤ交換をしている人を目撃したが、用心に超したことは無いだろう
落ち葉の山など地熱遮断されたところだけの雪のトッピングだった
e0166734_19594312.jpg
e0166734_19595950.jpg
思いがけない青空、風は冷たくても陽が少しでも射せば暖かい
栴檀の白い実、今年はまだヒヨドリの数が目立たない
いつもなら栴檀の実にヒヨドリがピーピーと鋭く啼いて群れているものだが・・・
全く静かだ
e0166734_20031663.jpg
ANA機定刻どおり、いつもながらの定時制、頭が下がる
e0166734_20021190.jpg
夕方、雲間からのサンシャワー
神々しいこと
e0166734_20005352.jpg

[PR]

# by tomiot3 | 2017-12-09 20:08 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

しばらく冬型が続く

ぐずぐずした空模様
冬型には違いなく、寒さが身にしみる
だが雪になりきらない
決然としない空模様
e0166734_20253089.jpg
自転車道脇はイノシシの掘削作業の後が歴然と
断続的ながらおよそ100メートルは掘っている
その掘り具合から大人のイノシシだろう
鼻スコップの威力はすごい、
バラス混じりの土って、スコップで掘ろうとしても並大抵では無い
桜植え用に向かってみたが、あきらめた位だ
数年前までは檻わなを仕掛けるなど、それなりの成果が上がっていた
ところが近年の捕獲行為を目にしなくなった
鳥取市は熱心に対応しなくなったのか
イノシシの出没と頭数の自然増が心配だ
e0166734_20235998.jpg
e0166734_20240918.jpg
午前は海の荒れ具合は比較的穏やかで潮騒も控え目だった
e0166734_20183105.jpg
しかし午後になると雨、やがて荒れ模様の霙に変った
雪なれば風雪と行ったところ
夕方には豹変、潮騒の音も轟々と連続音が騒がしい
逆巻く怒濤の様が伝わってくる
瞬く間に砂丘が白く化粧した
e0166734_20250225.jpg


[PR]

# by tomiot3 | 2017-12-08 20:27 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

トランプさんよ あんたはなんてことを

エルサレムのイスラエル首都宣言
なんということだ
あんたは世界中を不安と紛争の渦に巻き込みたいのか
挙げ句は地球を壊そうというのか
いまやアメリカの良心というものをかなぐり捨て、世界の良心を敵に回している
アメリカの多くの良心を持ち合わせている国民、メディアたち、
頼むから立ち上がってくれ

安倍さん、こういう時こそ電話して諫めなきゃ本当の友人では無いよ
調子の良いことばかりではあんた自身の値打ちを世界は見ている

[PR]

# by tomiot3 | 2017-12-07 20:32 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

ウオーキングで回想

ここ一週間はほぼ冬型傾向で先ずはお日様の期待は出来ない
それでも今日の午後の気温はそれほど寒さを感じさせなかった
午前中はちょいと買い物して帰宅したあと、そそくさとウオーキング
このところすっかり歩くスピードの落ちた妻、
数年前私の他院後しばらくは、妻について行くのがやっとだったというのに
時々立ち止まっては腰を伸ばす仕草をする
少し急な上り坂にかかると手を差しのべるこの頃だ
妻のこうした姿を眺めていると
なぜか数十年前の妻、若くて可愛かった姿がしきりに思い起こされる
初めて彼女の勤め先に電話して、ロゴス書店で待ち合わせた
これが初デートだった
12月だったから毛糸の帽子を被り厚手のボックス姿
にこっと微笑んだあの顔、あー可愛いと想った
そしていつも喫茶店のいっぱいの珈琲でたわいの無い会話で時をすごした
何を話したのかはさっぱり覚えていない
そうしたことを幾度か繰り返し、
やがて彼女の通勤帰りを待ち受けて、駅まで迎えに行き、わが家に迎え母親の手料理で夕食を共にする事が多くなった
そして彼女の村まで夜道を送って行くというのが定番になった
もう還ってきっこない古の話しである
e0166734_20161231.jpg



[PR]

# by tomiot3 | 2017-12-07 20:19 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

雪が降った

早朝窓の外はうっすら雪化粧だった
寒さ本格、苦手だ
10時頃砂丘方面へ向かう
街の雪化粧を望むとうっすらながら冬を思い知らされる
e0166734_20001292.jpg
砂丘はどうかな、おーおなかなか見応え有り
e0166734_20004568.jpg
砂丘の中へ
e0166734_20013649.jpg
e0166734_20023446.jpg
ハマボウフを一株、ようやく見つけた
もっと在るはず、でも見付からない、来春までがんばれよ
e0166734_20032616.jpg

午後は少し雨に変わった
やみ間の南の空、淡いブルーが例えようも無くキレイ
e0166734_20051407.jpg

夕刻の砂丘、早々に雪は消え去った

e0166734_20091259.jpg
17時半ANA機が入ってきた
慌ててスマフォカメラのボタンを押す、ぶれた分UFOになった
200歩ほど進めばもう逆噴射音、やっぱりUFOは速い
映画ETを回想した
e0166734_20115161.jpg
明朝はもっと冷え込むようだ
低温注意!



[PR]

# by tomiot3 | 2017-12-06 20:19 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

期待の雪?未だ降らず

昨日の予報で今日は雪かなと
だから雪の来る前に色々片付けておこうと身構えていた
ところが終日その気配は一丁前の寒さだけでなんとなく拍子抜けだった
寒さと雪、歳と共に避けたい気持ちが強まったが、
雪の降る様や雪景色には依然として好ましく思う気持ちが強い矛盾が渦巻いている
e0166734_20393053.jpg
降雪予報には、どうやら脅かされただけ
しかしながら午前中の風は東寄りながらとても冷たく強めの風
e0166734_20330927.jpg
砂丘の向こうの海は白い波頭が波状的に押しよせている
e0166734_20380703.jpg

強風下に3便が進入してきた
“飛行機は降りるだろうか”と妻が心配げにいう
“この位の風なら大丈夫”悠然たるものだ
e0166734_20360717.jpg

夕方は真反対の北の風に変わった
手袋を外した指先がかじかむ
e0166734_20393053.jpg
美しい
e0166734_20401101.jpg
今夜から明日にかけてひょっとしたら雪が降るかな
やっぱり夏のほうがいいや


[PR]

# by tomiot3 | 2017-12-05 20:50 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)