日本晴れ セイタカ天国

日本中が晴れマーク、いわゆる日本晴れ。
朝のうちはまだ雲がぽかぽか浮かんでる。
朝ウオークは寒いくらい,重ね着でなんとか。
霧のないセイタカ、こどもの国駐車場に手を出さざるを得なくなった。
そして砂丘の家の周りもとうとう。
いずれも公共または準公共だが。
e0166734_19145845.jpg
概ね10時ウオークは妻も同行する。
青空がほとんどの全店晴れになってきた。
真上はジェットがお空を真っ二つ。
こんなに晴れても大山はほとんど姿を表さない。
e0166734_19171129.jpg
14時半頃2.5キロ先の宝くじ売り場へ。
途中、旧浜坂村で道縁のセイタカを手折ろうとしたせつな、ガサバサッと足下で音がした。
蛇が側溝に落ちていた。
中指くらいの太さ、長さ70センチくらい、何蛇?好きでない。
e0166734_19214012.jpg
摩尼川の堤防や周辺は間違いなくセイタカアワダチソウの天国。
刈られる心配ご無用。
e0166734_19234716.jpg
e0166734_19242118.jpg
セイタカもだが、桜の管理が気になる。
ほったらかし状態?
e0166734_19245784.jpg
宝くじ売り場まで2.5キロ、幸運が待っていた。
1万400円受け取った。先回は2千円、だんだん昇り龍だ。
帰りは少々大回りして、重箱公園を突ききった。
セイタカ状況を確認するためだった。
すごいよ!
密度の差こそあれ、どこもかしこもだ。
手の施しようのない状況だ。
そうしてみると私らの歩く周辺のセイタカの薄さは、効果が上がっていると言うことのようだ。
それとこの広々とした公園、まだ完成していない?そんな印象を受ける。
いくつかの提案がある。
 1 もっと落葉樹を言う得ること。それは計算し尽くされた計画であること。
 2 折角植えられた桜やその他の木はきちっと管理すること。
   当初植えられた木々は、ほとんどそのままのようだった。
 3 雑草が原担っている広場をブロック分けして、緑陰作りの植樹とともに花壇整備する。  
   いくつかのブロック分けにして中ノ郷地区の各地区ごとに管理を競うのも一計。
   ハーブ園も良い。
 4 水郷的環境を生かすべく改良する。
   つまり水路を幾本か作り水を導入してビオトープとする。
   (当初から何故そうしないのかと思っていた)
 5 観察小屋とある物もあるが、場所と目的が中途半端、きちっとした利用を考え整備し直す。
   カフェなどがある東屋など。
 6 きつい言い方をすれば、公共はプランニングに夢や希望がない。
   サプライズが無いものはだめだ
さてセイタカアワダチソウ
立派な花園?
e0166734_19424262.jpg
こども遊園は賑わっている。
e0166734_19430507.jpg
数少ない緑陰、今夏など特に思ったが、緑陰こそこの公園が生きるかどうかの決め手になるのでは。
遊水池としての機能も目的としてあるかもしれないが、これはおそらく名目的で、確かな目的として理解されない。
いわゆる[もったいない]
e0166734_19435158.jpg
e0166734_19473127.jpg
e0166734_19480041.jpg
浜坂村の管理している部分はゲートボールなどに使われていて、比較的管理されている。
それでも周辺にはセイタカがいっぱい。
e0166734_19482874.jpg
近くに摩尼川がせまりやがて袋川に合流する。
河川管理の国と県との管理境界の標柱が。
この標柱から上流が県管理のようだ。
つまり最初の書き込み写真の摩尼川がそうだ。
e0166734_19524323.jpg

[PR]

