農作業日和がやってきた

体調不良が度重なったので、畑作業がすごく停滞してしまった。
今月に入って初めての農作業。ジャガイモを植えてから初めてだ。
気温の乱高下で霜害に遭ったかも知れない。
おそるおそる観察、発芽はほぼ順調なのだが、
少しだけ霜害でチョリチョリの芽が認められる。まあこれ位なら大丈夫だろう。
余り早く植えなくて良かった。霜害があるかも知れないから焦ることは無いよ。
と言っていたことが的中。

今日のメイン作業は別畑の耕運開墾と畝づくり。
夏野菜用の下拵えだ。トマト、ナス、とうがらし、ピーマン、キュウリ、ゴーヤなどなど。
草ぼうぼうになるのはあっと言う間、とても草苅などしていられないので、
草も一緒に耕耘機で鋤込んだ。
肥料にもなるが、根っこから又生えてくるので厄介なのだが、仕方ない。
一度ざっと耕運して、牛糞、鶏糞、有機堆肥、苦土石灰を散布、
もう一度耕運してから畝づくり。
これで今日の作業終わり。これだけで作業正味時間は2時間。
往復1時間。しめて3時間でした。
これだけであー疲れたというのは情けない。
e0166734_19193176.jpg

このような農作業はお国のためになりません。
いざというときがあるかも知れない。その時のための自給自足体制です。
本当は新鮮野菜の楽しみだけどね。
少なくとも戦中派の僕には、食糧難の辛さが染み付いているから。
[PR]

by tomiot3 | 2013-04-23 19:27 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://echomusik.exblog.jp/tb/20358258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。