スミレタンポポレンゲソウ その3

ちょっとダウラへ
バイシクルでエッチラコッチラ
今日は3万歩超しそうだし、内股筋を鍛えなきゃ。

真夏日かな、自転車でも汗かいちゃうぞ。

出がけに浜坂田んぼに蓮花田を見つけた。
昔のように田んぼ一面びっしりのレンゲではないが、
まあまあか。
e0166734_20111593.jpg

e0166734_2012210.jpg

ミツバチを撮ってやろうとするが、なかなかやってこない。
来ても動き回るので、焦点が合わないのだ。
背中に花粉を背負ってる。
e0166734_20122944.jpg

どれどれ
e0166734_20131983.jpg

頭突っ込んじゃえ
e0166734_2014312.jpg


久松公園は今日も賑わいだ。

山手通りの帰り道、上を仰ぐと
e0166734_2120422.jpg

すっかり美味しそうな草みどり。
一週間前にはこんなでは無かったのに
急激なスピードアップだ。
例年より早いんじゃないかな。
[PR]

# by tomiot3 | 2009-04-12 21:00 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

汗かいちゃった

16時過ぎ、リュック担いでなれたスタイル。
サクラ養生手入れのついでに
パラグラを見てやろうと砂丘まで
だがもう片付けていた。
パラグラの初歩練習するところは、
緩くスロープが200メートル以上はあるか?

そのてっぺんから眺める砂丘を観てね。
e0166734_20215835.jpg

自転車道にまた食べ滓ゴミが、やになっちゃう。
e0166734_20325126.jpg

今日はブッシュの中のサクラを探索。
ツタやイバラの蔓を払いながらの作業、
気をつけていてもイテテ。
昨年杭を打ったものも有るが、新たに6本発見・養生
サクラを日陰者にしている樹をある程度伐木。
小さなノコギリだから大変だ。
もうそろそろ蛇が出てきそうで警戒警戒。e0166734_20343197.jpg

山桜の若木でも枯れてしまうものがある。
病気、それとも害虫か。

折角養生しても。昨年したもの1本がそうだった。

ここでもゴミ。こんな所に何故人が捨てるんだ。
常識では考えにくい。いとも簡単によく捨てられるものだ。
山に入って食べたり飲んだりするんだ。

自転車道を少し下って、市道との間のサクラ養生。
昨年見つけたサクラだが、崖下だったので後回しになってしまった。
すっかり蔓が絡まって、窒息しそうだった。
e0166734_20373496.jpg

すっきりしました。
e0166734_20374656.jpg

ニセアカシヤの大木はなんとかせんと。

フィニッシュは自転車道沿いのレンギョウ整理。
二回ほど剪定していたが、今日は70㌫方行った。
櫛の通っていない髪みたいなもので、
ここに入り込むのは大変だった。
e0166734_20435361.jpg
これこそ本当に汗かいちゃった。
帰宅してすぐシャワーだった。
[PR]

# by tomiot3 | 2009-04-12 20:48 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

寿命が延びた

ダウラも千客万来の賑わい。
紅茶文化も花開いたか?
相席の母子三人さん。
どこかに記憶がある人なのだ。だがなかなか確信がない。
終盤思い切って訪ねた。
“失礼ですが お会いした事有りませんか”
そうしたら先方も私のことを知っているじゃありませんか。
とっとり楽友協会のことも、前カフェのことも。参りました。
しばし、コンサート案内の話などした。ああ良かった。

ダウラ友達のMさんから
今朝収穫した山菜のお裾分けに預かった。
タラの芽、コゴミ、葉わさび。
帰途スーパーマーケットに立ち寄って、鰺1尾を買った。
帰宅してすぐ、わさびを手でちぎり、熱湯をかけ、
揉んで灰汁を出し、少々の酒とたまりで調味した。
鰺を捌いて刺身に、コゴミとタラの芽は天ぷらに。
e0166734_21533920.jpg

夕食は
葉わさび添え鰺の刺身、天ぷら、鰺のアラの吸い物。
貧乏我が家には久々に豪華な食卓。
ごちそうさま。
e0166734_215438100.jpg
e0166734_21544827.jpg

タラの芽、コゴミは三年ぶりくらいか。
天ぷらも滅多にしない。
今日は初物で寿命が三年延びた。
[PR]

