タグ:サクラ ( 116 ) タグの人気記事

さくらのリレーション

さくらとコブシの協演。
e0166734_20292173.jpg

この自転車道街道いちばんの山桜。
e0166734_2030976.jpg

ソメイヨシノは盛りを過ぎた。
e0166734_20304931.jpg

これからは八重桜が蕾を膨らましてきたし、山桜の晩生組が出番を待っている。
飽きないネー。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-12 21:00 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

花見日和

絶好の花見日和予感の朝、砂丘のベージュと海のブルーが綺麗だった。
小さな漁船が漁場へとエンジン音を響かせている。
e0166734_2075297.jpg

薄墨色にかすむ駟酏山をのぞむ。
e0166734_2081080.jpg

河津桜の名残の花びらが愛おしい。
e0166734_2012719.jpg

桜の次に大事にしているナナカマドも新鮮な緑の葉っぱと花のつぼみをのぞかせて。
e0166734_20133033.jpg

おまけでは可哀相だが、桃も開花した。
e0166734_20142569.jpg
e0166734_20144037.jpg

自転車道沿いで1番の大木も一気に咲いた。
e0166734_2017409.jpg

まだ花びらが姿を現さない山桜の花、葉っぱだけでも綺麗だ。
e0166734_2019432.jpg

丸山の山桜はほぼ一斉に咲いたようだ。
もう少し濃密で、範囲は広がれば申し分ないのだが。
e0166734_20201610.jpg

さてソメイヨシノはどうなったか。
袋川堤防や久松公園は見た目は既に満開の様相。
湯所近くの堤防にて
e0166734_20162421.jpg

久松公園は人も車もいっぱいのよう、ちょっと敬遠した。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-10 21:00 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

サクラ さくら 桜

昨年鉢植えした江戸彼岸、吉野しだれ、薄墨の三品種。
残念ながら「薄墨」は幹が枯れてしまった。根っ子から蘖が発芽したが、
接ぎ木台木の物かも知れない。
江戸彼岸の幹に花がついた。
e0166734_21322144.jpg

いずれしかるべき所に植え替え予定だが、なかなか適地が見つかっていない。

今日はウオーキングコース沿いの桜検分をした。
河津桜は既に盛りを過ぎたが、まだ花びらをつけている。
とても花付の永い桜だ。

自転車道沿いの山桜は既に盛りが過ぎてしまったものもあるが、
本番はこれから。
植え替えて5年、ようやく一輪つけた健気な桜。
山桜はまだ新芽が出そろっていない物が多く、開花時期が実に不揃いだ。
e0166734_21432626.jpg

雑木に囲まれてやや控え目だ。
e0166734_214033100.jpg

砂丘トンネルの砂丘側に抜けて右手のソメイヨシノ。
この冬、大枝が大きく折損した。昨年よりも花付が悪い。
e0166734_21451226.jpg

砂丘トンネルを市街地側に抜けると、山桜の古木が雑木に負けじと頑張っている。
葉っぱが先行で色合いが全体に濃い。
e0166734_21463139.jpg

これは白っぽい。
e0166734_21464298.jpg

この辺りはよーく観察すると、かなりの本数があるが、
なにせ全くの無管理なので本領発揮出来ていない。おしい!
平地に降りると、摩尼川沿いのソメイヨシノ。
これも管理不十分で毎年気にかかる存在だ。
e0166734_21505316.jpg

さらに市街地に近づくと、桜守の佐野籐右衛門さんが発見命名したと言われる
「摩尼大島」(仮名)。
e0166734_2152588.jpg
e0166734_2153962.jpg
e0166734_21531842.jpg

ピンクがかった八重の花びら。
大島桜は純白で5弁なのだが、一体どの品種との交配種だろうか。
河津桜は寒緋桜と早咲き大島桜の交配種と言われていて、花弁は5弁でピンクが強いく、
色合いは似ている。

昨年、小枝を採取して挿し木したが成功しなかった。
今年は再挑戦してみよう。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-09 22:11 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

初夏か?

初夏のような陽気にソメイヨシノが一斉に咲き誇った。
湯所方面から望む袋川土手、6~7分咲きだろうか。
e0166734_1921462.jpg
e0166734_19215236.jpg

久松公園お堀端、今日は鳥取西高校の入学式だった。
e0166734_19224866.jpg
e0166734_19225847.jpg

鳥取西高校の校庭の片隅にひっそりながら堂々と咲き誇っている船原吉野。
e0166734_19231849.jpg

砂丘の午前中はどうした訳か、駐車場も空き空きで、馬の背に人影がない。
この時期、この天候でこんな光景は滅多に無いことだ。
e0166734_1925927.jpg

最近、県庁西側の駐車場が増設された。
駐車場はともかくとして、この自販機はなんだ?
公共が自販機脱却の意志が全く見られない。これは問題だ。
どうしてこうまで我が国は便利なのだろう。
自慢ではないが、我が家は自販機が無くても何一つ不自由ではない。
この自販機って再々言っていることだが、電力無駄消費の象徴なのだ。
e0166734_19271060.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2011-04-07 21:00 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