# by tomiot3 | 2018-10-21 20:02 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

秋の快適日

穏やかな一日、朝からジオパークウオーキング式典の準備にせわしそう。
式典会場を出発して浦富海岸までの20キロコースだって。
途中、ゴミなに注意を向けるなど環境配慮もあるのかと尋ねたが、
無しと言うことだった。
自分は市道数百メートル間で大形レジ袋にいっぱいのゴミを拾っていた。
そして午前の時には、電設会社が砂丘清掃(除草)ボランティアを実行していた。
一人の社員に向かいの市道のゴミはどうですか、と尋ねた。
するとやはり関係ない、と言うことだった。
市道ひとつ挟んで国立公園圏外となるが、第三者から見れば同じ国立公園として写るだろうに。
このところ毎回毎回セイタカアワダチ退治に明け暮れる。
茂みには汚いゴミ、そしてセイタカアワダチの勢いが目立つ。
e0166734_19193010.jpg
                       
レジ袋が足りなかった
e0166734_19132895.jpg
                      セイタカの茂みにゴミもちゃんとある
e0166734_19194583.jpg
どうやら先日除草していたゴミを今日集めたらしい
e0166734_19171839.jpg
春とともにボランティア清掃が盛んになる。
このことは良いことに決まっている。
ただし、毎日のように見ている者にとっては、もっときめ細かくできるのにと思うと同時に、
あらゆる機会にゴミ拡散を防ぐPRとともに
日常活動的にゴミに対処する機運に期待したい。

我が国の海洋ゴミの量は米国に次いで二番目という調査結果に暗澹だ。
我が国のプラに対する取り組みも、何故?と言うくらい目標が小さい。
企業優先の姿勢が出てしまうんだ。


[PR]

# by tomiot3 | 2018-10-20 19:29 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

電話は大切なんだ

孤独老人にとっては電話は大切なライフライン。
昨日、妻の姉が電話が通じないと言ってきた。
いわゆる料金未納による「お客様の都合によりこの電話は使われておりません・・・」だろう。
今日はその対処の日。
まずNTT湯所に寄ってはみたが、鳥取に窓口が全くないことを知った。
電話による連絡のみだ。(NTTファイナンス:0800-333-5550)
そしてドコモは?
ドコモ青蓮寺に立ち寄った後、義姉の田舎へ。
NTTファイナンスに電話、未払いの振込用紙と口座引き落とし変更用紙を要求した。センターは混んでいて時間がかかる。
来週早々には届く、それからのことだ。
それと帰途にドコモへ、直接未納料金を払い込めた。
義姉はそれぞれ通知書が届いているのに、すべて廃棄してしまったようだった。
高齢者にとっては、こうした管理ができないようになる事例だ。
固定にしろ携帯にしろ、大切なライフラインだからと念を押したが・・・・?
なんとなく我が方も疲れた。


[PR]

# by tomiot3 | 2018-10-19 19:39 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

環境を守ること

とにかく歩けばセイタカアワダチソウにぶち当たる。
おそらくセイタカは天文学的数量の繁殖に成功している。
完全に人間の負けだろう。
それでも執拗に駆除し続ける。
できないと言うことは無いと思いたい、いわゆる意地っぱりだね。
朝も午前も鎌は絶えず携行する。
今日もいくつかの将軍楽をやっつけた。
e0166734_19024180.jpg
全部ではないが、我が家に持ち帰った花の穂。
e0166734_19032694.jpg
午前の時、二人の市職員が与謝野碑広場で刈り払い機を浸かっていた。
女性職員に声をかける。
市道脇の除草など管理、与謝野碑に続く、乾燥地研とその周辺の除草などについて意見を言う。
その他環境問題、緑化、それに砂丘についてやや一方的に意見を伝える。
相手はひたすら聞いてくれるだけ、意見は言われなかった。
ただ市道管理については,伝えると言ってくれた。
何分の一解ってくれたかはやや疑問。
            市道脇の張り出し
e0166734_19144064.jpg
茂みの中のビール空き缶
e0166734_19151953.jpg

今日は天気予報通り、正午頃から雨、当たった!
そして夕刻頃、激しい雨もあった。
メソ的な降り方だ。
聞くところによると鳥取空港沖に竜巻が目撃されたそうな。
              こっちも雨
e0166734_19110921.jpg
              あっちも雨
e0166734_19113606.jpg
             こっちは晴れ間
e0166734_19122512.jpg
 


[PR]

# by tomiot3 | 2018-10-19 19:19 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

大臣さん 大丈夫?