# by tomiot3 | 2009-04-11 21:57 | グルメ・食いしん坊 | Trackback | Comments(0)

多鯰ヶ池一周

夏日の日差しだが風は涼やかで快適だ。
大空は真っ青
e0166734_20413198.jpg

遙か上空は風が凪がれているのだろう。e0166734_2042257.jpg

超低空はハングラが舞っている。
e0166734_20581620.jpg

咲き分け桜も堪らず一斉に咲き出した。
e0166734_20452998.jpg

日差しを避けて、木陰を求めて多鯰ヶ池探勝路を歩いた。
e0166734_20463523.jpg

ビューティフル!
e0166734_2047019.jpg

覚寺道に入るとベストビューポイントを眺め、山側に目をやると
e0166734_20492328.jpg

これは困った。イノシシが法面の上で掘り起こしまわり
土が崩れ石ころごろごろ。今に法面崩壊を起こしそうだ。
e0166734_20501537.jpg

そして再び砂丘方面に目をやるのだが、
見にくくて美しくない光景が嫌なのだ。
全国の方がこの場面を観ると思うと躊躇するが、
宝の山を磨いていない状態を知って貰うことも大切と心得る。
いつかきっと見違えるようになることが願いだ。
e0166734_20582952.jpg

e0166734_2058573.jpg

e0166734_20593754.jpg
e0166734_210043.jpg
e0166734_2101536.jpg
e0166734_2103872.jpg
e0166734_2105940.jpg
e0166734_2115975.jpg

廃業旅館も実に汚い。景観阻害も甚だしい。
e0166734_2122697.jpg

池の周辺の梨園 花が満開受粉作業が始まったようだ。
e0166734_2164374.jpg

覚寺道沿道には、この道が開通した昭和初期に植えられたのだろう。
染井吉野が手入れされないまま、ほとんど見捨てられている。
それでもけなげに一生懸命咲かせている。
ツタや葛が絡まり、徒長枝や無駄枝が手入れされずに可愛そうだ。
手の届く範囲内の何本かを手持ちの鋸と鋏で切ってやった。
今日も自称桜守だ。
e0166734_21143889.jpg


これだけは申しておこう。
砂丘とその周辺は実にすばらしく大好きなのだ。
だから余計に辛口になるのだ。
いつも言うように
金剛石も磨かずば 
砂丘条例の区域で縛ってしまうのでなく、
もっと広範な多様性に富んだ、砂丘と周辺なのである。
絶えず口を酸っぱくして言ってるように、
あらゆる角度から見直し、
スケール大きく細心な視点で整備し手を入れねばならない。

生きている限り実現するまで言い続ける。

17日~19日は常陸宮殿下が行啓されると聞いた。
その為に県・市がその道筋のにわか清掃を行っている。
だがちょっと入り込むとか、目が届かないか距離があると
目こぼしがあるようだ。

昨日そんなゴミや枝を道端に移動し、或いは桜と共に手入れしている
ハマナス群落の抜いた雑草を道縁に移動しておいた。
そうしたらたちまち今日昼前にはなくなっていた。
アナオカシヤ!
e0166734_2131027.jpg

再々皇室に来ていただくと、鳥取県も少しは綺麗になるだろう。

覚寺道のビューポイントにも来ていただきたい。本音
[PR]

# by tomiot3 | 2009-04-11 21:40 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

日の出を拝んだ!

とうとう間に合ってしまった。
5:20に起床 身支度はあっという間。
途中西に傾いたお月さん お早う。
今日は月齢16.5
見た目はほとんど満月状態だ。 5:25
e0166734_17541693.jpg

K-2ポイントで日の出だ。
ギラギラっとまぶしい。
夕陽の場合は、ギンギンギラギラって言うが、朝陽は?
フィルターも何もないので完璧ではないが
峰から徐々に顔を出すお日様に感動! 5:50
e0166734_1801425.jpg
e0166734_1803069.jpg

砂丘グラデーションが時々刻々表情を変える。e0166734_185265.jpg
e0166734_185298.jpg

[PR]

# by tomiot3 | 2009-04-11 21:00 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

村治佳織 砂丘にて弾く?

造形作家徳持耕一郎氏の作になる
村治佳織さんの鉄筋アートだ。

今日で7日目の晴天
絶好の撮り日和。
朝陽を浴びながら
村治佳織さんが砂丘でギターを奏でる。
そんな空想をしながら砂に這いつくばった。
e0166734_752772.jpg
e0166734_7524196.jpg
e0166734_7531398.jpg

次は夕陽に撮るかな。

春の日の
朝陽を浴びて
バッハ弾く


[PR]

# by tomiot3 | 2009-04-11 09:00 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

一恵サクラ

画家の山本一恵さんから戴いたサクラ。
自転車道の山桜街道?に
勢いの良くないサクラと交代して貰った。
e0166734_22131337.jpg
樹種は聞いていないが、
花ガラが残って、葉っぱが出ているし、その色は
山桜系そのものなので、山桜と思う。

根付きがしっかりしていた苗なので、
間違いなく活着するだろう。

交代して貰ったサクラは、幹のほとんどが枯れた状態だが
地中の根っ子から新芽が出かかっていたので
持ち帰り、養生植えしてやった。
[PR]

# by tomiot3 | 2009-04-10 22:20 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)