河津桜微増

河津桜を最低10本植えようと目論んでいた。
だが最低限の3本を取り寄せ、植え付けた。
山桜の場合は野生なので植え付け土壌に関してそれ程気にしない。
だが河津桜は大きめに植え穴を掘って、丁寧に他の根っ子を根こそぎにし、
バーグ堆肥をドッサリ施して良く混合したところに植え付ける。
結構お金と暇と手間をかける。
河津桜は急速に人気品種になって、
ゆったりしていると苗木が入手できなくなる。
今回がそれで、従来のところが完売だったので新規のところで
ようやく手に入れることが出来た。
おまけにあの大災害、少しでも節約しようと3本だけ頼んだ。
実は懐具合不如意が本当の理由。
取り寄せ先によって、苗木の処理の仕方が異なっている。
今回は小さめのポットに根っ子が納まり、幹の先端がカットされていた。
e0166734_2201282.jpg

河津桜には植え付け順に番号を附している。
1番が昨年原因不明で葉っぱが枯れた。
蘖が発芽したが、どうやら接ぎ木の台木の品種ではないかと、
補充補植することにした。
つまり1’
e0166734_2231519.jpg

新規12番
e0166734_2235172.jpg

新規13番
e0166734_2241630.jpg

緑の葉っぱが開きかけている。
早く葉っぱを広げて、炭酸同化作用を活発にやっておくれ。
[PR]

by tomiot3 | 2011-04-05 22:08 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

待ちきれない

すっかり冷え込んでしまった一両日。
河津桜が又可憐な花びらを開かせた。
そんなに無理しなくても良いのに。
e0166734_2184568.jpg
e0166734_2185243.jpg

早朝ウオーク時、すれ違う人々が“可愛いのが咲いてますねー”
桜というのは人々に頬をほころばせる力がある。
僅かな花びらだのに、もっと沢山咲くようになったら一体どうなることだろう。
[PR]

by tomiot3 | 2011-03-26 21:12 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

山桜救出

北風ぴゅうぴゅうの終日だったが、
助けを求めている桜をほっとけない。
キャタピラーに踏みつぶされながら、
健気に生きようとしている山桜3本を移植してやった。
e0166734_2019406.jpg
e0166734_2019488.jpg
e0166734_2019542.jpg

まだわんさかと救出を待っている。
今年中には無理なので、現状で少しは回復してもらって、
今秋か来年春まで待ってもらうことになる。
[PR]

by tomiot3 | 2011-03-25 20:21 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

移植のプロ?

朝、夕1本づつ山桜を移植した。
ともに樹高3メートルを超える代物なので、
根起こしののち、移植先への運搬はえっちらおっちら担いでの珍妙なスタイル。
込み合った樹間と絡まるツタの類を払いながらの行進は結構つらいものだ。

昨年は花をつけていた樹なので、今年は移植草々花をめでることができそうだ。
e0166734_2192063.jpg
e0166734_2195486.jpg

あとはおまけで、小さな1メートル未満の山桜2本移植。
さあ今日はこれでお終い。
予定通りとは言えないが、1本移植に概ね予定時間はオーバーするから
明日への宿題が順送りとなる。

只今デジカメラ故障中、ビデオカメラで静止画を撮っているが、少々扱いにくい。
 
[PR]

by tomiot3 | 2011-03-23 21:18 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

ボチボチ移植

山桜の品種も多彩で、芽の膨らみよう、
芽の色も大別すると大抵は茶色だが、緑色のも有る。
そして芽の吹き出し方も千差万別、葉芽が開きかかったもの、
まだまだ蕾を固く閉じているもの。
細かく観察すると樹皮の色つやにもかなりの変化が有る。
大体山桜の樹皮は艶やかで美しいが珠には荒れた肌の種類もある。

夕方近くになると雨が上がった。
早速スコップ担いでえっちらおっちら。
本命の桜はちょっと大型で簡単には運搬移植ができそうにもなく、
1メートル程度の桜を移植した。
e0166734_2057342.jpg

今の時期ならほぼ100%活着するだろう。
移植希望桜がまだまだ有る。
[PR]

by tomiot3 | 2011-03-21 21:00 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

愛と悲しみ

河津桜の初開花が消えた。
今朝7時半頃は無事だったのに、10時過ぎ通りかかると消えていた。
どこのどいつだ。
どうして自分だけの物にしたがるのだ。
「皆で愛でましょう 手折らないで下さい」と札を立てようか。
こうした行為は概ね女性、杙を盗んだりするのは男性、アー嘆かわしい。
昨日
e0166734_2118582.jpg

今日
e0166734_21183430.jpg

たった一日の儚い命だった。

朝と夕方、山桜移植完遂。
朝は樹高3メートル位1本、夕方は1メートル未満2本を移植した。
夕方植え付け作業をしていると、通りかかった男性が声をかけてきた。
“お宅ですか?桜を綺麗に植えられているのは”
作業を続けながら、桜にまつわる話をしばらくした。
これで又理解者が増えた。嬉しい。
“楽しみにしていて下さい”と告げて、もう一本の植え付けに取りかかった。
e0166734_21251947.jpg

この桜がまともに花を付けるのは数年先かな。
e0166734_21253059.jpg
e0166734_21254958.jpg

今日は落胆と希望のない交ぜの日だった。
[PR]

by tomiot3 | 2011-03-20 21:29 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)