片山さつき地方創生担当大臣の疑惑が週間文春に書かれた。
口利きで100万円の授受があったのどうの。
当の本人はにこやかな表情で全面否定して、文春を名誉毀損で提訴するとか言っていた。
安倍内閣の人たちは当のご本人をはじめ、皆さん否定する術を心得ている。
表情には一点の曇りのない、と言う風に。
演劇学校で演技力を身に付けるのだろうか。
真実はひとつなり。








[PR]

# by tomiot3 | 2018-10-18 19:22 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

傘をさして汗かき

12℃というのは寒い領域だね。
だから着衣もだんだん重たくなる。
朝からセイタカアワダチ三昧、まずは所有者不明空き地のセイタカアワダチを片付けた。
さらに新たなやつを見つけてしまった。けれどこれは後回し。
靴が長靴でないとね。
視界はさほど良好でなくても朝の景色はいいね。
視線を落とすと細かなゴミが気になる。
どうしてこうも簡単にポイポイ捨てられるんだろう。
市道脇の茂みの中にも何カ所かゴミを見つけてしまった。
袋と火ばさみ持参で片付けねば。
e0166734_18411222.jpg
e0166734_18432738.jpg
市道を右側通行していて気になること。
それは法面からはみ出した雑草類が白線内側まで被さっている。
だから白線外を歩くわけにも行かず、車道内を歩くことにあんる。
すると前方から迫る車は、歩行者を避けるように反対車線まではみ出して走り抜ける。
これは歩く者にも車にもつらいこと。
今年は全く除草作業をした形跡もなく、維持保守密度が極端に薄くなった。
一体どうなってるんだろう。
要するに路側通行帯が確保されていない。
素朴に思う。県道に戻して欲しい。
e0166734_18493005.jpg
午前のウオーキングには妻同行。
またまたセイタカとの付き合い、妻も手伝う。
あっちもこっちも、手が付けられないくらいだが、見えた範囲内は何日かろうがやる。

午前11時、昼前便が入ってきた。
今日ははるか上空を通過した。
西側からの進入かな、それとも青谷付近まで行って引き返し東から進入かな。
爆音が近づいてきた。
後者だった。ストレートに比べると燃料が余分だったな。
e0166734_18582201.jpg
e0166734_18583799.jpg
お腹が見えた。
1分もしないうちに着陸だ。
e0166734_18585662.jpg
e0166734_18592728.jpg
e0166734_18594538.jpg
夕方は傘が必要だったが、西の空はやけに明るい。
明日はどうかな。
e0166734_19023020.jpg





[PR]

# by tomiot3 | 2018-10-18 19:09 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

突然の雨

秋の天候不順,そして急変する空模様も合点承知。
地域天気予報もまだまだこぴっとしない。
拠点ごとの時間予報も知ることのできるのだが、これこそなかなか当たらない。
予報技術もまだこれからというところ、しかし遠からじと言うこともあるから。
6時過ぎはまだ雨の様子がなかった、ところが7時前後頃、ポツポツと来た。
砂丘に向けたカメラレンズにシミができた。
e0166734_19054696.jpg
午前のウオークに出かける時点では全く雨の気配はなかった。
ところが10府頃になって激しい雨に遭ってしまった。
遠く雷も聞こえる。
からっぽだった側溝はたちまち蕩々と水が流れ下った。
そして落ち葉などをたちまち運んでくれた。
あっという間の出来事だった。
妻は余りの雨に途中で引き返す羽目に。
e0166734_19123957.jpg
このところ集中しているセイタカアワダチソウ、次々と開花することもあって今日も三カ所の群れを退治した。
正直、果てしないことと知りながら、できることはやると決めている。
実際私の歩くところ、年々少なくなっているのは事実だから。
公共や皆さんの無関心は承知の上のこと。
e0166734_19182795.jpg




[PR]

# by tomiot3 | 2018-10-17 19:22 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)