熱波来襲

起きた時点の気温27℃、夜中の熱波はすごかった
暑さ対策 早朝農作業
5時出発 妻帯同 先ずズッキーニを見る、なり子二つに受粉、
それ分業だ、妻は私が起こした雑草の土を打ちを払い、集める
e0166734_19103795.jpg
e0166734_19123544.jpg
私は田んぼ畑で草地だった部分を耕耘、クズ小豆を植える。
クズ小豆は去年仕分けした虫食いや小粒の小豆、それでも過去の経験から結構収穫が期待できる
いずれこの部分はお花畑にしたい
e0166734_19070019.jpg
サツマイモ畝周りや、既に耕耘済のところも草押さえのために全て耕耘
我ながらよく働く?
e0166734_19133397.jpg
e0166734_19133397.jpg
e0166734_19140038.jpg
e0166734_19141936.jpg
今朝つくったサンドを途中頬ばる、これが朝食、泥だらけの手、多少はドロも
早く切り上げるつもり、7時頃には済まそう、積もりは積もりで8時を軽くオーバー
気温も35℃をゆうに突破、いつものように疲労困憊、汗だく、
ことに妻の疲れよう、ちょいと気にかかる
今日の予定に入っていた草の刈り払いは中止
台風が接近しつつあるし、明日には済ませたい

収穫物の歓び?処理も悩みの一つかな
ピクルスと漬物、乾燥野菜だらけになりそう 
e0166734_19353869.jpg




[PR]

# by tomiot3 | 2017-08-05 19:39 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

猛暑日 息も絶え絶え

午後の暑さは一段と厳しくなった
街にちょっと出れば、その暑さはさらにグレードアップ
車外気温測定を見ていると街中36℃と35度を行ったり来たり、
帰りに、いつもの桜に給水するため砂丘方向へ、
砂丘トンネルを抜けると一気に33℃に下降、
キャンプ場で34℃、いずれにしても街中より低い値をしめす
ペットボトル2リッターと4リッターにキャンプ場で水補給、
3本の桜に給水、三度往復した
もうこれだけでギブアップ、汗が背中をつるり
               この桜には8リッター与える
e0166734_19170358.jpg
給水に通いながら、こどもの国のフェンス内に目をやる
とにかくここは日陰がないので、桜がベストだが樹を植えて欲しい
先日業者が草刈りした後にひこばえが早くも1メートル近くに成長
栴檀やらニセアカシアだ
そうだ先ずはこれを上手く育てれば、何本かは木陰をつくってくれる
ダメ元で要望してみようかな
e0166734_19213388.jpg

午前中の屋内は風が通るし、それなりに良かったというのに、
午後はむっとした空気が籠もってしまった
息するのにも呼吸回数が増えたような
気温上昇すればするほど、空気は薄くなる
先日アメリカで気温上昇による空気濃度の低下により飛行機の運航停止と言うことを聞いた
つまり空気濃度の低下で揚力不足となる事態発生だ
今パソコンに向かっている部屋はエアコンレス、手の甲から汗が滲んでいる



[PR]

# by tomiot3 | 2017-08-04 19:27 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

猛暑日に歩く

正午にはわが家の観測で36℃になりました。
午前中、6千歩ほど歩き、その後庭の手入れをちょいと、ハーブコーナーの形が出来たかな
歩きはじめたのが8時半、遅きに失しているが、ほぼ定番を歩く
流石この時間帶、しかも猛暑日予報の中、すれ違った人は一人も居なかった
皆さんお利口なんだ
剪定挟みを持ち歩き、気になるところはチョキンチョキン
大山も割とクッキリ、空を見上げると雲ひとつ無く、如何にも猛暑の空
ニイニイとアブラの啼き声がジリジリとしみ込むようだ
カナカナは夕方にならないと啼かない
きっちりとしてるんだ
e0166734_12531977.jpg
焼き付くような暑さ、どんなにか緑陰が有り難いか
その差は歴然としている
e0166734_12540474.jpg
e0166734_12541320.jpg
陽向の右側のフェンスに囲まれているのがこどもの国、園内道路の端っこに植樹してくれないかなー、緑陰構成に協力してください
e0166734_12543465.jpg

帰りもここに差し掛かると、ある種の勇気が要る
e0166734_12580649.jpg
自転車道途中の彼大王松、これは危険だ 要注意
ここを通るときは上を向いて歩こう
こんなカ所がまだ有る
e0166734_13072448.jpg

この暑さ、保護しなければいけない櫻には、夕方給水してやるつもり>
わが家の庭も草の除去と選定が待っている
30分ほど、やりかけのハーブコーナーをほぼ完成

[PR]

# by tomiot3 | 2017-08-04 13:07 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

飽き飽き 辟易 安倍内閣改造

NHKはやたら安倍内閣改造の速報とニュースを貼る
多少の代わりは有ろうが、二階、高村、菅などの交代がなかった分、
安倍内閣の本質はちっとも変わらない
稲田のような初歩的ミスなどはなくなったとしても、本質は一向に変わらない
だからNHKが流しはじめると見たくない聞きたくない、と拒絶反応
チャンネルをいじったり、録画に切り替えたり
見たかった番組を観るいい機会になった

正直の気持ち、伏魔殿はなくならない
福田元首相さえ、安倍内閣を痛烈に批判している
政治が人事権を握ったら駄目、国を滅ぼすことになる とまで言っているではないか

[PR]

# by tomiot3 | 2017-08-03 20:29 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

初体験 蛇を踏む

自分のこともあるが、なんとしても妻を歩かさなければ
そんなにせっつかないと歩かない訳ではないが、
かっては逆だった立場を思うと、多少は無理強いしてやらないと
スピードも遅くなったし、坂をすごく意識するようで、それにすごい汗かきになった
昔は私の母がすごい汗かきで、“おばあちゃんってすごい汗かき”、
と言っていたご本人が今ではそっくり、二人でそうだったなーと話の種
帰りは私はちょいと作業しながら、妻は先んじて歩いて去った
一人で林間に目をやりながら歩行中、右足にグニョっと下感触、ウンコでも踏んだかと
振り返ると大蛇?が遁走中だった
1メートルを優に越すアオダイショウかな、繁みに素早く逃げ去ったので確認できなかった
でもマムシやヤマカガシではなかった
桑原桑原!
ヘビを糞だなんて長い人生の間、初体験

何故瞬間的にウンコかと思ったか
多分イノシシのウンコのせいだと思う
ウンコの大小の幅とウンコエリアが随分広くなった
と言うことはイノシシの固体が多様化し、増えてきていると云う事
通常よりもずーっと離れた場所に大きめのウンコがあった
先に帰った妻が、“誰か大きなウンコしてたでしょう”と言う
夕方もう一度歩いたときに確認すると、それは人ではなくイノシシだと思った
相当大型のイノシシだ
夕方も風はそこそこ有ったが、どうやら猛暑の35℃を行きつ戻りつではないかと感じた
ハマナス周りの整理をしながら、汗かきながら
今日は結局3度のシャワーを浴びた

                   ハマナス最後の実
e0166734_20144533.jpg

[PR]

# by tomiot3 | 2017-08-03 20:19 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

朝農作業

目が覚めるとまだ外は暗い、少々悶々としている間に夜が白んできた
畑に行くべきか行かざるべきか
目的は盛りを過ぎたズッキーニの交配
交配すればまだ大丈夫
5時過ぎ一路田舎へ
かなり涼しい 1,2℃違うと熱帯夜にならずに済んだ

なんてこった
雄花ばかりで雌花無し
その代わり先日交配した1本を収穫した

キュウリ、デカくなっていた 
昨日見逃したんだ

この畑も先日草処理したはずなのに、もう草ボウボウ
明日はまた作業の公算大
e0166734_19513737.jpg
収穫
e0166734_19420906.jpg
あっカラストンボだ
この種も巣かk裏珍しくなった
シオカラも麦トンボもそしてギンヤンマ歯ほとんど見かけなくなった
失われた自然か、取り戻したいなー
e0166734_19404053.jpg
e0166734_19405613.jpg
昨日植えた小豆の田んぼ畑、朝露を含んだ草に足元は濡れるが、
小豆の芽出しには左程貢献しないだろう
耕しているエリアのぐるりは小豆で囲うことになる
e0166734_19495461.jpg
e0166734_19500800.jpg
6時半頃作業終わり
さあ帰ろ



[PR]

# by tomiot3 | 2017-08-03 19:55 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

長岡花火はすごい

長岡花火大会、NHKBSプレミアムを観た
長岡市は終戦の2週間前の8月1日夜から翌3日未明にかけてにB29による空襲を受けて焦土と化し、1470名の犠牲者が出た
しかも長岡には原子爆弾(7月20日)の模擬弾が投下されたことが分かっている
その記念碑もあるようだ
それは長崎型投下の予行演習だった
この花火大会は「慰霊の花火」鎮魂、復興、平和祈念の色々な祈りが込められている
戦後72年の平和がずっと続いて欲しい、という言葉がでてくることに大きな共感を覚える
長岡市立大島(おじま)小学校の創立140年を祈念して、各学年の小学生がつくった花火が打ち上げられた
東京への修学旅行では、街頭で小学生達が花火大会のキャンペーンを展開するところなど、
けなげででもあり頼もしい限りだった
e0166734_22350825.jpg
明日3日も同じ数だけ花火を打ち上げるという
秋田の大曲花火は競技会の花火大会で、これはこれですごい
長岡はスポンサーにより行われるので、この規模を観ると、
そのすごさが分かろうというもの
2日間で2万発か
仕掛けのナイヤガラに続いて三尺玉三連発、お腹に響く音、
ドン ドン ドン
正三尺玉は終盤近くにも一発上がった
聞きしに勝るスケール、二人で すごいなー スゴイナー
e0166734_22355721.jpg
e0166734_22341445.jpg
以前、長岡ジャンクションから関越道に入って走行中、
左手に突如、大きな花火の輪が広がった
あれは一体何だったんだろう
花火大会は信濃川河川敷きで行われるが、信濃川は日本有数の大河
上流は長野県の千曲川、旅情を醸す大河だ
小学生の時、日本で一番長い川として憶えた
また東京に電車を走らせるために小地谷に国鉄の信濃川水力発電所がつくられた、
と言うことも憶えた



[PR]

# by tomiot3 | 2017-08-02 22:37 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)